こちらではこんなコラムが読めます。

 ・いじめられっ子からの乗り越えストーリー  ・ネガティブを抱えて生きる象徴「キノコ荘物語」

 ・私のコーチングに対する想い/私のコーチングスタイルの特長など

 ・インナーチャイルドの癒しの旅  ・自分史:夫との出会い  ・魂に響く絵本・児童文学  ・自分史:占い師への道  ・過去生の記憶(魔女狩りの記憶 他)  ・私は声が出なかった(場面緘黙症だった記憶)  ・おすすめセラピー・ワークショップ・講座など  ・私の年表

 ・怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える

【珠帆美汐のサイト、ブログ、各種サービスなど】   banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング

アメブロ \ フェイスブック \ ツイッター\ 魂の成長を促すタロット講座(たまタロ) \魂の成長を促すコーチ養成講座 \   ライトワーカー応援サイト「珠帆印」 \ 現実を動かす7ヶ月間グループセッション〜セラサポ

2014年04月07日

もしかしたらアヤシイ宗教かもしれない、と警戒されやすい社会で

私はメンタル系セラピストが集客できるように、経営が軌道に乗るように、という
願いがなぜかとても強いのです。

あ、メンタル系セラピストというのは、ボディ系セラピストの対語として便宜的に作った言葉で、
マッサージや整体などではない、心理系とかスピ系のセラピストのことです。

コーチ、カウンセラー、ヒーラー、占い師、エネルギーワーカー、
心理セラピスト、フラワーレメディやNLPのプラクティショナーさんも
そうですよね。

ボディ系セラピストは歴史が長いので(古くは按摩さんや鍼灸師さんがいますよね)
それなりの社会的認知があります。

社会的認知があると、チラシや看板をちょっと見かけただけで「へーここに整体があったんだ!
ちょっと受けてみるかな」みたいなノリで気楽に利用する人も出てきます。

しかし、メンタル系セラピストは歴史も新しく、社会的認知も低い。
サービス名もややこしい横文字が多く、「なにそれ?初めて聞く」「なにやるのかわからない」に
なりやすい。
もしかしたらアヤシイ宗教かもしれない、と警戒されやすい。

「へーここシータヒーリングやってるんだ。受けてみるかな。」にはなりにくいわけです。

ここにメンタル系セラピストの開業や集客の難しさがあります。


私は2004年1月にコーチングとタロット占いで起業独立し、それ以来ずっと自分自身のために、
そして他のメンタル系セラピスト仲間のためにビジネスの勉強、マーケティングの勉強を
してきました。

2007年からは「セラピスト開業・独立サポートプロジェクト」通称セラサポを立ち上げ、
毎年たくさんのセラピストの卵やひよこたちと関わってきました。

日本全国各地から、メンタル系セラピストのための集客講座をやる有能な講師の先生方を
札幌に呼び、たくさん講座を開催してきました。
主催者として横で一緒に学ばしていただきました。
同業者仲間として、日本全国各地のセラピストさんたちと親交を結び、彼らの工夫、
彼らのビジネス感覚を盗ませていただいてきました。

これら、私が蓄積したものを、惜しげもなく吐き出したい。
北海道のメンタル系セラピストさんの知名度アップに、集客に、ぜひ尽力したいのです。


メンタル系セラピストが食べていけるように、良さが社会に認知されるように、という
私の願いの強さはどうやらハンパないらしい(^^)


私には、メンタル系セラピーというものは非常に良いもの大切なものである、という確信が
あるのです。
私自身が、メンタル系セラピーには本当に救われてきました。
その恩返しも込め、そして自分と同じところで苦しむ人の力になるためにも、
メンタル系セラピストさんには活躍していただかないと困る。

メンタル系セラピストがたくさん活躍している社会は良い社会だという確信があるのです。
世界平和のためにも、地球環境のためにも、一人一人に心の平和と平穏を。

そのために、助けを求めている人たちとセラピストたちを結びつけたい。

メンタル系セラピーの良さを多くの人に伝えたい。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 21:43| 私のコーチングに対する想い・私のコーチングスタイルの特長など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたもまた、「火」を掲げる輪に加わってください。

前回の日記の続きです。

奴隷の少年が、主人の「人はどれくらいの寒さに耐えられるのか」という気まぐれの好奇心で、

着物も毛布も火もなしで一晩中山の岩の上に立っている、という挑戦をさせられることになります。

もしそんな状態で一晩生き抜いたら、家や畑付きで自由の身にしてやるぞ、と。

奴隷の少年は困って村の長老を訪ねます。


長老は

「私が向かいの山の頂で、一晩中火をたいていてやろう。

お前はその火を見て、お前のためだけに夜を徹して薪をくべ続ける私のことを思い浮かべなさい。

そうすればきっと耐え抜ける。」

と言います。


少年は、その夜、闇の中で遠くにちらちらとかすかに見える灯りに励まされて、その試練を耐え抜きます。



   ・・・という、お話。



本当は続きがあり、後半は一休さんよろしくとんちでその主人をぎゃふんと言わせてめでたしめでたしなのですが、

そちらはもう私にとってはどうでもいいんです(汗)


私はこのお話の前半が本当に大好きで。



誰かが遠くで灯火を明々と点し続けていてくれる。

その姿に励まされて、厳しい状況に耐え抜ける、ってこと、あると思うんです。


ここで前回の日記の続きの内容になるんですが


私の尊敬する児童文学者の皆様は、私にとっての「山の上の火」なのです。

あの人たちがあんなに明々と灯火を掲げていてくれた。逆境の中で。くじけず。うまずたゆまず。

だったら私もがんばれる。

いや、私もがんばらなければ、と思える。



児童文学者の皆さんに限定する必要はもちろんなく、

大きな目標、エゴを超えた社会貢献や世界平和のため、次世代の幸福のため、命の未来のために尽力をやめない方々はみんな、

私にとっての「山の上の火」。


黙々と、寒さや暗さや孤独の中で、火に薪をくべ続けてくれている人たちがいる。

自分のためではなく、隣人のために、社会のために、未来のために、地球のために。



そのつもりになって周囲を見れば、闇の中にたくさんの灯火が、ちらちらと、無数に輝いている。

闇に見えるかもしれない状況だけど、決して世界は闇に包まれてはいない。

無数の光がまたたいている。

宇宙のように。



私もまた、誰かのために火をたきつづけよう。

少しは周囲を照らしたり温めたりできるかもしれないから。

遠くから、「あそこでああやって珠帆さんも火を守り続けている」って、誰かの励みになっているかもしれないから。



posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 21:40| 魂に響く絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言葉が脈動するように光るのを見たことありますか?

というわけで、前回の日記に書いたように、2/4は絵本の世界にどっぷりはまっていたのですが。

その余波で、私の尊敬する児童文学者たちについて色々思い出してます。


たとえば、10年ほど前に、ある図書館で開かれた小澤俊夫先生の昔話についての講座、

今までに受講した講座の中での最高峰です☆

私も今までにたくさんの講座、たくさんのセミナーに参加してきましたが、

あの講座を超える体験はまだありません。


小澤先生に興が乗ってくるにつれて、会場となったこじんまりとした会議室全体がびりびりと震え始めたのです☆

小澤先生の周りで、空気が脈動していました。

脈動するように光っていました☆

空気って、光るんですね。

言葉に応じて、脈動するように、光るんですね。

ご存じでしたか?


私も一度でいいから、自分から発する情熱で空気をびりびりふるわせるような、

自分から発する言葉が脈動するように光るような講演がしたいものです。

死ぬまでに、一度でいいから。

私の目指す理想の講座、理想の講演。



そして、小澤先生の講座に次いで、私の人生二番目に素晴らしい講演が

小樽の児童文学研究センターでの、斎藤惇夫先生が語った瀬田貞二論です☆

今でも忘れられません。

斎藤惇夫先生が、どれほどの敬愛と慕わしさを込めて瀬田貞二先生について語られたか。

そこにどれほどの熱とどれほどの想いがこもっていたか。

もう10年くらい前の体験ですが、斎藤惇夫先生のたたずまい、表情、使われた言葉、フレーズ、たくさん覚えています。


瀬田貞二先生と石井桃子先生が、戦後の焼け跡の中、
飢えに苦しみながら、
子どもたちのための読み物に尽力された様子を
斎藤惇夫先生は語られました。

その一語一語に、斎藤惇夫先生の心の震えがこもっていました。

その日食べるものにことかくような状態で、
子どもたちのための文学を守り通そうとする。

一般の人からは「道楽」としか見なされていなかった、絵本・児童文学を。

その時代、そんな状況下で、
子どもたちの柔らかい感受性に、成長真っ盛りの精神に、
芸術として価値の高い読み物を届けようとする。

できるだけ質の高いものを。できるだけ廉価で。

それがどれほどの覚悟と使命感がないと続けられないことか。

想像するにあまりあります。


彼らのおかげで、戦後の子どもたちの文化がある。

戦後の子どもたちの精神は、彼らの志と献身のおかげで培われた。


宮崎駿監督もどうやらかなりの児童文学マニアなのですが。

宮崎監督の名作アニメには、古今東西の名作児童文学に大なり小なり影響を受けているものがたくさんあるのですが。

つまり、瀬田貞二先生と石井桃子先生の尽力がなかったら、宮崎アニメもあのような形ではなかったのです。


そして、また、私も、彼らがいなかったら、このような精神、このような語彙、このような表現力、このような感受性を持っていなかったわけです。

彼らが翻訳してくれた名作児童文学の数々が、私を今の私にしてくれました。

彼らの使った美しい日本語の訳文が、私の語彙や表現力を育ててくれたのです。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 21:37| 魂に響く絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたの白猫になりたい(笑)「100万回生きたねこ」はやっぱり名作!

2012年2/4土曜日は小樽の大魔女Tenjuさんのいる喫茶店、キッチンぐるぐるさんにて、

定期的に行わさせていただいている絵本読み聞かせワーク「大人のための絵本茶話会」。

毎回、すごくイイ時間をいただくのですが、今回もまた深かったですー★


今回、今までとちょっと異なる取り組みということで、名作絵本を心理学的に解説する時間を取ってみたんです。

「三匹のヤギのがらがらどん」と「100万回生きたねこ」の二冊をその対象に取り上げてみました。

そしたら、反応が良くって!

参加者さん方がとても熱く食いついてきてくださって。

すっごく嬉しかった!(^▽^)

「えっ?!こんなマニアックな話、面白いと思ってくれるんですか?

うそ!(≧▽≦))

だったらもっと話しちゃいますよ!!!」

って感じでかなりテンション上がりました!!


「三匹のヤギのがらがらどん」は、実はジブリの名作「となりのトトロ」のモチーフになってるんですよ!

