こちらではこんなコラムが読めます。

 ・いじめられっ子からの乗り越えストーリー  ・ネガティブを抱えて生きる象徴「キノコ荘物語」

 ・私のコーチングに対する想い/私のコーチングスタイルの特長など

 ・インナーチャイルドの癒しの旅  ・自分史:夫との出会い  ・魂に響く絵本・児童文学  ・自分史:占い師への道  ・過去生の記憶(魔女狩りの記憶 他)  ・私は声が出なかった(場面緘黙症だった記憶)  ・おすすめセラピー・ワークショップ・講座など  ・私の年表

 ・怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える

【珠帆美汐のサイト、ブログ、各種サービスなど】   banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング

アメブロ \ フェイスブック \ ツイッター\ 魂の成長を促すタロット講座(たまタロ) \魂の成長を促すコーチ養成講座 \   ライトワーカー応援サイト「珠帆印」 \ 現実を動かす7ヶ月間グループセッション〜セラサポ

2014年04月07日

私のふたこさんワーク初体験は、自宅の布団の中でした(爆)

2007年の12月に、私はふたこさんに初めてお目にかかれるはずでした。

その頃、ふたこさんによるプロセスワークの札幌セミナー開催のお知らせを目にした私は迷わず即申し込み、
その日を楽しみにしてたのです。

ふたこさんにもプロセスワークにも興味津々だったので♡

が。

なんと。

その年の秋に第三子を出産したばかりだった私、乳腺炎を発症しまして、
高熱と激痛にとてもそれどころじゃなく、残念なことに初のふたこさんセミナーを欠席することに。。。


しかし、それが感動的なミラクル経験になったのです。

自宅の布団の中でセルフプロセスワークを体験したかのような。

遠隔でふたこさんは私を個人セッションしててくれたのではないでしょうか(^^;



その運命の日。

ふたこさんに「体調不良のため欠席」の連絡をしたあと、

楽しみにしていたふたこさんプロセスワーク講座に出れない悔しさを昇華すべく、

自分の体の中に起こってることに意識の焦点を向け、自己流プロセスワークにいそしみました。

何冊かのプロセスワーク(プロセス指向心理学ともいう)の書籍を読んでいたので、
その知識をもとに。


ひたすら「自分の中でなにが起こっているのか」「なにが伝わってくるのか」「メッセージはなにか」を汲み取ろうと、

寄り添い続けました。



その時、助産師さんの助言に従って、「じゃがいも湿布」や「濡らしたキャベツの葉」を患部に当ててたんです。

オッパイって赤ちゃんが口に含むものですもんね。
薬品とか塗れないので、そんな昔ながらの伝統療法のような手段を使うんです。

また、「とにかく冷やせばいいんでしょ?」と冷蔵庫にあった保冷剤をタオルに包んで当てたりもしました。

しかし、面白いことに、保冷剤だと全然効かないんです。

全然気持ちよくない。

全然スッとしない。

じゃがいも湿布やキャベツの葉だと、「じーーーーーーん☆」という快感が走るんです。
当てた瞬間に。

なにかがアースされていくような。

なにかが優しく開放されていくような。

清められていくような。浄化な感じ。

そしてとっても楽になるんです。



そんな感覚が、保冷剤だと起こらない。

冷たさだと負けてないはずなのに。

どちらかというとより冷たいはずなのに。


その感覚の差が非常に興味深く、「やっぱり自然のものって力があるのかなあ」って思ってたんです。

「植物って癒しの力っていうのをやっぱり持ってるんだなあ」って。



そしたら私の中にふっと浮かんできたこと。


「このキャベツも、さっきのジャガイモ湿布のジャガイモも、この土地から収穫されたもの。

我が家の家庭菜園で採れたもの。

私はこの土地に見守られているんだなあ。

私はいわば、マザーガイア(母なる大地)に今看病されているんだなあ。」


そうだったのか!

私はマザーガイアに今、看病してもらってるんだ!

今だけじゃない、私は常にマザーガイアに見守られてる!!

だって、いつも食べてる野菜はすべて、この土地から与えられたものじゃないか。

私は母なる大地に養われ続けて生きていたんだ!


食べ物だけじゃない!

いま呼吸しているこの空気だって、地球上の植物が生産してくれたもの。

生まれてこの方ずっと呼吸してきたこの空気だって。


そうだったのか!

私は常に、

マザーガイアが作ってくれた空気に包まれ、

マザーガイアが差し出してくれた食べ物を食べ

マザーガイアをめぐる美味し水を飲み生きてきたんだ。


そして、こうして病気のときもマザーガイアが癒してくれる。



ああ、私はひとりなんかじゃなかった。

私はまだマザーガイアの子宮の中。

羊水に浮かんでへその緒からの栄養をもらう胎児のように、

空気に包まれ大地からすべての食べ物を受け取っている。


私はいつも一人ぼっちだと感じていた。

いつも孤独だと感じていた。

とんでもない誤解だった。

私は愛され抱かれ育まれている。こんなにも。



怒涛のように「そうだったのか!」という感覚に襲われ、

クラクラするようでした。

そして感激と感動に、涙があふれてなかなか止まりませんでした。

感謝の祈りが自然と湧き上がり口からこぼれました。

父なる天、母なる大地への感謝の祈り。

これが、私のふたこさんワーク初体験の様子です(^^)



その後、ふたこさんの講座に実際に出席でき、

ネイティブアメリカン自然との共生の智慧ワークショップを主催させていただき、

何度も何度も主催者としてご一緒し、わかったこと。


一貫してふたこさんが伝えてくれるメッセージは

この時、私が高熱と激痛にうなされながら受け取ったものと一致している。



 『私たちはマザーガイアの一部。

  愛され包まれ育まれている。

  私たちは孤独なんかじゃない。

  切り離されてなど、いない。


  私たちは豊かで完全。

  この母なる地球の一部だから。

  そのことさえ思い出せば、豊かに喜びに満ちて万物と調和しながら生きていける。』



申し込んだだけで、体調不良で出席できなくてもこんな感動的な気づきが得られるミラクルなふたこさんワークショップ(爆)

皆さんもよろしければぜひ申し込んでくださいな!





この地球で豊かに喜びに満ちて自由に生きていくことに関しては、
ふたこさんが専門家です。

私はふたこさんと出会ってから、人生変わりました。

皆さんにもぜひ、体験していただきたい。(^^)
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 23:48| おすすめセラピー・ワークショップ・講座など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング」はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。