こちらではこんなコラムが読めます。

 ・いじめられっ子からの乗り越えストーリー  ・ネガティブを抱えて生きる象徴「キノコ荘物語」

 ・私のコーチングに対する想い/私のコーチングスタイルの特長など

 ・インナーチャイルドの癒しの旅  ・自分史:夫との出会い  ・魂に響く絵本・児童文学  ・自分史:占い師への道  ・過去生の記憶(魔女狩りの記憶 他)  ・私は声が出なかった(場面緘黙症だった記憶)  ・おすすめセラピー・ワークショップ・講座など  ・私の年表

 ・怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える

【珠帆美汐のサイト、ブログ、各種サービスなど】   banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング

アメブロ \ フェイスブック \ ツイッター\ 魂の成長を促すタロット講座(たまタロ) \魂の成長を促すコーチ養成講座 \   ライトワーカー応援サイト「珠帆印」 \ 現実を動かす7ヶ月間グループセッション〜セラサポ

2007年05月20日

自分史:夫との出会い その3

本来全く接点のない私と彼との人生が、ソウルという異国の地で、その安宿で、たった三日間だけ、重なりました。


一日目。

目が合ったので会釈しただけ。
中庭のテーブルで同席したが、お互いが言葉を交わす機会はなし。

口数が少なくて控えめな、ニコニコした人だなあ、というのが印象でした。

自分の「貧乏旅行自慢」を口角泡を飛ばして話す「俺が俺が」タイプの強烈な旅行者が多い中、「俺が俺が」と自己主張しなくても存在感があるところに好感を持ちました・・・。

無口にニコニコしているだけで、すごい存在感でしたから・・・(^^;



二日目。

一人でソウルの街をうろうろしていると、突然「どこ行くの」と日本語で声を掛けられてびっくり!
“謎の金髪の日本人”さんでした。

はじめてのちゃんとした会話でした。

「私のこと覚えててくれたんだ」と意外に思いました(^^)
ろくに言葉も交わしてませんでしたから・・・。

私はただ自分の行き先を言い、彼は「あさってから台湾へ行くので航空券を取りに来たんだ」と言いました。

その時はそれだけ・・・。
たった30秒ほどの会話のあと、「じゃ!」と別れました。


その夜、また中庭でたむろってました。

私はその滞在中にすっかり仲良くなった数人の仲間とおしゃべり。

明日どうするの、という話になりました。

「私は板門店ツアー。」

私が言うと、近くで他の人と話していた“謎の金髪の日本人”さんが「あ、俺も明日は板門店。」



北朝鮮との国境、板門店には、一般人は自由に入れません。

観光客のために「板門店ツアー」というものがあり、行って見たい人はそれに参加することになります。

その安宿にたむろしている旅行者が次々に板門店ツアーに参加しては、ものものしい警備の緊張感あふれる国境地帯の雰囲気を語るのを聞いていると、自由旅行好きでパックツアーをどこか馬鹿にしていた私も、板門店ツアーにだけは行きたくなってしまったのです。


板門店ツアーは毎日行われています。のんきな自由旅行の身、参加はいつでもよかった。

たまたま、申し込んだ日が、、“謎の金髪の日本人”さんと同じでした。

そして、その安宿たむろ仲間からは、その日参加するのが私と彼だけでした。

自然に、「じゃあ一緒に行きましょう」という話になりました。



これが、運命の分かれ道ですよね。

「板門店ツアー」の次の日、彼は台湾へと発って行ってしまいますから。

「板門店ツアー」に参加する日が、お互い一日でもずれていたら、今私はここでこんな生活はしていないでしょう(^^)

また、その安宿たむろ仲間の中で、同じ日に参加する人が他にもいたら、私は既に仲良くなっていたそっちの人とばかり話していたかもしれません・・・。

本当に、運命は不思議です・・・。



ちなみに、そのときはまだ、彼のことをなんとも思っていませんでした。

私は自分のことを「変な人クレクター」と自称しているのですが(笑)、風変わりな人や変人奇人と呼ばれるような人には好奇心がうずき、もっと知りたくなってしまうところがあります。

彼に対してもその辺の好奇心はうずいてました。

でも、異性に対する「ちょっといいな」というようなものは、そのときは全然ありませんでした。


だって、ド金髪をおかっぱにしてるんですよ!

180cmの長身に、モコモコのダウンジャケットを着ているせいで、すごくガタイよく見えるんです(本当はガリガリ君でしたが^^;)!