ご存じでしたか?(^^)

そして、子どもの魂の成長、心理的成長が盛り込まれてる名作なんです。

あんなに幼い人たちが喜んで何度も何度も読んでもらいたがるには理由があったんです。

幼い人たちの魂の成長に必要な栄養素、「勇気」や「チャレンジ精神」「恐れに立ち向かう心」「信頼」などがたっぷり摂れる、名作なんです。



そして、「100万回生きたねこ」。

この絵本には、実はAC(アダルトチルドレン)の生き様が描かれてると私は考えています。

AC(アダルトチルドレン)の抜けだし方、克服の仕方を「100万回生きたねこ」から学ぶことができる、と。


「100万回生きたねこ」を通して、

自分を殺して他人の期待する人生を生きていた人が、

まずは自分自身になり、

その後、

自分らしく生きながらも他者に寄り添い貢献する人生へと移行する過程を読み取ることができる。

と、私は思っています。


参加者さんのお一人が、書店に並んでいた「100万回生きたねこ」に

「あなたには白猫のような存在がいますか?」という帯が付いていて、

その問いに揺さぶられて余計泣けた、というお話を教えてくれました。


白猫とは、主人公のトラ猫が他者に寄り添い貢献する人生へと移行するキーポイントになる存在なのですが。

何もしないんです、特別なことは、なにも。

ただ、白猫だけは他の猫とちがい、トラ猫の経歴や外見などの条件に影響されなかった。

そしてすべてをただ黙って受け止めた。

それだけ。

それだけで、トラ猫はすごくゆるむことができた。

自分らしくいながら他者と調和する人生に移行できた。



私も、たくさんの人にとっての白猫のような存在になりたい、って強く思いました。

自分を殺して他人の期待する人生を生きてきた人が

自分の人生を生きる方向へ舵を切るきっかけを作りたい。


経歴や外見などの表面的な要素ではなく、その人の「本質」に寄り添い

すべてをただ黙って受け止めることで

「あなたはあなたのままでいい」を伝えたい。

「自分は自分のままで良かった」が腑に落ちれば、人はエゴを手放せる。

自分らしく、社会貢献を始めてしまう。


私はそう信じてます。

私はあなたの白猫のような存在になりたい。


posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 21:31| 魂に響く絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

明日死ぬなんて誰も思ってなかった3月10日

以下の文章、読んでみてください。



ものすごく胸に迫ります。





るんるん引用元「スコップ団事務局ブログ」

http://blog.goo.ne.jp/schop-dan_2011/e/4d2fdd21d4fb5b36b19acfe8dcf1f941






  −−−引用ここから−−−



  『天国にぶっ放せ。』



俺達が、生きて、楽しんでるってことを。

あの人達が生きたかった今日を、俺達は生きてるってことを。

線香も大事だし、墓参りもいいけど。



もし天国が空にあるならば。



空に、ぶっ放してやろう。



「俺達は、元気ですよ!」

と、安心させてやろう。



ここら辺で一番高い場所から。



何もなかった3月10日に。

明日、死ぬなんて誰も思ってなかった3月10日に。



一番忘れちゃいけないのは、3月11日もそうだけどさ、

3月10日が、すごく大事だと俺は思うんだ。



今日も10日だった。

明日も10日であって欲しい。

明後日も、明々後日も。



スコップ団は、家に行くとそれを見る。

誰も死ぬ準備なんてしてなかったんだ。



後悔のない毎日にしようじゃないか。



地震が永遠に来ないなんて誰が言えるのか?

いつか、必ずまた来るんだ。

長い長い3月10日を、大切に生きていきたいと、心から思います。



さぁ、ぶっ放してやろう。



アホにしかできねぇ事を、アホがやる。

無意味さの中に、意味がある。



それが、生きてるってことじゃねぇか。



目標。

2万発×3,000円=6千万円



マジかよ!!



・・・。

いや。



楽勝。

諦めるのは簡単です。

やり続けることも、達成することも簡単です。





 花火イベント『天国にぶっ放せ。』



日時:2012年3月10日(土) 17:30〜



会場:泉ケ岳スキー場





■ご協賛・ご支援のお願い■



ご支援:



1.花火一発分という事であれば一口3000円。



2.goodsを購入頂ければそれも資金になります。



3.その他、従来通り金額関係ない支援金も引き続き受け付けております。



ご支援のお申し出、お問い合せはお名前、ご住所、ご連絡先、ご支援金額、ご支援方法(現金、お振込)を明記の上、下記スコップ団事務局までお願い致します。



パンフレット、HPの掲載はありません。







ご協賛(スポンサー様):



1.一口 1万円



2.一口 5万円



3.一口 10万円     



4. ・・・ ∞



5.冠スポンサー様 ご相談ください。







ご協賛のお申し出、お問い合せは貴企業名・貴団体名・お名前、ご住所、ご連絡先、ご協賛金額、協賛方法(現金、お振込)を明記の上、下記スコップ団事務局までお願い致します。



ご協賛頂ける企業様・団体様は当日のパンフレット、スコップ団HPに掲載させて頂きます。



HP等への掲載を希望されない場合はその旨お知らせ下さい。







schop-dan_2011★@mail.goo.ne.jp(★を抜いて送信してください)







■お振込先■



現時点では2ヵ所です。



●ゆうちょ銀行●



記号 18170



番号 8409961





他の金融機関



【店名】八一八(ハチイチハチ)



【店番】818



【預金種目】普通預金



【口座番号】0840996



【口座名】スコツプダン 







●七十七銀行(シチジユウシチギンコウ)●



【支店名】栗生支店(クリユウシテン)



【預金種目】普通



【口座番号】5044103



【口座名】スコツプダン



【SWIFT番号】BOSSJPJT











■ポスター・リーフレットのお渡しについて■



1.スコップ時にお渡しできますので、参加時にお申し出下さい。



2.スコップには参加できないという仙台近郊の方、青葉区中心部まで取りに来て頂ける方にお渡ししますので事務局まで連絡下さい。(場合によってはお持ちする事も可能ですのでご相談下さい。)



3.取りに来られない方、遠方にお住まいの方へはお送り致しますのでお名前、送り先、連絡先、必要枚数を明記の上、事務局まで連絡下さい。



(ヤマト便、少量の場合はメール便にて発送します。リーフレットはたくさんありますので数量が多くても大丈夫です)







ポスター代、リーフレット代、送料はすべてスコップ団で持ちますので、できましたらいづれ花火一発分くらいのご支援を頂けますと有り難いです。







schop-dan_2011★@mail.goo.ne.jp(★を抜いて送信してください)







■拡散のお願い■



目標は2万発を打ち上げる事です。



まずは一人でも多くの方に知って頂きたです。



情報の拡散をお願い致します。







■その他■



スコップ団への支援としてイベント等で名前を使って頂く事は大歓迎です。



事前に申請等も必要ありません。



ただ、イベント等の開催についてご連絡頂けましたら事務局ブログ及びTwitterにて事前に告知致します。



その場合のみお知らせ頂ければと思います。





ご協力、応援の程、よろしくお願い致します。







  −−−引用ここまで−−−







こんな熱い活動をされているスコップ団団長、平了さんがねとらじ初出演です。



やはり熱心なファンの方々がいらして、もうツイッターが盛り上がりかけてますあせあせ(飛び散る汗)

#tamahojirushiで検索してみてくださいなウインク



失礼の無いように、団長さんの良さを存分に引き出したい。



応援よろしくお願いしますぴかぴか(新しい)







珠帆印inねとらじ

http://therapist-jp.com/






■ライトワーカーを応援するインターネットラジオ、珠帆印inねとらじ─────────────────────



各方面で活躍されているライトワーカー(世の中に光りをもらたす人)たちをゲストにお招きして、

唸るような深い話、大学の講義レベルの話から、大笑いするバカ話や下ネタ話まで、

いろんな話をお聞きします。



●生放送は毎週月曜22時より。

掲示板やツイッターでのご質問や応援メッセージをいただければ、随時読み上げています!

ツイッターなら半角スペースの後に #tamahojirushi を入れてつぶやいてください。



掲示板はこちら。

http://therapist-jp.com/modules/d3forum4/index.php?topic_id=142#post_id1386


posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 17:54| おすすめセラピー・ワークショップ・講座など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俺達は無鉄砲という武器を持っている。

明朝4:30に家を出て東京に向かうたまちゃんです、こんばんは!



今夜はたぶん寝る時間ないな、はははふらふら



クローバー



信頼するマイミク、三好みどりさんにサイト「珠帆印セラピスト」のメールニュースの編集長をお願いしてますわーい(嬉しい顔)



今回も素敵なメールニュースを作ってくださいました!



珠帆印のメールニュースは購読無料ですしいつでも解除できます。

ねとらじ出演者のご紹介やお得なイベント情報などが週一で届きます。

よろしければ登録しておいてくださいね。



ねとらじを聞き逃さなくなるのでイイですよ!



新規登録はこちら。

http://therapist-jp.com/register.php






今回のメールニュース、じんとします涙



スコップ団団長、かっこよすぎる。





クローバー



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本メールは、珠帆印特選セラピストに登録いただいた

すべての方に一斉に送信しています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

こんにちは、珠帆印スタッフの三好みどりです。

師走ですねぇ!

関東は12月に入ったら急に寒くなりました。

いよいよストーブの出番です(^^)



・・・・・・・・・・・・・・・ INDEX ・・・・・・・・・・・・・

◎ ねとらじ 12/5 スコップ団団長・平了さんとうたたさん

◎ 書評「私は夢中で夢をみた」

◎ 編集後記

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





■12月5日(月)のねとらじ スコップ団団長・平了さんとうたたさん─────────────────────────

東日本大震災はまだ終わっていない。

スコップ団団長のブログを読んでいると、それを強く感じます。



あの津波の被害を受けたお宅の掃除をしているスコップ団。

11月の末のブログでも、

「まだこんな状態の家があるんだぜ」

と、あの日のままの惨状で残っている家の写真がアップされています。

泥がつもった床、汚れた壁、部屋に横倒しになった冷蔵庫。



<「何か月経過したと思ってるんだっつぅの。

もっと短期間でパパッと終わる団体のはずだった・・・。

もう体が限界ですよ〜」>



そういいながら、スコップ団はある人はスコップで泥をすくい、

ある人はケルヒャー(高圧洗浄機)で壁を洗っていく。

ある人は部屋に残ったものを外に運び出していく。



そうして、「家」をなるべく綺麗な状態に戻していく。



<ばあちゃんがさ、

「取り壊すのやめようかな・・・?」

と言っていたと聞き、洗浄団に気合いが入る。>





団長はブログで「お互い様だからさ」と言う。





<この道具で、俺達は何かと「戦う」

武器はこれだけ。

どこにでもあるもので、誰にでも出来る。

そして、俺達は無鉄砲という武器を持っている。

君にもあるぜ。

無鉄砲。

さぁ、武器を取れ。

まだね、間に合うものがあります。

「やる気」と「思い出」は俺達でも探すことが出来る。

最大の敵は、諦めと言い訳だ。

「そうまでして、しなくちゃいけないこと?」

当たり前じゃないか。

いつか君の親友になる人かもしれないぜ。

息子の嫁さんになるかもしれない。



それが可能性だ>





<>の中の言葉は全部、団長の平さんのブログからの引用です。

こんな団長さんが、ねとらじにいらっしゃいます。

5月に「あなたにとっての東日本大震災」特集で

ゲスト出演された、香り宅配人のうたたさんもご一緒です。

(うたたさんご出演のねとらじの過去ログはこちら

http://therapist-jp.com/modules/webphoto/index.php?fct=photo&p=108




来週、月曜日、あなたはスコップ団に入団しちゃうかも!?



