こちらではこんなコラムが読めます。

 ・いじめられっ子からの乗り越えストーリー  ・ネガティブを抱えて生きる象徴「キノコ荘物語」

 ・私のコーチングに対する想い/私のコーチングスタイルの特長など

 ・インナーチャイルドの癒しの旅  ・自分史:夫との出会い  ・魂に響く絵本・児童文学  ・自分史:占い師への道  ・過去生の記憶(魔女狩りの記憶 他)  ・私は声が出なかった(場面緘黙症だった記憶)  ・おすすめセラピー・ワークショップ・講座など  ・私の年表

 ・怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える

【珠帆美汐のサイト、ブログ、各種サービスなど】   banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング

アメブロ \ フェイスブック \ ツイッター\ 魂の成長を促すタロット講座(たまタロ) \魂の成長を促すコーチ養成講座 \   ライトワーカー応援サイト「珠帆印」 \ 現実を動かす7ヶ月間グループセッション〜セラサポ

2008年05月01日

私が子育てコーチングセミナーを通して伝えたいもの

私は、折に触れて「子育てコーチングセミナー」をあちこちで開催しています。

私の「子育てコーチングセミナー」への想いについて、考えてみました。


コーチングは、人の潜在的な可能性を開くお手伝いをするスキル。

  「あなたには、持って生まれた天賦の才能がある、

  その素晴らしい可能性を伸ばして社会に貢献しよう!

  あなたにはそれができる。

  私はそれを知ってる!」


それを伝え、支援する具体的なスキルがコーチング。

もし、親が我が子のコーチになれたら、そんなに素晴らしいことはない。


親が変わり家庭が変わったら子どもが変わる。


子どもが自分自身を肯定し、自分の持って生まれた才能を存分に伸ばせるように変わったら、

日本の未来が変わり、多分世界の未来も変わる。


だから、私は自分の知識、スキル、想いを子育て中の親に伝えていきたい。

少しずつでも。


半日や一日のセミナーでは、とてもじゃないですが「子育てに必要と思われるコーチングの知識を一通り教える」というわけにはいきません。


まずは、基礎中の基礎として、

“伝わるコミュニケーション”とはどんなものか、

“嬉しいコミュニケーション”とはどんなものか

を伝えたい。


そう、知識だけでなく、スキルを、使える“技術”を身に付けて帰ってもらいたい。

新しい知識について聞きかじりました、では終わってもらいたくない。

そのために、体験型エクササイズに時間の大半を使う。

体の感覚で、“伝わるコミュニケーション”“嬉しいコミュニケーション”を知ってもらう。


  *聴いてもらえるってこんなに嬉しい

  *受け止めて共感してもらえるってこんなに嬉しい

  *認めてもらえるってこんなに嬉しい



注目と共感と受容がどれほどの“力づけ”効果があるのかを体験型ワークを通して実感してもらいたい。



“伝わったと感じると、こんなに嬉しい”

“こういう 応対って、こんなに嬉しい”

と実感する体験を、これでもかこれでもか、と積んで帰って欲しい。


そんな体験の機会を豊富に提供したい。

人は感動することでしか、変わらない。

変容は内側からしか起こらない。


  「聴いてもらえるってこんなに嬉しいんだ」

  「受け止めて共感してもらえるってこんなに嬉しいんだ」

  「認めてもらえるってこんなに嬉しいんだ」


注目と共感と受容がどれほどの“力づけ”効果があるのかを体験型ワークを通して実感してもらい、 参加してくれた人たちの内面を、深いところから揺り動かしたい。

意味深い変化を内側から促したい。

そういう、“実感”・“腑に落ち感”を伴う内側からの変化は、「こうしたらいいらしいと聞いた」などというような聞きかじりとは全然違うものになるだろう。

その人の人格に永続的な変化をもたらすような、 成長とも変容とも言うべきものになることだろう。

そんなセミナーを開催したいです。


私の「子育てコーチングセミナー」では、

出席してくださる方に、

・“実感”

・“腑に落ち感”

を伴う内側からの変化・伝わるコミュニケーション、

人間関係に喜びをもたらすコミュニケーションのモデル

・多様な経験、多様な気づきと学び

・「目の前の人をひたすら誉める」とか、「一切自分の意見を口を挟まずに相手の話に耳を傾ける」など、今までやったことの無かったタイプのコミュニケーションを体験する機会

・逆に、ふだんの生活ではなかなかない「ひたすら誉められる体験」「受け入れられ耳を傾けられる体験」

などを提供していきたいと願っています。


今までに既に何回もの「子育てコーチングセミナー」を行ってますが、その際印象的だったのは、「誉められる体験」「聴いてもらう体験」のエクササイズを通して、受講生の皆さんの顔つきが変わっていったこと。

より柔らかく、そしてより輝く表情へ。

そして感想を述べ合う場で、「今まで生きてきて誉められたことなんかなかった」「今まで全然自信が持てなかった」と涙ぐむ姿が見られたこと。

「自分って、このままでもいいのかもしれない」というつぶやき……。


そう、私はこの講座を通じて受講生に「そのままでいいんだよ」というメッセージも届けたい。

ありのままのあなたが素敵。

そのままでいい、無理なんかしなくていい、飾らなくてもいい。

そう、お母さんの役割にある人に言ってあげたい。

お母さんが変わったら、家庭の雰囲気が変わる。

そして、子どもが変わる。

子どもがありのままの自分自身を肯定することができたら。

そして自分の欠点ではなく、長所に注目できるようになったら。

そしてイキイキと才能を存分に伸ばすことができたら。

そうすれば、日本の未来が変わる

そして、きっと世界の未来も変わる



だから、私は、「子育てコーチングセミナー」を企画し続ける。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のコーチングに対する想い・私のコーチングスタイルの特長など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング」はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。