そんな男性が、おかっぱ頭・・・

面長で、アゴと首のがっしりした、青池保子が描く「エロイカより愛をこめて」の登場人物のような輪郭をしているんですよ(輪郭だけね)。

そんな男性が、おかっぱ頭・・・。

申しわけないですが、「かっこいい」という言葉からは・・・かなり縁遠かったです(苦笑)。


感じのいい人だとは思っていましたが。



そして一晩明けて、運命が大きく動く板門店ツアーの日がやってまいりました。

しかし、私はなんと寝坊をしてしまったのです・・・




☆ ☆ ☆




ツアーの集合時間に間に合うように約束していた時間をいくらか過ぎて、私は身支度もほどほどに部屋を飛び出しました。

待ちかねていたらしい「金髪の日本人」さん。

私を見るなり「行くぞ!」。

集合場所まで一目散にスタスタ。



その途中、急いでいるはずなのに、突然雑貨屋さんに立ち寄る彼。

どうしたのかなと見ていると、黙って菓子パンを一袋買いました。

お腹空いてるのね、この人も朝ごはん食べてないのかな、と思っていると、お店から出てきた彼は黙ってそのパンを袋ごと私に差し出しました。

そしてまた無言でダッシュ。




そうです、朝ごはんを食べる時間のなかった私のためだけに、菓子パンを買ってくれたのです(;;)



ほとんど、見ず知らずの他人に近い状態の私のために・・・。


「食べる?」とか聞かないで、黙って買って黙って手渡す無口さが男らしい・・・


と、その時最初に「じーーーーん」ときました(^^;



  (その後、同じ行動が

  「なんで私の気持ちを聞かないの?」

  「なんで、勝手に憶測で判断するの?」と

  何度も何度もケンカの原因となるとは

  そのときは知るよしもなかったのでした。。。爆;)



そしてまた、「時間は守らなければならない」と思っているらしい態度に好感を持ちました。

外見や旅のスタイルは、充分すぎるほどアナーキーで自由人なわけですよ、彼は。

その彼が、「約束の時間は守らなければ」という価値観を大切にしているらしい。



バランス感覚を感じました。

メリハリを。

社会常識に縛られるのでもなく、無責任や非常識やだらしなさに走るのではない。

自分の行動を自分なりの美学で選択しているんだろうな、と思いました。



人には迷惑をかけない。

信頼関係は守る。


  でも、人に迷惑をかけず自分の良心に恥じないならば、

  “人からどう思われるか”とか

  “普通みんなどうしてるか”、などには

  縛られるつもりは毛頭ない。



その哲学を感じ、またじーーーーーんとしました。





それから、遅刻した私に気分を害している様子が見えないところも。

それどころか、パンを買ってくれたり、さりげなく気遣ってくれるわけです。

「優しい・・・」



またまた、じーーーーーん。




朝から私の中の彼の点数が急上昇。


そんな好印象で、半日コースの板門店ツアーに出発しました。

ツアー会社の観光バスで、一路板門店に向かいます。

ツアー参加者は20人とか30人規模だったのではないでしょうか。

その中、同じ宿から一緒に参加した「金髪の日本人さん」と自然とペアで行動しました。

まあ、いわばいきなりデートをしたのに近い状況ですよね。

バスの中など、ゆっくりと二人で会話する時間がたっぷりありました。


  そして、

  彼が5年間の手作り家具工房での修行を終えたばかりであること、

  次は建築の勉強をするために北海道の職業訓練校に行くことが決まっていること、

  将来は北海道で家具工房を開きたいこと、

  その自宅兼工房を自分の手で建てたいこと、などを聞くことができました・・・



「理想の男性と出会ってしまった!!!」

もう口あんぐり状態です(爆)

完全に目はハートです(自爆!)




私には、物心ついた頃から、「こんな人でなければ絶対に結婚しない」という明確なイメージがあったことを書きました。


 ・男女差別主義者ではない人。

 ・頭がよくて博識でリベラルで、柔軟な発想のできる人。

 ・大胆で実行力のある人。

 ・自分の手で家を建てたりできる「大草原の小さな家のお父さん」のような人。

 ・職業は“ものを作る職人”希望。




そして、結婚後の生活スタイルにも、明確なイメージがありました。


・北海道で広い土地を買って暮らす

・家はダンナ様手作り

・馬も飼う

・ダンナ様は在宅で職人業に従事。子どもに働いている姿を日々見せる。

・家事育児はもちろん平等に分担。




これらの条件を、完全に満たす人と、出会っちゃったよーーーー!!!!


話してて伝わってくるリベラルさ。

「男だから女だからと決め付けるのは好きではない」とサラリと言ってのけてくれます。

  「僕は家が洋食屋で、家業を手伝っていたので料理くらい幾らでも作れる。

  食事なんて、作れる方が作ればいいんや。

  僕は奥さんが望むんやったら専業主夫でも全然かまへん。」



話せば話すほど、私が思い描いていたものとぴったり一致するのです。

北海道に、できれば広い土地を買って、馬や山羊やニワトリなどを飼いたい、とか。




話は弾み、とても楽しく、あっというまに半日間の板門店ツアーは終わり、ソウルに帰ってきました。

ツアーは解散です。




「この後どうするの?」と尋ねると、彼は「骨董品街に行ってみたい」と言います。

私は思い切って・・・



その4へ
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫との出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング」はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。