しちゃうかも、ですよ〜〜〜。

お聞き逃しなく!



------------------------------------------------------

■ゲスト紹介:スコップ団団長・平了さん



人助けに理由はいらねぇ。

スコップでスクウのは泥に限ったことじゃない。

現地では311から時が止まったままのお家が沢山あります。

まだまだ終わっていません。私も出来る限りの参加・応援をしています。



スコップは雪が降るまで。残された時間はあと少しです。

地元の方の参加を心より願っています。



スコップ団イベントvol.3

3/10泉ケ岳で花火大会〜天国にぶっ放せ〜



旅立たれた魂の数だけ打ち上げよう!



スポンサー&ご支援&情報拡散などなど

大大大募集です!





スコップ団 http://schop-dan.com/


音が出るので気をつけてね♪



スコップ団・団長ブログ「どうせ地球のチリだからな。」

http://blog.goo.ne.jp/cheapdust




スコップ団事務局 http://blog.goo.ne.jp/schop-dan_2011




          (紹介文・うたたさんmixiプロフィールより)





【 うたたさん 】



311東日本大震災から、私の環境は激変しました。

生まれ育った町も、大切な人も

海に飲み込まれてしまいました。



離れたところで助かった私

少しでも、地元東北の為に役に立ちたいと思っています。



全国の皆様と活動しています。



☆被災地へのアロマ支援

香り宅配プロジェクト☆



宮城、福島、岩手へと届けています。



ご協力、ご支援いただける方はご連絡下さい!



utata★@divine-grace.jp
(★を抜いて送信してください)



募集中ですm(_ _)m



ブログ→http://profile.ameba.jp/isis-healing/
 

        

                (うたたさんmixiプロフィールより)



-----------------------------------------------------------



◆ 【放送の聴き方】

当日夜10時に、以下の放送URLをクリックしてください。自動的に音声が流れます。

(放送は約一時間)

ねとらじもUSTREAMも同じ内容です。聴きやすい方でどうぞ。

・ねとらじ

http://std1.ladio.net:8070/sachin7110.m3u


・USTREAM

http://www.ustream.tv/channel/%E7%8F%A0%E5%B8%86%E5%8D%B0%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E4%B8%AD%E7%B6%99




◆珠帆印ねとらじ掲示板はこちら。質問にもライブでお答えします(^^)

http://therapist-jp.com/modules/d3forum4/index.php?forum_id=3




◆ 過去ログはこちら。全録音データ無料提供中。

http://therapist-jp.com/modules/webphoto/index.php?fct=category&p=17




◆ituneストアでも無料配信中。珠帆印ねとらじの過去の放送を、

自宅や電車で聴いていただけます!

http://itunes.apple.com/jp/podcast/id445340891




◆珠帆印ねとらじ。食べて行けているセラピスト、地に足の着いたスピリチュアリスト、

ちゃんと経済を回しているライトワーカー。

どこが違うのでしょう?彼らを次々にゲストに招いてお話を伺ってます。

http://therapist-jp.com/modules/webphoto/index.php?fct=category&p=17




◆珠帆印ねとらじのブログができました!放送日時の確認や、出演ゲスト、

聴取URLなど、こちらで一目瞭然!!

過去ログもこちらから聴けます。ぜひお気に入りに!

http://tamahonetradio.seesaa.net/










■書評「私は夢中で夢をみた」─────────────────────────

全国からファンがつめかけるという、奈良にあるカフェ「くるみの木」と、

ホテルなどの複合施設「秋篠の森」のオーナー石村由起子さんの語りおろし自伝。



普通の主婦だった彼女が、なぜ有名カフェのオーナーにまで登りつめたのか?

(ただし、この本を読んでいると「登りつめた」という言葉は似合わないのだけれど)







正しく夢をみるということ。



そして、それを現実にしていくということ。







それは魔法のような力で出来ることではなく、

現代風に新しい考え方から生まれるものでもなく、

著者の中に染みとおっていたおばあちゃんの言葉から織り出される。



11歳の時に母との交換日記に書いた夢を実現させる。

そのお店の一番のお菓子は、幼い頃、祖母が歌いながら作ってくれたお菓子。

「25年も前にcafeを始め、今はホテルも経営している女性オーナー」

と聞いて思い浮かべるより、はるかに素朴で、暖かく、地道な女性が、

この本の中にはいる。





何か、自分の夢を実現させたい、そんな全ての女性に贈りたい一冊です。





■編集後記──────────────────────

メールニュースを書くために

スコップ団の団長・平さんのブログを読んでいたら、

なんというか、とても心が揺さぶられました。



ぜひ、沢山の方にこのブログを読んで欲しい。

そして、沢山の方に団長の生の言葉を届けたい。

心の底から、そう思いました。

お忙しい毎日だとは思いますが、

よかったら、十分だけでもねとらじに時間をください。

12月5日(月)夜10時から です。



                       (文責・三好みどり)



+・+・+・+・+・+・+・+・+

珠帆印特選セラピスト

http://therapist-jp.com/


解除、問い合わせはこちらから

http://therapist-jp.com/modules/liaise/index.php?form_id=2




+・+・+・+・+・+・+・+・+
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 17:53| おすすめセラピー・ワークショップ・講座など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたが怖れと対決することを決め、コミットした途端、ふたりの間に真実が現れる。

マリッジカウンセラーこのはなさくやさんのメルマガ記事のご紹介第四弾。



今回ご紹介するのは、11/28発行の最新号です!



複数人が集まった場の意識って、万華鏡のよう、とこのはなさくやさんはおっしゃいます。



一人の意識が変わると、その意識を鏡のように映していた周囲の意識もがらがらと変わる。



だから、場が変わる。



関係性が変わる。





だから、あなたが変われば、彼も変わる。



二人の関係性が変わる。





確かに。





詳しくは以下をお読みください。





   クローバー





こんにちは。このはなさくやです。



先日から、おつきあいをしはじめて1年半の彼女との金銭感覚のズレにお悩みの、

ある青年実業家の方の事例を扱っています。



◎元の記事→ http://archive.mag2.com/M0082886/20111105120437000.html






思い切って率直に正直に自分の状況を彼女に伝えた彼。

彼女からの意外な反応に驚いていたようです。





読者のみなさんはお気づきでしょうか?



わたしは常々人間は潜在意識でつながりあっているとお話ししておりますが、

この二人のこころの中にもシンクロニシティが起きているのです。





つまり、彼が自分のエゴを守ることに固執している間は、

彼女も自分のエゴを守るために彼に要求をする。



今まではその応酬でした。





ですが、彼のほうで自分の怖れを見ないふりをするのをやめて、



勇気をもって怖れと対決すると決めた途端、



彼女のほうにも気づきが訪れたのです。




自分が本当に望んでいたのは、

お金を使ってもらうことそのものではなく、

愛情を感じたかっただけなのだと。



彼が自分の中の怖れと対決することを決めた途端、

彼の愛情が彼女のこころの中にまっすぐに入ってきたのです。





どちらかが怖れと対決することを決め、コミットした途端、

ふたりの間に真実が現れるのです。






この続きはまた次回に☆





P.S.



きのうの「チクリメール」の続きです(笑)



http://bit.ly/vpryG5








P.P.S.



「このはなさくやさんのワークショップ、参加したいんですが、

東京までなかなか行けないんです(泣)」



こういうお声をよく頂戴しますんで、

明日11/30(水)20時00スタートで、

スカイプワークショップをやることにしました♪



◎詳細→ http://bit.ly/tGicLz










  クローバー



◎このはなさくやさんのメルマガ「True Love〜真実の愛」の過去記事および新規購読は



PCの方⇒ http://archive.mag2.com/M0082886/index.html




携帯の方(リンク先画面最下部にあります)

http://bn.mobile.mag2.com/bodyView.do?magId=M0082886




  クローバー
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 17:50| おすすめセラピー・ワークショップ・講座など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【続きです】知らず知らずのうちに不幸な恋を引き寄せちゃってる?!

マリッジカウンセラーこのはなさくやさんのメルマガ記事の続きです。



とくに鮮やかな指摘、ズバズバな指摘が冴えてると感じた号をご紹介してます。目がハート



全記事が読みたい方は、元の記事
から「次の記事」「次の記事」とたどっていってくださいな。







幸せになりたくてパートナーを探しているのに、



知らず知らずのうちにむさぼりあう相手を引き寄せて、



お互いを不幸にし合ってしまっている
ことがある、



とこのはなさくやさんは指摘します。







なんと恐ろしい・・・ふらふらげっそりふらふらげっそり



そのような事態を避けるためにできることは?!







   クローバー





おはようございます。このはなさくやです。



先日から、

半年お付き合いをした彼との間に結婚話が出たあと、

不安から彼に距離を置くようになったら、

彼から突然別れを言い渡された、

自分がワガママだった、

失ってから彼の大切さに気がついた、

なんとか復縁したい、

という女性の事例を扱っています。



◎元の記事→ http://archive.mag2.com/M0082886/20110901115019000.html








きょうはこの事例の結論です。





自分で自分を大切にし、自分を満たしていくこと。

このことの重要性について、これまでにも繰り返し繰り返しお話ししてきました。



自分の内側が満たされてくると、

その飢えを満たすためにパートナーがなにがなんでも欲しいという飢餓感がなくなります。



ガツガツした落ち着きのない切羽詰まったような雰囲気が消えるのです。



なにがなんでも欲しい!という執着が消えると、

なぜか不思議なことにパートナーがポン!と出現したりするものなのです(笑)



では、どうしてもパートナーが欲しいと思いつめた状態では、

絶対パートナーが現れないかというと、そうでもありません。



ですが、これまた繰り返しお伝えしてきたように、

パートナーはあなたの鏡です。



ですから、あなたがパートナーの存在を使って自分を満たそうと

必死の状態のときに引き寄せたパートナーは、

あなたを満たしてくれる人ではないでしょう。



逆にあなたが彼に満たしてほしいと望むように、

彼のほうもあなたに満たしてもらうことばかりを考えて、

あなたのことをちっとも考えてくれないような人を引き寄せてしまうでしょう。





むさぼりあう相手を引き寄せて、お互いを不幸にし合うのではなく、

本当の意味での分かち合うのできるパートナーを引き寄せられる、

そんなパートナーを引き寄せて、

互いに与え受け取る、

幸せで対等なパートナーシップをエンジョイできますように。







P.S.



