こちらではこんなコラムが読めます。

 ・いじめられっ子からの乗り越えストーリー  ・ネガティブを抱えて生きる象徴「キノコ荘物語」

 ・私のコーチングに対する想い/私のコーチングスタイルの特長など

 ・インナーチャイルドの癒しの旅  ・自分史:夫との出会い  ・魂に響く絵本・児童文学  ・自分史:占い師への道  ・過去生の記憶(魔女狩りの記憶 他)  ・私は声が出なかった(場面緘黙症だった記憶)  ・おすすめセラピー・ワークショップ・講座など  ・私の年表

 ・怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える

【珠帆美汐のサイト、ブログ、各種サービスなど】   banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング

アメブロ \ フェイスブック \ ツイッター\ 魂の成長を促すタロット講座(たまタロ) \魂の成長を促すコーチ養成講座 \   ライトワーカー応援サイト「珠帆印」 \ 現実を動かす7ヶ月間グループセッション〜セラサポ

2008年05月01日

私は「声にこめられたエネルギー」を大切にするコーチです

コーチングを始めてから、“声”について考えることが多くなった。

“声”には多くの情報がつまっている。


心を開いた声、覚悟の決まった声、心を閉ざして上辺だけで会話しているときの声、本気でそう思っていないときの声、明らかに違う。


心を開き、覚悟を決めた人の声は、まっすぐに人の心を打つ。

そんなとき、下腹の辺りから発せられた 深く力強い声が 直球で人の胸に届く。

内容ではなく、声にこもった真剣さ、思いの深さが人の心を動かす。



自分がコーチングを受けていて思うのは、そんな「本当の声」を発するとき、自分自身も己の思わぬ力強さに驚き、感動している、ということ。

下腹の深いところから発せられた、力強い真実の声は、自分自身の胸も震わせる。


人は「本当の声」を出すとき、自分自身の力強さに目覚めている。


だからコーチなど対人援助職の仕事の重要な部分は、クライアントの本当の声を引き出すこと。クライアントの警戒心をとき、心を開かせ、真実を語ってもらうこと。真剣さ、決意、覚悟を引き出すこと。


それが出来れば、コーチングは半分以上成功している。

クライアントは自分自身の熱い思いや強さに驚き、感銘を受けている。

そんな自分に一目置き始める。

自己信頼が育ち始める。

そのためにコーチがするべき大切なこと。


自分自身もまた、「本当の声」で話すこと。

心を開き、身体を開き、覚悟を決め、真摯に真実を見据えて語ること。

その気迫を、声で相手に直球で届けること。

何を話すか、という内容ではなく、声にこもった真剣さ、思いの深さが相手の心を動かす。



真実は真実を呼び、本当の声は本当の声を呼ぶ。


声が気になりだすと、次は音が気になりだした。

チベタンベルの音色は明らかに場の空気を浄化する。

「音楽は目に見えない世界の領域にあり、現実世界よりも高い波動を持っています」という人もいる。


音は振動だ。

音は鼓膜だけを振動させるのではない。

体中を震わせるのだ。

細胞の一つ一つの細胞液を震わせるのだ。

音の響きは明らかに私たちに影響を及ぼす。


言葉、声、音。

私はこれらを大切にするコーチです。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のコーチングに対する想い・私のコーチングスタイルの特長など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング」はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。