こちらではこんなコラムが読めます。

 ・いじめられっ子からの乗り越えストーリー  ・ネガティブを抱えて生きる象徴「キノコ荘物語」

 ・私のコーチングに対する想い/私のコーチングスタイルの特長など

 ・インナーチャイルドの癒しの旅  ・自分史:夫との出会い  ・魂に響く絵本・児童文学  ・自分史:占い師への道  ・過去生の記憶(魔女狩りの記憶 他)  ・私は声が出なかった(場面緘黙症だった記憶)  ・おすすめセラピー・ワークショップ・講座など  ・私の年表

 ・怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える

【珠帆美汐のサイト、ブログ、各種サービスなど】   banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング

アメブロ \ フェイスブック \ ツイッター\ 魂の成長を促すタロット講座(たまタロ) \魂の成長を促すコーチ養成講座 \   ライトワーカー応援サイト「珠帆印」 \ 現実を動かす7ヶ月間グループセッション〜セラサポ

2007年05月30日

無力で役に立たない自分を受け入れる(2006.11.3の日記より)

えっと、友人の凄腕セラピスト、あぜさんに、落ち込みの真っ只中にセッションを受けたのですが。

 ※あぜさんのHP
 セッションルーム愛と桃舎

セッションの中で、「動けない自分」「人に助けを求めずにいられない自分」に対する激しい自己嫌悪を、ひたすらじーっと見つめました。

この根強い自己嫌悪、自己否定はなに?

胸の奥から吹き出してくる声高な“NO!”は一体なに?


  「私は人に迷惑をかける存在だ。

   私は居るだけで、周囲に負担を掛けてしまう。

   生まれてきて、ごめんなさい。」


根深く私の胸の奥に巣くう罪悪感。自責の念。


私は、この世に生を受けたときに、全面的に歓迎してはもらえなかった。

(こちらで詳しく書いてます。「インナーチャイルドとバーストラウマ

待ちわびた祝福として、母に、歓びと共に抱きとめられたかったのに。


無力で、なんにもできず、全面的に世話を焼いてもらうしかない赤ん坊の自分。

弱々しくて、依存的で、どんなことも自分ではできず、泣き声をあげて助けを呼ぶしかない自分。

情けなく、みっともなく、はた迷惑。

お前のせいで、どれほどお母さんがしんどい思いをしているのか、わかっているのか?

自責の念。

罪悪感。



一生のうちに、一度でいいから、思う存分、依存を許されてみたい。

誰かに、安心して、全体重を預けて、甘えてみたい。

「無力で何もできなくても、泣いて助けを求めるだけでも、それでも存在を喜ばれている」と感じてみたい。

そう実感してみたい。



一生のうちに、一人くらい、「迷惑じゃないよ」って言ってくれる人が居てくれたら。

そうしたら、生きていけるのに。


  淋しい淋しい淋しい。


あぜさんの優しく穏やかな声で誘導されながら、ありありとその渇望を味わい、さめざめと、思う存分泣きました。




みっともなくて、ぶにょぶにょしていて、できそこないの芋虫のような、気持ち悪い存在。

それが、イメージの中の弱い自分でした。

  こんなものが、愛されるわけがない。

  誰も欲しがるわけがない。

まるで、ヒルコ(古事記に出てくる、イザナギとイザナミの最初の子ども。できそこないだから、って捨てられちゃう)。


その、ヒルコのような気持ち悪い弱い私が、身をよじって泣き叫んでいました。


誰か一人でいいから、私を受け入れてくれたら。

一生に一度でいいから、「迷惑じゃない」って言ってもらえたら。

ぶにょぶにょで弱々しくて無力で依存的な、そんなお前の面倒を見るのはむしろ喜びだ、と。

誰かひとりでいいからそう言ってくれたら。

嘘でもいいから。

そうしたら、生きていけるのに。



散々泣いてから、イメージの中で、左手にその弱い自分を乗せて見てみました。

「小さくて傷つきやすそうで柔らかそうで、くるんと丸まっていて・・・」

私が描写すると、あぜさんが、「まるで胎児のようですね」と言ってくれました。


  ああ、胎児なんだ・・・。

  赤ちゃんなんだ。

  急に愛しくなってきました



私「うーん、なんだか可愛いですね。」

あぜ「あれ?気持ち悪くってみっともなくて醜い存在なんじゃなかったの?」

私「いや、なかなか可愛いです^^。無力で弱々しい存在って、結構可愛いですよね。」

あぜ「そうだよね、そういう存在って可愛いよね。そう言ってあげようよ、可愛いよ、って。」

私「・・・はい、言ってあげました。喜んでますね・・・すごく喜んでます・・・」


胸がいっぱいになって、涙がにじんできました・・・

せめて、私だけでも、「可愛いよ」って、もっと早く言ってあげればよかった・・・


無力で、役に立たない存在である自分を、受け入れてないのは、私自身でした。

弱くて依存的な自分は、みっともなくて醜くて気持ち悪いと決め付けて否定していたのは、私自身でした。


弱々しくて傷つきやすい存在って、かえっていとおしい。



私は、私の弱さを、受け入れます。

抱きしめます。

なんて可愛い。



あのね、無力でも良かったんだよ。

迷惑なんかじゃ、なかったんだよ。

いのちって、生まれてくるって、そういうことなんだよ。

人は、助け合って、支えあう。そういう存在なんだよ。

だから、いっぱい甘えていいんだよ。

大好きだよw。

生まれてきてくれて、ありがとう>自分

posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | インナーチャイルドの癒やし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43391370
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング」はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。