あなたには自分の価値を自分で決めることができます。

そしてあなたの人生は、

あなたが決めた自分の価値にみあった展開をしていきます。



【新作動画】「自分の価値は自分で決めていいんです♪」

  ↓

http://amba.to/orol9M




◎動画のご感想は、メールではなくFacebookページにお願いいたします!

  ↓

http://on.fb.me/h6w88j


posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 17:48| おすすめセラピー・ワークショップ・講座など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【続きです】簡単に結婚のことを口に出す男性は要注意

前回の日記でご紹介したマリッジカウンセラーこのはなさくやさんのメルマガ記事の続きです。



とくに鮮やかな指摘、ズバズバな指摘が冴えてると感じた号をご紹介してます。目がハート



全記事が読みたい方は、元の記事
から「次の記事」「次の記事」とたどっていってくださいな。



「お付き合いの最初のころに熱烈に追いかけてきたり、簡単に結婚のことを口に出す男性は要注意」



だとこのはなさくやさんは指摘します。



それはなぜ?





   クローバー





おはようございます。このはなさくやです。



先日から、

半年お付き合いをした彼との間に結婚話が出たあと、

不安から彼に距離を置くようになったら、

彼から突然別れを言い渡された、

自分がワガママだった、

失ってから彼の大切さに気がついた、

なんとか復縁したい、

という女性の事例を扱っています。



◎元の記事→ http://archive.mag2.com/M0082886/20110901115019000.html








前回のつづきです。





お付き合いの最初のころに熱烈に追いかけてきたり、

場合によっては結婚を口にするほどだった場合、

その後彼から別れを切り出されたときに、

「彼は結婚しようといってくれたのに。」

と、だまされたような、裏切られたような、

あるいは自分の不注意のためにせっかくのチャンスを取り逃がしたような気持ちになり、

傷ついた気持ちを味わいますが、

むしろ、お付き合いがはじまってからまだまもないうちから、

簡単に結婚のことを口に出す男性は要注意だと考えたほうがよいでしょう。



ある種の男性は、おつきあいの初期の段階から、

意図的に結婚のことをほのめかしたり、

あるいは堂々と口にする人たちさえもいます。



結婚のことを言いだすと、

女性の側が、

「彼はわたしのことを真剣に愛してくれているんだわ。」

と喜び、自分にだんだん気持ちが傾いてきて夢中になる、

つまり、その女性のこころをつかみ、コントロールできることを

本能的に知っているからです。



あるいはその男性自身、

表面意識上は自分は真剣だ、遊びではない、

と考えている場合ももちろんあるでしょう。



別に結婚詐欺師のように相手の女性をだますとか

そういう意図はもっていないだけではなく、

本人に遊びだという自覚がまったくない場合のほうが多いかもしれません。



ですが、こういった男性の場合、

相手の女性が、自分にこころを開いて自分に夢中になる、

それによって自分の男性としての自尊心が満たされる、

そのプロセスに恋をしており、

相手の女性そのものに恋をしているのではなかったりするのです。



この場合、その男性自身も、

「決して遊びのつもりじゃなかったんだ。

ぼくだって真剣にキミを愛していると思っていたよ。

でも、自分の気持ちがわからないんだ。」

と言いだすかもしれません。



いずれにせよ、意図的に相手の女性の気持ちをもてあそんでいるつもりはなく、

彼自身も本気だったとしても、

おつきあいの早いうちから結婚のことを簡単に口に出す男性は、

その男性自身が情緒的に未熟で地に足がついておらず、

安定していない場合が多いようです。



もしかしたら、そのまま表面的には問題らしい問題が起きないまま、

早いうちに一気呵成に結婚、ということもあるかもしれません。



ですが、こういったケースでは、

結婚に至るのもはやい代わりに、破たんするのもはやいことが多いものです。





結婚すればすべてがOK、

何も問題は起きない、というものではありません。



問題はどのカップルにもやってきます。



問題が起きてもそれを共通の学びの課題として

共同作業のように取り組んで、

二人で成長していくことを通して、

信頼と絆を強めていくカップルもあります。



ですが、お互いが不安定すぎる場合には、

乗り越えられるものも乗り越えられずに

問題が二人の学びの糧とならずに、

別れの原因となってしまうことが多いのです。





このつづきはまた次回に☆







  クローバー



◎このはなさくやさんのメルマガ「True Love〜真実の愛」の過去記事および新規購読は



PCの方⇒ http://archive.mag2.com/M0082886/index.html




携帯の方(リンク先画面最下部にあります)

http://bn.mobile.mag2.com/bodyView.do?magId=M0082886




  クローバー



なかなか鋭い指摘だと思いません?



私はめっちゃ納得なんですが。



カップルの間で起こる無意識下の「契約」とか「ゲーム」のようなもの。



それをえぐりだすのが本当に神業。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 17:45| おすすめセラピー・ワークショップ・講座など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わたしにはどうしても復縁したい人がいます

今度、12月の8日9日10日と講座を開いていただくマリッジカウンセラーこのはなさくや
さん。



今回北海道にお招きするのは初となります!!



一年くらい前からメルマガを取り始め。



2011年度のセラサポ
ではお招きするぞ!オプション講座をお願いするぞ!とずっと楽しみにしておりましたぴかぴか(新しい)



今回、実現して嬉しい。





いや、かなりすごい方なんですよ。



とにかく、シャープ。



切り口が、鋭い。



ぐさっと、核心をえぐりますわーい(嬉しい顔)



というとキツそうに聞こえますが。



すっごく謙虚でにこやかな素敵な方。



でも、えぐりますわーい(嬉しい顔) ぐさりとわーい(嬉しい顔)





なんていうか。



問題点がズバッと見えちゃうんでしょうね、彼女にかかると。



患部をレントゲンでさくっと見つけ、サクッと切除手術しちゃう西洋医学のような鮮やかさがあると感じてます、彼女のメルマガ。





セッションや講座は未体験なので、今回札幌で主催者として同席させていただけるのを楽しみにしているのですが。





以下、かなり心に残ったこのはなさくやさんのメルマガをご紹介させていただきます。



こんなお悩み、共感される方も多いのではないでしょうか。







◎このはなさくやさんのメルマガ「True Love〜真実の愛」の過去記事および新規購読は



PCの方⇒ http://archive.mag2.com/M0082886/index.html




携帯の方(リンク先画面最下部にあります)

http://bn.mobile.mag2.com/bodyView.do?magId=M0082886






  クローバー





おはようございます。このはなさくやです。



それでは次の事例です。





〜 ここから 〜



こんにちは。

わたしにはどうしても復縁したい人がいます。



その彼とは半年付き合って別れました。

2か月前の出来事です。



彼はわたしのことをとても大事にしてくれて、

わたしたちは週に2〜3回のペースで会っていました。

ラブラブだったんです。



ですが、付き合って1ヵ月半くらいで結婚の話が出て、

わたしは不安になってしまったんです。



わたしはこの人の妻としてちゃんとやっていけるんだろうかと。



それで不安になってしまったこともあり、

彼に会うのを避けたり、彼に連絡しなかったり、

そうこうしているうちに、彼から、

「もういいよ。別れよう。」と言われてしまったんです。



わたしが悪かったんですから、彼がそういうのも当然ですよね。



彼と別れるときは泣いたり騒いだりの修羅場にはせず、

彼と付き合えて幸せだったこと、彼に感謝していることなどを伝え、

イイ感じで別れられたと思います。



その後すぐいいなあと思える男性が現れて、

その彼もわたしのことを憎からずという態度で接してくれるんですが、

でも、だんだんとイヤになってきてしまいました。



その新しくであった男性と会えば会うほど、違和感を感じるんです。



わたしが一緒にいてほしいのはこの人じゃない、

前の彼こそがわたしが本当に一緒にいたい人だ。



わたしはなんてことをしてしまったんだろうと。



わたしは前の彼とぜひ復縁したいので、

復縁に向けての心がまえを教えてください。



他の恋愛本やメルマガでは、

復縁はおすすめしないという著者さんもたくさんいます。



このはなさくや先生もそうなんでしょうか?



もし先生も復縁はおすすめしないとおっしゃるのであれば、

その理由をちゃんと納得がいくように説明してくださることも、

あわせて希望します。



よろしくお願いします。





〜 ここまで 〜





はい、次回からまたビシバシ行きます。



この事例と似たような状況にいらっしゃる方も、

ハラをくくってお読みください(笑)





クローバー



「ハラをくくってお読みください」って言われちゃうとドキドキですねあせあせ



「ビシバシ行きます」って言われちゃうと冷や汗



そして、宣言通り、期待を裏切らず、この後の号でビシバシと行くわけです、このはなさくやさん!





この事例のどこがどのように問題なのか。



相談者の潜在意識のどこにどんな信念体系が潜んでいるか。



相談者の自己認識のどこにどんなバグがあるからこの問題を引き寄せてしまうのか。



鮮やかにスパッと切ってくださいます!!





けっして、相談者さんを否定したり批判したりするんじゃないんですよ。



あくまでも問題を指摘し、信念体系やブロックを指摘するだけです。





この続きもまたのちほど引用にてご紹介しますね。



楽しみにしていてくださいな!!
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 17:44| おすすめセラピー・ワークショップ・講座など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木々が教えてくれたお話。「天国の作り方」

