こちらではこんなコラムが読めます。

 ・いじめられっ子からの乗り越えストーリー  ・ネガティブを抱えて生きる象徴「キノコ荘物語」

 ・私のコーチングに対する想い/私のコーチングスタイルの特長など

 ・インナーチャイルドの癒しの旅  ・自分史:夫との出会い  ・魂に響く絵本・児童文学  ・自分史:占い師への道  ・過去生の記憶(魔女狩りの記憶 他)  ・私は声が出なかった(場面緘黙症だった記憶)  ・おすすめセラピー・ワークショップ・講座など  ・私の年表

 ・怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える

【珠帆美汐のサイト、ブログ、各種サービスなど】   banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング

アメブロ \ フェイスブック \ ツイッター\ 魂の成長を促すタロット講座(たまタロ) \魂の成長を促すコーチ養成講座 \   ライトワーカー応援サイト「珠帆印」 \ 現実を動かす7ヶ月間グループセッション〜セラサポ

2008年05月01日

私にとってコーチングとは 〜フロドにサムがいてくれたように〜

 【私にとってコーチングとは
     
      〜 フロドにサムがいてくれたように 〜】

 

私にとってコーチングとは、

誰かが自分を信じて共に居てくれるということです。


フロドにサムが居てくれたように。



    ':・:*:. ☆ .:*:・:'



フロドにサムとは……何のことかわかりますか?

『ロード・オブ・ザ・リング』という映画の主要登場人物です。

この映画は私にとって特別な意味を持つものです。


私にとっては既に「映画の名作」ではありません。

私個人に届いた天啓であり、召命であり、Callingなんです。





    ':・:*:. ☆ .:*:・:'





ご存知ない方のために簡単にご説明。


映画の中で、フロドという名の主人公が、

「悪の象徴である魔力を持つ指輪を葬り去るために、

指輪を“滅びの火口”に捨てる」という旅に出ます。



サムという、忠実な友人であり従僕である存在が、

困難で危険に満ちた旅のあいだ中

フロドにずっと付き添ってくれます。




どんなにつらいときも、苦しいときも傍にいてくれるのです。





      ':・:*:. ☆ .:*:・:'




そして彼は全面的にフロドを信頼しているのです。


彼ならこの困難な使命を貫きとおせると、

心の底からの信頼と敬意を捧げている。


そして、常にフロドの半歩後ろにつき従う。

決して前には立たない。

道を決めるのは常にフロド。



なぜならフロドこそがこの旅の主人公であり、

フロドこそが指輪の担い手だから。



でも、フロドが指輪の魔力に負けて道を踏み外しそうになったとき、

サムは決して見過ごしません。




「目を覚まして!」と、

雇い主であるはずの、

主人であるはずのフロドに敢然と向かっていく。



指輪の魔力に我を失ったフロドに

剣をノド元に突きつけられても動じません。



一切の恐怖を見せず、哀しげな表情でただ、

「私です、サムですよ、フロドさま。お分かりにならないのですか?」と。



そこには無垢の信頼があります。

フロドに対する、そして自分の動機に対する。



今は誤解されているかもしれない。

でも、自分の行為には一片のエゴもまじってはいない。

この誠実さと真摯さは必ずやフロドに通じる。


そのことへ対する全幅の信頼。





    ':・:*:. ☆ .:*:・:'




フロドはサムのおかげで、なんとか目的地近くまでたどり着きます。


しかし、火口を目前に、

とうとうフロドは疲労と心労のあまり倒れこみ、

もう起き上がれません。



そのとき、同じくらい疲弊しているはずのサムが彼を背負い、

立ち上がります。



「私には指輪をあなたに代わって運ぶことはできません。

でも、あなたを背負うことならできます。」





     ':・:*:. ☆ .:*:・:'




あなたがあなたの指輪の担い手であり、

私にはあなたの課題を肩代わりしてあげることはできない。


でも、あなたという存在を支えることなら出来ます……。


これはまさにコーチとクライアントの関係だと思いました。





      ':・:*:. ☆ .:*:・:'





指輪って、みんなの心の中にある易きに流れる心の象徴だと思うんです。


みんな、一瞬一瞬問われているのだと。

次の行動を、次の選択を。

ラクチンだけれども、使命や目標や夢や理想からは外れていく行動をする

(指輪を使う)のか、


誘惑を排し 淡々と目的地まで旅を続けるのか。






     ':・:*:. ☆ .:*:・:'





みんな一人一人が自分の胸の中に「魔の指輪」を運びながら

“人生”という旅をしている。



自分なりの使命や夢や理想や目標を目指す旅をしている。


指輪の誘惑に 易きに流れてしまいそうな心と 常に 孤独な戦いを続け、

ときに座り込みそうになる。



ときに道を間違いそうになる。





     ':・:*:. ☆ .:*:・:'





そんなとき、あなたにもサムが居てくれたら、と思いませんか。



どんなにつらいときも、苦しいときも 

傍にいてくれる存在がいたら、と。



全面的に自分を信頼してくれる人がいてくれたら。


あなたならこの困難な使命を貫きとおせると、

心の底からの信頼と敬意を捧げてくれる人。



でも、あなたが本来の道を踏み外しそうになったとき、

決して見過ごさない人。




「目を覚まして!」と、

「それがあなたの目指している道なの?そんなもんなの?」と、

敢然と、まっすぐに、自分の存在を賭けた真摯な一喝をくれる人。




あなたが疲れきってもう立ち上がれないと感じたときに、

「私にはあなたの課題を肩代わりしてあげることはできない。


でも、あなたという存在を支えることなら出来ます。」

と言ってくれる人……。



そんな人が傍に居てくれたら、

どんな大きな使命もやり通せそうな気がしませんか。

どんな困難にも立ち向かえそうな気がしませんか。

それが、コーチなのです。

それが、コーチングを受ける、ということなのです。


 


     ':・:*:. ☆ .:*:・:'





自分なりの使命や夢や理想を抱いて

“人生”という孤独な旅をしているあなた。


孤独な戦いに疲れて ときに座り込みそうになったり、

易きに流れる心に 負けそうになるあなた。


あなたのサムを雇ってみませんか。


posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のコーチングに対する想い・私のコーチングスタイルの特長など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング」はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。