2009年の9月だったか、ふたこわたるさんのネイティブアメリカンスピリチュアル合宿で木々に話しかけて、そのお返事を元に作ったお話。



なぜだかこのタイミングで公開したくなりましたウインク



読んで見てくださいませ。





クローバー





・小さな花壇に、「My garden is my heaven」と書いてある立て札を見つけた私は、



私も自分の天国を見つけたい」と強く願った。



私も私の居場所、私が安らげる場所を見つけたい」と。





その立て札に向かって、「私の居場所、私の安らげる場所はどうすれば作り上げられますか?」と尋ねた。



立て札にぶら下げられていた蝶の飾りが、「あちらに行ってご覧なさい」と



ある方向を指し示してくれた気がした。



そちらを見てみると、小さな古い納屋があった。







・納屋まで行ってみた。



入り口に蜂の巣の壊された跡があり、その横にクモが巣を張っていた。



「クモさんクモさん、私の居場所、私の安らげる場所はどうすれば作り上げられますか?」





「この蜂の巣の跡を見なさい」とクモは答えた。



「周囲を脅かすとこうやって排除されてしまいます。



私はひとに危害を与えないからこうして巣を取り払われないですんでいる。



あなたが居場所を見つけたいなら、まず周囲の存在をおびやかさないことです。



あなたが安らげる場所を見つけたいなら、あなたが周囲を怖がらせないことです。」



「もっと多くの智恵が欲しいなら、山の中に入ってご覧なさい」



クモに促され、私は山に入っていく細い道を歩き出した。







・次に目に入ったのは楢の木の大木だった。



「楢の木さん楢の木さん、私の居場所、私が安らげる場所、私にとっての天国は

どうすれば作り上げられますか?」



「まずあなたが周囲を天国にするのです」と楢の木は答えた。



「枝葉を茂らせて木陰を作り、小動物たちの隠れ場所となり雨露をしのぐ場所となり、ドングリを実らせて彼らを養うのです。



そうすればそこはあなたにとっても安らげる場所となるでしょう。そこは天国となるでしょう」







・次に、木々に巻き付いているツルアジサイが目に入った。



「ツルアジサイさんツルアジサイさん、私の居場所、私の安らげる場所、私にとっての天国はどうすれば作り上げられますか?」



「自分の弱さを知り、他を頼ることです」ツルアジサイは答えた。



「私のように」







・次に、ススキの株が目に入った。



「ススキさんススキさん、私の居場所、私の安らげる場所、私にとっての天国はどうすれば作り上げられますか?」



「数を頼むことです。ひとりでやろうとしないことです。



そして、一代でやろうともしないことです。



私がやり遂げられなかったことも、次の世代が受け継いでくれることでしょう」







・次に、キノコをはやした古い朽ちかけた切り株に話しかけた。



「切り株さん切り株さん、私の居場所、私の安らげる場所、私にとっての天国はどうすれば作り上げられますか?」



「ススキが言ってただろう、一代でやり遂げようとするなと。



自分の亡骸を次世代のこやしにするつもりで取り組みなさい。



身を挺しなさい。



そうすればそこは天国になっていくだろう」







・まだ細いけれども背のすらりと高い木に出会った。



「私の居場所、私の安らげる場所、私にとっての天国はどうすれば作り上げられますか?」



「上を目指しなさい。他のモノよりも早く高みに達しなさい。競合のいない場所で勝負するんです。



他に抜きんでなさい」







・ヤマブドウはこういった。



「私をご覧なさい。私は自分の実をみのらせているだけなのに、そのお裾分けを求めて たくさんの動物たちが寄ってきます。



そしてそのもの達はとても私の存在を喜んで私を大切にしてくれます。



まず自分が楽しむのです。自分がやりたいことをやり、それを楽しむのです。



その楽しみを周囲にお裾分けすればいいだけです。





もう自分の世界にお帰りなさい。自分の世界にも答えはあるはずですよ」







・私は元来た道を通り、小さな花壇のあった庭に帰った。



その庭には立派な門があった。



門は私に告げた。



「安らげる居場所が欲しいならね、まずは門を作りなさい。



境界がどこかを示す立派な門を。



そしてそれをいつも開いていなさい。



入りたい者はいつでも入れるように。そして出て行きたい者はいつでも出て行けるように。」







・最初の小さな花壇に戻ると、そこにはたくさんの花が咲きほころんでいた。



花々は美しくたおやかで、周囲に喜びをまき散らし、そして低い囲いでかこってあった。



「すべての答えは最初からここにあったんだね」



立て札の蝶に話しかけたけれども、もう返事はなかった。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 17:40| 木々など高次元からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

批判されるんじゃないか、攻撃されるんじゃないかって、実はかなり怖かったんです。

この度、11/11の日記で、自分自身の秋季ウツ傾向と、

「私には均一な速度で均一な質の作業をすることが難しい」ということをカミングアウトしました。

  http://ameblo.jp/tamahomisio/entry-11075305228.html




そして、がんばって努力するというのをもう手放そうかと思っている、と書きました。



ご迷惑をおかけしたりするかもしれないが、時々お仕事の滞るこんな私のことも温かく見守ってほしい、と書きました。



そして時々ちょっと手助けしてもらえると嬉しい、とまで。





そうしたらなんとも温かい心のこもったコメントの数々が・・・泣き顔

特にミクシィの日記
の方に・・・

(お返事できておりませんが、本当に嬉しく何度も読み返してますぴかぴか(新しい)



個人メッセージや個人メールでもたくさん共感と受容に満ちた言葉をいただきました涙



本当に嬉しい。





実は、かなり怖かったんです。



こんなこと書いたら批判されるんじゃないか、攻撃されるんじゃないか、って。



こんなこと言うべきじゃないよね、こんなの甘えてるよね、わがままだよね、って。





でも書けた。



全体公開で、「こんな至らない私です。そんな私のままで生きていこうと思います。」って宣言できた。



そして「見守ってほしい、手助けして欲しい」って要請できた。



そして、受け入れてもらえた。



温かく受け止めてもらえた。



批判なんて、ひとつもされなかった。





これは、かなり大きなブレイクスルーですよ!?



クララちゃんを得て、失い、嘆きのプロセスを経て、自分の内なるクララちゃんを大事に抱きしめることができました。



私は生まれつきいびつで、欠けていて、うまく生きられず、周囲に迷惑を掛ける。



それでもいいと言ってもらえるなら、自分を責めるのを止められる。



自分の内なるクララちゃんを肯定して、優しく抱きしめて、一緒に生きていける。





すごく大きなインナーチャイルドの癒やしです目がハート



私は私のままでいい。





 クローバー





クララというのは、私が飼っていた生まれつき足の悪いヒヨコです。



彼女は私の天使でした。



彼女と出会えたことは私にとってミラクルでした。



わずか三ヶ月という短い命の中で、どれほど大きな気づきと癒やしを私にもたらしてくれたことか。





※クララを飼うことになった経緯。

「セキセイインコが名古屋コーチンに化けました。足の悪いヒヨコ。名付けてクララ。もしくはクレール。」

http://ameblo.jp/tamahomisio/entry-10975851875.html



※クララちゃんは私のインナーチャイルドの象徴でした。

「森に捨てられたインナーチャイルドちゃんを回収しました」

http://ameblo.jp/tamahomisio/entry-11010263914.html




※その短い命を閉じるときも、多くのことを教えていってくれました。

「クララ哀悼。あなたが居てくれたから私は強くなれた。」

http://ameblo.jp/tamahomisio/entry-11063040202.html








養鶏場からは「要らない」と排除の対象になるであろう足の悪いヒヨコ。



そして、実際に長く生きられなかった障害のある体。



そんなクララちゃんが私にとってはどれほど愛しかったか。大切だったか。





役に立つかどうか、卵を産むかどうか、見た目が均整取れてるかどうか、健康な体を持ってるかどうか。



そんなことで命の価値は決まらなかった。



存在の重さはそんなところで決まるのではなかった。



そのことを体をはって教えてくれました。







私の愛を受け取ってくれた、私になついてくれた、私の愛を受け取ってくれ、そして愛し返してくれた。



そのことがどれほどの歓びと勇気づけになったことか。



クララちゃんは「在り方」のモデルとなってくれました。





私は周囲の幸せを祈りつつ「自分にはなにをする能力もない」「なにをやってもうまくできない」と自分を責めやすいのですが。



私は役に立とうとする前に、愛を受け取ればよかった。



自分のことを役立たずとののしる前に周囲の人を愛すれば良かった。



まず、有能であろうとする前に周囲と愛のエネルギー交換をすればよかった。



それから、有能であろうとチャレンジすれば良かった。



その方がきっとずっとうまくいく。





これからはもっとうまく、自分自身を愛し、周囲から与えられる愛を受け取っていけるような気がします。





クローバー





この一連の大きな気づきと癒やしですが、



実は私は福本いずみさんの「ハートウォームエナジー」のアチューンメント効果なんじゃないかと密かに思ってるんです。





6/30に受けさせていただいてから、ものすごく大きな変化が私を訪れました。



クララとの出会いもその後に起こりました。





欠けたところのある私、劣ってるところのある私、普通と比べていびつな私では誰からも受け入れてもらえない、愛してもらえるわけがない、という強い思い込みが、深いところから癒やされました。



ハートウォームエナジー、興味のある方はぜひ。



「自分を愛すること、または人を愛することがうまくできない人やインナーチャイルドの癒しをしてくれるエナジー」なんだそうですが、まさに今回私に起こったこととドンぴしゃですよね。

http://www.fairy-blue.com/2shop/e_healing/transcription.html




いずみさんによると、

「必要な時に自動的にこのエナジーが流れます。

それは一生の間、ずっと続きます。あなたがすっかり忘れてしまったとしても、です。」



だそうです。

すごいことですよね?

posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 17:38| 怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

落ち込んでます(><)こんな私ですが、温かく見守っていただけると幸いです。

秋季ウツの傾向があり、毎年10月や11月に落ち込むことが多いたまちゃんです、こんにちは!



今年はタイ合宿や東京出張があり、忙しいやら充実してるやら楽しいやらで11月始まっても調子よく過ごしていたのですが、



やっぱり今年も来ちまいましたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)なはわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)





何をする気にもなれない。



気分がふさいで仕方ない。



孤独感にさいなまれる。



不安感と焦燥感でどうにもこうにも落ち着かない。



内側から「誰か助けて!」という悲鳴が聞こえる。





でも、その悲鳴に対処する方法を思いつかない。





今までいろんなことに取り組んできたよね、



できることは全部して、癒やす傷は一通り癒やしたよね、って思う。



外す思い込みも一通り外したよね、って。



もう後は持って生まれたものってことだよね、個性だよね、って。



こういう不安定さ、こういう生きづらさと一生付き合っていくんだろうな、って。





私が足の悪いヒヨコ、クララちゃんに感情移入したのもこれ故。



生まれつき、生きづらい。

生まれつき、不自由。

それでも生きていかねばならない。



普通に歩こうとして歩けない。

なんでもないところでこける。

そしてすぐには立てない。

もがいてあがいてやっと立って、またこける。



みっともないかもしれないし格好悪いかもしれないけど、それを続けていくしかない。





クララが立ってはこけ、数歩あるいてはこけ、バタバタと羽をはばたかせてもがく姿に

すごく自分を見ました。



「まるで私だ」と。







数年前に、自分の対人恐怖はこれ以上はマシにならないらしい、と受け入れました。



努力や癒やしでどうにかなるレベルはもうやり終えた、

これ以上は個性であって直すところではないらしい、と。





今、自分自身の不安定さや弱さ、落ち着かなさを受け入れようと思います。



 ※あ、うまく付き合っていくための工夫は色々やる気です!お灸とかあせあせ

  瞑想や呼吸法もやってますし。

  なにかいい方法をご存じの方からのアドバイスもお待ちしてます!



私は時々、理由なく落ち込む。



私は不安発作とか孤独発作とも呼びたくなるような、突然の不安感や孤独感に襲われることがある。



そういうときには、仕事が滞る。



そういうときには、事務的なメールの返信作業などが遅くなる。



(セッションをやる、ってことにはそんなに影響ないんですけど。セッションは私にとって喜びですからぴかぴか(新しい)





そんな弱くて頼りなくていびつな私です。



時々、周囲に迷惑を掛けてしまう私です。



均一な速度で均一な質の作業をすることが難しい私です。



お仕事なのに。



そんな私でごめんなさいね。





でも、私はそんな私を責めて直そうとしてがんばって努力する、というのを、もう手放そうかと思っています。



「これが私だ」「私にはこういう時期が定期的に来る」と受け入れようと思っています。





ご迷惑をおかけしたりするかもしれませんが、

こんな私がなんとか生きていくことを寛容に見守っていただけると幸いです。



そして、ときどきちょっと手助けをしていただけると、もっと嬉しいですぴかぴか(新しい)





そうですね、話し相手をしてくださる、とか。



温かい言葉をかけてくださる、とか。



なにかが滞ってるときにゆっくり待っていただける、とか。



さりげなく催促してくだる、とか。



「なにか手伝いましょうか」って言っていただける、とか。





温かく見守りつつ、そういう風に手伝っていただけたら、とても嬉しい。





満月も今日終わったことですし、多分ちょっとずつ落ち着いて行くと思います。



メールのお返事やコメントのお返事など、少しずつはじめられると思います。



この日記を書けてますしね。



ご心配おかけした方がいらっしゃったらごめんなさいね。



posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 17:37| 怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やられた・・・(><) 一瞬目の前が真っ暗に・・・

昨夜一晩かけて改訂したタロット教本のファイルがクラッシュ。

何時間も何時間も費やした文章がすべてパーに・・・。

その悔しさに耐えきれず、罪のないダンナにさんざん当たり散らしちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)

ダンナ、ごめん!あせあせ



というわけで、今、また何時間も掛けて書き直し中。

「タロットとはなにか」の文章、ちょっと読んで見てくださいな。

こんな感じ。

どうでしょう?


  −−−


タロット占いは、タロットカードを介して自分の内面と深くつながる方法です。

決して未来をのぞける便利な道具ではありません。

あなたの潜在意識、ひいては人類の共通無意識にせまることのできるもの。

「未だ言葉にならざるもの」を汲み上げすくいあげるきっかけとなりうるもの。

あなた自身の内なる叡智にアクセスすることを助けてくれるもの。


タロットカードには、魂の成長の道筋、段階が象徴として描かれています。

だからこそ、その抽象的であいまいな図柄を見たとき、あなたの内なる叡智が刺激され、うごめき出すのです。

そのうごめきを見つめ、暗闇のカオスの中の形なき「未だ言葉にならざるもの」をすくい取る。
そして「言語」という形を与えていく。
それが、「タロットリーディング」、「タロット占い」です。

タロットカードは介在者にすぎない。

あなたをインスパイアして魂のうずきに目を向けさせるきっかけにすぎない。

すべて、あなたの内側に生じたもの。

あなたの内側から汲み取るもの。



誰の心の中にも、言葉を持たないけれども野性味と生きる力にあふれたワンダーチャイルドが住んでいます。

言葉を持たないぶん、人類の共通無意識、いえ、ガイアの共通無意識とすらダイレクトにつながる叡智に満ちたワンダーチャイルドが。

それは、サリバン先生が来る前のヘレン・ケラーのような存在。

両親(顕在意識)と対話する術を持たない。

なにも伝えられない。

そんなヘレン・ケラーの元にサリバン先生が訪れ、辛抱強い指導ののち、ヘレン・ケラーはとうとう「ウォーター!」と叫びます。

それは、あなたとあなたの潜在意識が「私たちは意思の疎通が可能だった!」と悟った瞬間です。

大きな可能性が開いた瞬間。

顕在意識と潜在意識はコミュニケーション可能だった。

私たちは大きな可能性を秘めたワンダーチャイルドとさまざまな叡智を分かち合うことができる。


ヘレン・ケラーとサリバン先生は指文字を用いて対話しましたが、
潜在意識と顕在意識は、「身の回りの偶然の事象」を用いて対話します。

お菓子を入れたお皿をひっくり返すことでテーブルの上に現れるカオスからも、私たちは自分の潜在意識を読み取れる。

様々な図柄が描かれた78枚のカードをシャッフルし、任意に並べた結果にも、「身の回りの偶然の事象」が現れます。

そこからも、潜在意識は読み取ることができるのです。

お菓子よりも、タロットカードの方が体系的に「魂の成長の段階」が描かれている。
だから読み取りやすい。
人の悩みやすいポイント、つまづきやすいポイント、人が成長の途中に知ると助けになりやすいポイントが端的に出やすい。

だから、タロットカードなのです。

だから、「タロットを丸暗記したら未来がわかるようになる」わけではないのです。

そのことは、理解していただけたでしょうか。

タロットを暗記したら未来がわかるようになるのではなく、

「偶然引かれたタロットカードの織りなすハーモニーが自分の中の何を刺激するか、に目を向けるのがうまくなったら

自分自身の潜在意識(内なるヘレン・ケラー)が何を伝えたがってるかを汲み取ることができる」

のです。


今、自分が直面してる課題は何か。

今、自分が挑戦すべきは何か。

今、自分は魂の成長段階のどのへんにいるのか。

そんなとき、何に気をつけてどのような在り方でいれば一番スムーズに進めるのか。


それを教えてくれるのが、タロット占いなのです。

タロットカードなのです。



以上、文中の「自分」はすべて「相談者」に置き換えてもかまいません。

各人の潜在意識は共通無意識とつながっています。

だからこそ、「初対面の他人を占う」ことが可能なのです。

この教本に書かれてることは単に参考止まりにして、
それより何より、目の前に繰り広げられる偶然の事象が、自分の中に(そして相談者さんの中に)どんな波紋を投げかけるのか。
そこに集中しましょう。

そこからどんな「未だ言葉にならざるもの」が浮かび上がってくるのか、に集中してください。

すべての答えはその人の中にある。

いえ、すべての答えはその人の中にしかないのです。

 −−−

超荒削りな文章ですが。

もうちょっと時間を掛けて練り直していきたいな。

今はこれで!
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 17:35| タロット占い関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クララ哀悼。あなたが居てくれたから私は強くなれた。

タイ合宿中、留守宅の夫からクララの訃報を受け取りました。

朝起きると冷たくなっていたとか。

クララというのは、私が飼っていた生まれつき足の悪いヒヨコです。

※クララを飼うことになった経緯はこちら。
http://ameblo.jp/tamahomisio/entry-10975851875.html


※クララちゃんは私のインナーチャイルドの象徴でした。
http://ameblo.jp/tamahomisio/entry-11010263914.html


生まれつきクララには骨格に障害があり、足も背骨も曲がってました。




↑私の後を付いて歩くクララの動画




体が小さいうちは上の動画のように片足でヒョイヒョイ歩けていたのですが。

少しずつ大きくなるに伴い、片足で立つのが難しくなり、すわりっぱなしになり始め・・・

私がタイに行くしばらく前から、「要介護ニワトリ」でした。

生まれ持った障害が、成長と共にひずみを大きくしていったのでしょうね。


早すぎる死でしたが、彼女なりの精一杯の寿命だったのでしょう涙



敏朗撮影 ひび割れ卵 20110725ヒヨコどアップ

DSC_0086 DSC_0079

DSC_0064 DSC_0057


可愛いでしょう?


本当に可愛い子だったんです。


私に、愛させてくれました。

私の愛を受け取ってくれました。

私に抱きしめさせてくれました。

私になでさせてくれました。

私を見たら飛んできてくれました。

私の足下に潜り込んでくれました。


私の椅子の下が一番居心地がいいらしく、定位置でした。

椅子の下のクララ

「愛させてくれる」ということが、どれほど人を勇気づけるか。

「愛を注ぐ先がある」ということが。

「愛を受け取ってもらえる」ということが。

そのことを私に教えてくれました。



私は『You Raise Me Up』(あなたが私を引き上げてくれる) という曲が大好きでよく聴くのですが、その歌詞の解釈が変わりました。

「You」とは、なにか力強くて大きな存在のことだと思ってました。

神とか。恋人とか。


そうじゃなかったんですね。

弱い者こそが、私たちを引き上げてくれるのですね。

私たちの愛を受け取ってくれる、弱くてあどけない存在こそが。

そんな存在がいてくれるから私たちは強くなれる。


クララ、あなたが私を引き上げてくれました。

あなたが私を強くしてくれました。

私の愛を受け取ってくれたから、私は私を超えられました。


http://youtu.be/_1_MydgRFZw


↑ぜひ見てみてくださいね。感動します。歌詞の意味がすごい伝わってくる。

 

『You Raise Me Up』歌詞全文はこちらから

http://www.lovecms.com/music-josh-groban/music-you-raise-me-up.html





ざっくり訳すと、



 あなたが引き上げてくれるから
 山々の頂にだって立てる

 あなたが引き上げてくれるから

 荒海だって越えられる


 あなたに支えられるなら

 私は強くなれる 、自分を超えられる





という意味の歌詞です。




クララ、あなたが私に教えてくれたこと、一生忘れません。

私は弱くてよかったし、いびつで良かった。

私は役に立たなくてよかった。


自分自身の弱さ、至らなさを愛します。

そして、自分に注がれる愛を受け取ります。


私を愛してくれる存在(家族とか、友人とか^^)からの愛を受け取ることは、私自身を強くするだけじゃなく、

私が彼らの愛を受け取ることが、彼ら自身をエンパワメントする。

私は愛していい。

そして愛を受け取っていい。



クララ、安らかに眠ってください。

これからも私にあなたを愛し続けさせてくださいね。

そして、最期の時に一緒に居てあげられなくてごめんなさい。

調子の良くないあなたを置いて旅に出ちゃってごめんなさい。

寂しい思いをさせちゃってごめんなさい。

そのことだけが心残りですがく〜(落胆した顔)

あまり苦しまなかったのなら良いのだけど。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 17:32| インナーチャイルドの癒やし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3人以上の人間が集まることで癒しや目覚めや成長が加速する

しばらく前につぶやいたんですが、最近対面個人セッションへの予約の入り方が鈍いです。



「講座は早々に満席になったり残席わずかになるものが続出なのに。



そしてスカイプセッションの予約は非常に順調なのに。



何が起こってるのでしょうね。



こういうことって今まであまりなかったことなので本当に不思議です。



どなたか講師の先生をお招きすると、セミナーよりも個人セッションの方が先に埋まる、っていうのが定石だったんです、今までの傾向としては。」



とつぶやいたところ。



いろんな方から興味深いご意見をいただきました。



シフトチェンジなのではないか、



誰かにリーディングしてもらうんではなく自分でわかりたい、そして仲間とつながりたいって方が増えてるんじゃないか。





スピリチュアルヒーラーちはらだくにこ
さんからは、



『21世紀はグループワークの時代になるといわれていました。



3人以上の人間が集まることで癒しや目覚めや成長が加速すると。



さらにはたまちゃんが成長に関わってこられた方々が、個人セッションから、

セミナーで人とつながるステージへとシフトしていらっしゃるのかもしれませんね。



多くの方が、個人セッションで入って来られて

やがてワークショップにシフトしていかれます。



その後の参加者同士の相互互助的な活動によって、自立も早いからでしょうね。』



と。



なんか、嬉しいですね☆

私と私の周囲の大事なメンバーを祝福していただいた感じがします♪

posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 16:44| 私のコーチングに対する想い・私のコーチングスタイルの特長など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読んでて涙が出てきました(;;)







あづまさんがまたメルマガに私をこんな風に・・・



読んでて涙が出てきました(;;)



あづまさん、ありがとうございます。



そして「生たま」、笑いました(^^)







-----Original Message-----





★女と男の「心のヘルス」−癒しの心理学 号外 2011.10.26



白い紙に、インクのシミをつけたみたいなものを見て、



「これは何に見えますか?」



その人の、心の中にあるものが投影されて見えてくる、

そう、有名な「ロールシャッハテスト」です。





人は何かを見たときに、自分の心の中にあるものと、

重ね合わせずにはいられないものなのです。





珠帆美汐さんによると、

『魂の成長を促すタロット占い講座』で教えている、

タロット占いの方法は、



「カードを使ったロールシャッハテストのようなもの」



その中に、自分の心を映し出すわけです。

クライアントに対して行う場合は、

クライアントの心を映し出すわけです。





占い師が、

「悪魔のカードね。あなた、不倫してるでしょ。」



なんて言い当てようとする、みたいな占いとは一線を画す、



心理学的にも、深くうなずける手法です。







こんにちは。あづまです。

今日も読んで下さってありがとうございます。



今日は、魂の成長を促すタロット占い講座のご案内です。

心からオススメですので、ちょっと興味があるという方は、

しばし、おつきあい下さいませ。







◆ 本当は、ロールシャッハテストを超えています。



少し古い心理分析は、フロイトの夢分析なんてそうですが、

決められたパターンに当てはめて、分析していました。



一方、たとえば、ゲシュタルト療法の夢分析は、パターンに当て

はめるのではなく、自分で夢の登場人物になってみて、



何を感じるか、自分の心で感じてみます。



最近の心理療法は、自分で感じたものを大事にする、

という方向に進歩してきています。





そのような意味に照らし合わせて考えると、



珠帆美汐さんのタロット占いは、

カードの中に、自分の思いを映し出して、



なおかつ、その解釈は自分自身で行う、わけですから、





心理療法やコーチングの世界ですね。



単なる心理分析を超えています。





カードをきっかけにして、

自分の内面に気づく。





そんな、深い方法になっています。





◆ わくわくしますね!



講座が待ち遠しいですね。



私も実は、趣味でタロット占いをやったりしていたので、

本格的に学ぶのは今回が初めてで、非常に楽しみです。



一応講座の運営係なんで、お昼の中華弁当を注文したり、

そういう仕事があるのですが、



忘れてタロットに没頭していたらすいません(汗)





カードを前にして、どんな質問を繰り出すのか、



カードを広げる前に、どんな問いを立ててから臨むのか。



そんな、コーチング的な部分も興味があります。



>と、珠帆美汐さんにプレッシャーをかけてみた(笑)





私も、一緒に講座を運営する者として、

珠帆美汐さんのタロット占いについて、

詳しく打ち合わせているのですが、



実際に現場で体験するのは今回が初めてなので、

わくわくしています!





え? あづまさん初めてなの?

じゃあ、本当のところは分からないんじゃないの?

出てみて、がっかりとか?





まあそれはないでしょうね。



珠帆美汐さんのワークショップは何度も一緒に開催していますが

いずれも非常に質が高かった。



なので、安心しておすすめできます。







セラピストなどの、相談業で開業を考えている方へ:



セラピーより占いの方が、普及してるでしょ?



占いをメニューに入れておくと、

敷居が低くなるんですよ。



その手の話は、こちらの講座で話しますんで。



「地盤」「カンバン」「羅針盤」で考える、

駆け出しセラピストが上昇気流に乗る方法 セミナー

http://www.556health.com/sp/jiban/






◆ 魂の成長…



人は、生まれるときに、

自分の人生の青写真を持っていると言われています。



親や先生による刷り込みや、社会の要請があっても、

最後には自分の心の声に従いたくなる、

そのような面を、誰でも持っているんですね。





恋愛セラピーで、相談を受けていると、



なかなか結婚できないんです。

なかなか彼氏が出来ないんです。



この手の悩みを持たれている方の一部に、





自分が生きるべき生き方をしていない。

それが、根本的な原因、という方がいらっしゃいます。





私自身も、今の仕事に就くまで、

会社でも同期の社員たちのようには、なじめなかったですし、



今の仕事につながる道を模索し始めた頃に、

奥さんと出会っているんですね。





結婚さえも、

この世界で、自分の座るべき席に、

ちゃんと座るからこそうまく行く。



そういうことって、あると思うんです。





自分はどういう生き方をすべきなのか、

自分の魂の声はなんと言っているのか、



それを、完全に知る方法はたぶんないと思うんですが、

何らかのヒントを得る方法は、ほしいですよね。





タロット占いを通じて、

自分の生き方を見つめてみる。





これって、なかなか深い話だと思うんですね。



そしてもちろん、そのような目的だからこそ、

出たカートの解釈は、第一義的には、自分でする。



そういう姿勢が大事なんですね。



そういう意味で、珠帆美汐さんのタロット占い講座は、

おすすめなんです。





◆ 本当は、そこじゃないんです。



と、ここまで、珠帆美汐さんのタロット占い講座がオススメ

である理由を書いてきて、何か違うな、と思いました。



本当は、講座の質以外の部分、言うなれば、

珠帆美汐さんの人柄に触れてほしいんです。





世の中には、本音の部分では自分だけ得をしようとか、

表面的には相手のために行動しているように見せているけれど、



それは、嫌われたくないからで、

大丈夫と分かると自分の都合で行動する人とか、



そういう裏表のある人って、必ずいると思うのですが、



一緒に仕事をしていると、そういう人との関係って、

いつか嫌になったり重くなって、続かないんですね。



セラピストとしての、ビジネス講座でも、



あ、これね。

「地盤」「カンバン」「羅針盤」で考える、

駆け出しセラピストが上昇気流に乗る方法 セミナー

http://www.556health.com/sp/jiban/




この世界には、あなたの銀行口座の残高と同じように、

人間的な信用の残高があって、



あなたの行動によって、信用残高を増やすこともできるし、

信用残高を減らすことも出来てしまう。



瞬間的に儲かるビジネスをすることは可能だけれども、

内容が伴っていないと、銀行口座の残高は増えるけど、



人間的な信用の残高は減ってしまうよ。





みたいな話を最初にお伝えしようと思っているんですが、





珠帆美汐さんと、これだけ長いこと関係が続いている理由は、



そういう意味での正義感・公平感のバランスがいい人なんですね。





この人と関わっていると、自分のバランスがとれていく。

そう感じさせる人なんです。



珠帆美汐さんは色々と魅力があって面白い人なんですが、



人間的なバランス。



そこが、私が感じる、珠帆美汐さんの一番の魅力かな。





人って、身の回りにずるい人がいたり、

本人の都合を押しつける人がいたりすると、

相手に対抗しているうちに、



だんだん、自分も嫌なやつになりがちじゃないですか。





また逆に、自己否定的な人がいたり、

「私って魅力ないよね?」みたいな、相手に

「そんなことないよ」と言わせる質問の多い人がいたりすると、

(これはつまり、依存的な人、ということですが)



だんだん、その相手を見下したい気分になってきたり、

逆に、気分が重くなってきたりするじゃないですか。





そんなときに、バランスがとれた人、たとえば、



珠帆美汐さんと、一緒の時間、空間を過ごしていると、



本来の自分に戻れるわけです。







だから、タロット占いが役立つとか、

そういうことももちろんあるんだけど、



珠帆美汐さんに会ってほしい。



そういう気持ちで、講座を開催しているんです。





それにしても、この、

魂の成長を促すタロット占い講座って、



略して「たまタロ」って呼ばれてるんですが、

ナイスな略語ですね。





★ 魂の成長を促すタロット占い講座

http://www.556health.com/sp/tamatarot/




初級11/5・6 中級12/3・4(いずれも土日)



珠帆美汐さんを講師にお招きして、

最高のタロット占い講座を、開催いたします。



単に「当たった・外れた」に終始するのではない、

人間的成長につながる占いとは何か?



そういった深いテーマを扱う講座です。



占いは、こうあるべし!



魂の成長を促すタロット占い講座(初級・中級)

http://www.556health.com/sp/tamatarot/


お申込はこちらから↑



↑「たまタロ」で、

生の珠帆美汐さん(生たま)に会いに来てください!





★ 同時開催! skypeで参加も出来ます!

11/4(金)と12/2(金) 18:00〜21:00



★「地盤」「カンバン」「羅針盤」で考える、

駆け出しセラピストが上昇気流に乗る方法 セミナー

http://www.556health.com/sp/jiban/




なんと、skypeで参加することも可能になりました。



当日、会場とあなたのPCをskypeで多人数の会議を開いて、

つなぎっぱなしにします。



※但しskypeの負荷の関係でskype参加は最大3名。



一日だけ会場に来るっていうのもできます。

平日だし、なかなか、東京駅まで出られない、という方も、



自宅から参加できます。



ただ、一方的に内容をお伝えするセミナーではなくて、

一緒に、自分がどういうスキル・対象・売り方・メディアで、

勝負していくか、その場で一緒に考えていくセミナーなので、



講義を録音して届ける、みたいなことはできません。



その時間に、ご自宅のPCの前にいてください。





★「地盤」「カンバン」「羅針盤」で考える、

駆け出しセラピストが上昇気流に乗る方法 セミナー

http://www.556health.com/sp/jiban/




フォームにskypeで参加、という選択項目があるので、

そこから、申し込んでくださいね。









◆ 質問募集中です!

あづまに質問を送りたい方は、

次のどの方法でもOKです。

(1)ブログにコメントする(公開)

http://ameblo.jp/loveandpartnership/


(2)ツイッターで @azmax777 をつけてつぶやく(公開)

↑つけないと私が気づかないので確実によろしく。

(3)質問フォームから質問する(非公開)

https://24auto.biz/556health/touroku/556health_q.htm


(4)まぐまぐ! のクリックアンケートから(非公開)

http://clap.mag2.com/thaliovioc?goiken




★恋愛セラピー

一人で悩まずに、早めに相談。早めに解決!

http://www.556health.com/order.html






◆編集後記



最近、電話としては使えなくなった前のiPhoneが、

iPod touch相当の機能はあるわけで、家のWi-Fiでネットもつな

がるし、まだ色々いじれるので、

−幸恵ちゃんにあげたんですが− 子供のおもちゃになってます。



品川エキナカのコールドストーンクリマリー(アイス屋さん)で

アイスを混ぜるときに歌を歌ってくれるんですが、それを録画し

た動画が、なぜかお気に入りなんですよね(笑)



しかし子供はすぐ覚えるなぁ。





★ 魂の成長を促すタロット占い講座

http://www.556health.com/sp/tamatarot/




初級11/5・6 中級12/3・4(いずれも土日)

マジオススメです!



┏━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┓

応援ありがとう!まぐまぐ殿堂入り! 祝!20000部

◆女と男の「心のヘルス」−癒しの心理学

◆ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信!

・頂いたメールは、事前確認なく掲載することがあります。

・お名前はイニシャルにします。

・メール相談は行っていません。また、多数のメールを頂くた

め、個別の返信はできないことがございます。

もっと幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を求める方に情報提供

をするのが本誌の目的です。ご自身の責任にてご活用下さい。

◆制作:阿妻靖史(あづま やすし 恋愛セラピスト)

◆自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)

http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html


◆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000164141.html


(解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)

◆ウェブサイト http://www.556health.com/


このメルマガは自主的な登録によってのみ登録になります。

違法なアドレス収集は一切行っていません。

★ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします

★このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。

無断転載を禁じます。転載は【事前に】お申し出下さい。

┗━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━◇━━┛



◎女と男の「心のヘルス」−癒しの心理学

のバックナンバー・配信停止はこちら

http://archive.mag2.com/0000164141/index.html


posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 16:41| おすすめセラピー・ワークショップ・講座など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

集客系の情報お裾分け!!

対人援助系のお仕事で独立自営を目指してがんばっているクライアントさんに集客系の情報をメールしたのですが、

皆様にもお裾分け!



るんるん個人セッションだけで月110万円以上稼ぎ出す、恋愛セラピストあづまやすしさんのブログ。

現在、動画でいろんなコツなどを語られています!

http://ameblo.jp/poptherapist/




動画のタイトル

※コメントの応答の大切さ。

※1000記事超えを果たしたときに、起きた出来事。

※キーワードを意識して、記事を書こう

※起業とは、荒れ地を切り拓くこと。





るんるんブログ集客術のプロ、松原靖樹さんのブログ。

http://ameblo.jp/ym11/


記事内容もさることながら、デザインやアメブロの活用実例という意味でも参考になります。



※メルマガもとっても面白いしお役立ちですよ!



◎強みビジネス養成講座〜成果を導く自己プロデュース術

のバックナンバー・新規登録はこちら

http://archive.mag2.com/0001073240/index.html




るんるんあと、私のビジネスパートナー、sachinがウェブデザイナーで、

無料簡易HP作成ツールJIMDOの使い方指導やひな形だけの作成なども

請け負ってます。

アメブロのカスタマイズもやってくれるそうです。

http://www.rounddigital.net/




※私と一緒に、こんなサービスもやってます↓

http://therapist-jp.com/modules/pico/index.php?content_id=20


コーチング+コンサル+チラシ作成+名刺作成+HP作成手ほどき、など

開業したいセラピストさんのためのスターターパック!!



もしピンと来たら依頼してみてくださいな!



ではでは!

posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 16:37| おすすめセラピー・ワークショップ・講座など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Aふたこさんを泣かしちゃいました

昨日の日記の続きです。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1772365104&owner_id=143981

その日、琴似神社の境内で、ケヤキの巨木の横にあった石に腰掛け、



ケヤキの木に心の中で話しかけました。



ケヤキの木はとても喜んで迎えてくれました。





これ、いつもなんです。



木々と対話するようになって数年たちますが。



毎回、「良く来た良く来た」とものすごく温かく迎えてもらえるのです。



まるでその様子は、眼に入れても痛くない孫が訪ねてきた時のおじいちゃんおばあちゃんのよう。





そしていつも「私たち(木々)はあなた方(人間)が大好きなんだよ」というメッセージをくれます。



今回もそうでした。


私 「どうしてあなた方はそんなに私たちのことを好きでいてくれるんですか?

 

     私たちは木々を切ったり大気を汚染したり、自然破壊ばかりしてるのに。」



ケヤキ 「あなた方が"神の子"だからだよ。

      

     あなた方人類は、地上に降り立った救世主なんだよ。」






私は耳を疑いました。



いや、耳に聞こえてくるわけじゃないんですけどね頭の中に直接"思考"が流れ込んでくる感じなんですが。





私たち人類が地球の救世主?



どういうこと?



私たちはむしろ悪の手先、悪の権化じゃないの?




欲望のままに地球を破壊してる癌細胞のような存在じゃないの?



私たちさえ生まれなければ今のような危機に地球は陥らなくて済んだんじゃないの?



人類の悪行の結果、たくさんの動物たちが絶滅に追いやられてるんじゃないの?





たくさんの疑問が頭の中をぐるぐる回りました。



それにかまわず、ケヤキは続けます。


ケヤキ 「私たちは長年あなた方を待ち望んできた。



     あなた方人類が地上に現れてくれたとき、私たち(木々と人類以外の動物たち)はみんな喜んだよ。



    長年待ち望んだ救世主の降臨!



    それ以来、私たちは総力を挙げてあなた方を守り育ててきた。



    ここまで育ってくれて、とても嬉しく思ってる。」





私はここで口を挟みました。



私 「総力を挙げて守り育てた?



       私はあなた方の根元で飢え死にした過去生の記憶があります(これホント)。



      あのとき、あなた方は何もしてくれなかった。



      私はまだ二三歳の子供だったのに。



      恐怖と飢えで助けを求めて泣き叫んだのに、あなた方は私を見殺しにしたじゃないですか。



      私たちが神の子で、私たちのことをそんなに愛してくれてるなら、あのときなぜ助けてくれなかったのです?」


ケヤキ 「毎日、たくさんの生き物が私たちの根元で死んでいく。



        虫が死に、小鳥が死に、ウサギが死に、鹿が死ぬ。



        人も死ぬ。



        私たちはそのことにそんなに意味を見いださない。



        私たちは"死"を特別なこととは思わない。



        いのちは日々生まれ、日々死んでいく。私たちはそれを淡々を見守るよ。



        ただ、みんなが死んだ後、その死体を抱きしめる。しっかりと。



        そしてその命を次につないでいく。



        過去生のあなたの体も、私たちがしっかり抱き留めて養分として取り入れ、生かしたよ。」

ケヤキ 「あなた方は私たちと違う。



          "死"に際して、大きな感情エネルギーが動く。



          恐怖や嘆きや怒りの大きな感情エネルギーを放出する。



          その大きな感情エネルギーゆえに、あなた方は神の子なんだよ。



          "死"に際して大きな感情が動くことこそが、あなた方が神の子である由縁。」





死を恐れ、死に際して恐怖や嘆きや怒りの感情をほとばしらせることが神の子たる由縁?



なぜ?どうして?



ますますわかりません。

私 「死を特別なこととは思わない?



       地球上で多くの種が絶滅したり絶滅の危機に瀕してることも、なんとも思わないのですか?



     アマゾンであなた方の兄弟が大規模に伐採されてることも?」
ケヤキ 「私たちは運命や宿命を淡々と受け入れる。



        死を恐れない。



        種の絶滅を深く悲しみ、なんとかしようとするのはあなた方だ。



        アマゾンの伐採を嘆き、どうにかして止めようとするのはあなた方だ。



        私たちじゃない。



        そしてその悲しみゆえに、あなた方は神の子なのです。



        救世主なのです。」


ケヤキ 「あなた方ひとりひとりが救世主です。



         人類の中に救世主が一人現れるのではない。



         あなた方ひとりひとりが救世主です。ナウシカです。



         あなた方ひとりひとりが、それぞれ、"失われた大地との絆"を結び直すのです。」

(木がナウシカ知ってるの?っていうツッコミはナシで^^;多分、私が脳内翻訳してるってことだと思います)





琴似神社でケヤキの木からもらったメッセージは以上です。



私はとても驚き、混乱したまま、この話をふたこさんに話しました。



ふたこわたる
さんはネイティブアメリカンの自然との共生の知恵を学んでらっしゃる方。



自然を愛し、地球を愛し、自然破壊や環境破壊を深く憂いてる方。



そんなふたこさんなら、「人類が地球の救世主なわけがないよね?」って一緒にいぶかしんでくれるかと思ったんです。





そしたら。



「・・・知ってました・・・」って。



目を潤ませながら。



涙をこらえながら、「すいません、知ってました」って。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 16:33| 木々など高次元からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ふたこさんを泣かしちゃいました

皆様。昨日の日記にたくさんのイイネとたくさんのコメントをありがとうございます
とても勇気づけられました、ありがとうございました


今日はふたこさんを泣かせた話を書きたいなと思います。




2010年10月08日に、「もじもじしちゃう告白その2。木々とお話したはなし。」というタイトルで日記を書きました。
http://ameblo.jp/tamahomisio/entry-10670519559.html

ふたこわたるさんの「ネイティブアメリカン自然との共生の知恵ワークショップ」を通して、

木々との対話を経験しちゃった話を書いてます(汗


「木々と対話」(汗

イタイですかね(><)


私、あんまりこういうこと書くの、好きじゃないんですがく〜(落胆した顔)

自分を特別視し、自分に酔ってるみたいで、照れる。

でも、事実は事実なんです。

ふたこわたるさんの第二回「ネイティブアメリカン自然との共生の知恵ワークショップ」の内容で、

「木にカウンセリングしてもらう」というのがあり、

木に問いを投げかけると、答えが浮かんでくるという体験をしました。

その内容が的確で深い。

そして、私が思ってもみなかったことを教えてくれる。



つながってる先が「木」であるという保証はない。

もしかしたら「精霊」なのか、もしくは「天使」なのか、「ハイヤーセルフ」なのか、わかりません。

実は「動物霊」や「ゴブリン」だったりするかもしれないわけです。

単なる私の内部で起こった妄想である可能性も高い。


でも、それでもイイと思うんです。

どことつながってるのか、どこからメッセージ受け取ってるか、誰にもわからない。

誰にも検証できない。

だったら自分が力強く自分らしくあれるメッセージならば受け入れていこう。


ふっと伝わってきたメッセージを受け取るか否か選ぶ基準は、自分の人生に役に立つか、世界になにかプラスになるか。

ホンモノかそうじゃないかではなく。

どことつながって得られたメッセージなのか、ではなく。

それは検証しづらいことだから、

それよりも「自分の人生を良いモノにするかどうか」「世界に何かプラスになるかどうか」で選んでもいいんじゃないか。

そう思うんです。





8/28、光輝君と私のコラボセミナー「タイ合宿直前ワークショップ」のワークの一環として、

みんなで琴似神社に行きました。

琴似神社で各自思い思いに瞑想の時間を取ってもらったのですが、

私は立派なケヤキの巨木の横に座り、対話を試みました。

そしてとってもびっくりな、ちょっと受け入れがたいことを言われることになったのです・・・

                                      (つづく)
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 16:20| 木々など高次元からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング」はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。