こちらではこんなコラムが読めます。

 ・いじめられっ子からの乗り越えストーリー  ・ネガティブを抱えて生きる象徴「キノコ荘物語」

 ・私のコーチングに対する想い/私のコーチングスタイルの特長など

 ・インナーチャイルドの癒しの旅  ・自分史:夫との出会い  ・魂に響く絵本・児童文学  ・自分史:占い師への道  ・過去生の記憶(魔女狩りの記憶 他)  ・私は声が出なかった(場面緘黙症だった記憶)  ・おすすめセラピー・ワークショップ・講座など  ・私の年表

 ・怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える

【珠帆美汐のサイト、ブログ、各種サービスなど】   banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング

アメブロ \ フェイスブック \ ツイッター\ 魂の成長を促すタロット講座(たまタロ) \魂の成長を促すコーチ養成講座 \   ライトワーカー応援サイト「珠帆印」 \ 現実を動かす7ヶ月間グループセッション〜セラサポ

2014年04月07日

その6/完【カミングアウト】あなたが祈れ。あなたが生きろ。あなたが愛せ。

前回の日記、 ”その5【カミングアウト】そしてプチ家出。”の続きです。






「自宅のある山村に住んでいても喜びが薄い。



だからウツっぽくなるんだ。」





プチ家出も予定期間を終えようとする頃、



家出生活のあまりの快適さと楽しさに帰宅するのがイヤになりました。





「あそこにはなにもない。



気晴らしできる娯楽も店も。



文化がない。



苔むして味わいの増したお地蔵さんや祠などもない。



私はそういう存在が大好きで、そこからエネルギーをもらうのに。



私は古くから人が住んでいる土地が好きなんだ。



そういう土地に積み重なる”文化の層”みたいなのが好きなんだ。



商店街とか、古い建物とか、狭い路地裏にところ狭しを置かれた植木鉢とか、猥雑な雑踏とか。」





と、足りないものに目を向けた不平不満のカタマリの状態で、琴似神社に散歩に行ったんです。





もともと琴似神社に行くつもりじゃなかったんですが、導かれるようにして行くことになってしまったのが不思議です。



気晴らしにひとりカラオケに行こうとしたんですが、琴似のカラオケ屋さんが軒並み満室だったから、



「仕方ない、散歩でもするか」と琴似神社に行くとこにした、というね(爆)



これも導きなんでしょうねーーー。







そしたら、琴似神社の木々からすごいメッセージをいただいてしまいました。





私、ふたこわたるさんのネイティブアメリカン自然との共生の知恵ワークショップに何度か出たことがきっかけで、木々からときどきメッセージをいただくようになってしまってるんです。



  ※その辺の経験を書いた日記



  2010年10月08日「もじもじしちゃう告白その2。木々とお話したはなし。」

  http://ameblo.jp/tamahomisio/entry-10670519559.html




  2011年09月08日@ふたこさんを泣かしちゃいました

  http://ameblo.jp/tamahomisio/entry-11011259706.html



  2011年09月09日Aふたこさんを泣かしちゃいました

  http://ameblo.jp/tamahomisio/entry-11012223558.html




  2011年11月18日木々が教えてくれたお話。「天国の作り方」

  http://ameblo.jp/tamahomisio/entry-11081782472.html








以下、今回、木々からいただいたメッセージ概要です。



合間合間に私からの質問など、合いの手が入ってます。





  −−−−





『あなたは人が居住地の周囲に塗り込めていく「愛」のエネルギーが好きなんだね。



A村にはそれがまだまだ薄いと感じてるんだね。



スカスカして感じちゃうんだね。





自分が暮らす周囲を愛で塗り込めていく能力、それが人が救世主たるゆえんの能力のひとつ。



人の、愛するという能力の一つの現れ。



人の愛のエネルギーは、形を与えられて地球の上に積み重ねられていく。



私たちもそれを望み、地球の表面に愛のエネルギーを積み重ねていくという人間の使命のためには協力を惜しまなかった。



建造物、建築物もその一つ、形を与えられた愛のエネルギー。



誰かの幸せのために、誰かの喜ぶ顔のために、もしくは誰かが死なないために、誰かを不安から守るために創り上げられたもの。



人間のすべての行いは「愛」だよ。「恐れ」も愛が反転したもの。 』





「ケンカやいさかいもですか?」by私





『そうだよ。ケンカすらも愛。



あなたも気がついているようだけど、「愛」と「生命力」と「美」と「喜び」は同じエネルギーの状態が変化したもの。



氷と雲と川が、同じ水でできているものの状態に応じて付けられた名前であるように。



生命力は愛。



生きようとするのは「愛」なんだよ。



それは美しい。



食べるために他の命を襲ってる姿も愛。その姿は美しい。





だから、生き延びるために外敵と戦うのも愛なんだ。



自分を脅かす存在といさかうのも愛。



より快適でより豊かな生を求めて勢力範囲を広げようとすることも愛。



より豊かでより安全な暮らしのために建築物や建造物を作るのも。



すべて神事。



命の発露だから。



生きることは、そして生きようとすることは、死ぬまいともがくことは、すべて愛で美で神事なんだよ。



互いにもがきあいせめぎ合って時には殺し合うことすらも。



神聖なんだ。





地球上のすべての生き物の中で、人間が生き抜きたいという願いを細やかに表現し、形に成していく。



それがたくさん現れてる土地はエネルギーがこまやかで生きやすい。



あなたがそれを求めるのも当然だ。無理もない。





地蔵、祠、それらは人が



「幸せになれますように」



「苦しみや病や死から逃れられますように」



「長生きできますように」



と祈り続けていた対象。



愛と祈りのこもった場所。



より良く生きたい!という強い願いの積み重なった場所。



こまやかな慈愛のエネルギーが厚く塗り重ねられたパワースポット。 』




「A村にはそれがない。私だってそれらに触れて生きていきたいのに。」by私





クリスマス『ひとつ、あなたに聞きたいことがある。



あなたは存分に生きようとしたか?



より快適でより豊かな生を存分に求めたか?



「幸せになれますように」「苦しみや病や死から逃れられますように」「長生きできますように」と心を込めて祈りつづけてきたか?



それどころか、「どうしてこんなところにいなきゃいけないんだ」「逃げ出したい」「死んでしまいたい」と願ってきたのではないか?





先人が積み重ねたものを欲しがるだけじゃなく、あなたが祈れ。



あなたが生きろ。



あなたが愛せ。



あなたがあなたの周囲をパワースポットにするんだ。



あなたの居住空間が十分にパワースポットでないとしたら、あなたがそこを十分に愛していないからだ。



「ここで幸せに生きられますように」「もっともっと充足して長く生きていけますように」と存分に祈っていないからだ。



あなたらしく存分に生きるために存分にあがいていないからだ。



あなたが神事を十分に行っていないからだ。





あなたは人の幸せは熱く祈る。



それなのになぜ自分の幸せは祈らない?



なぜすぐに「死にたい」と言う?



それが神を汚しないがしろにする行為だとなぜ気づかない?



神事を怠っていることに気づいてほしい。





生きろ。



貪欲に幸せになろうとしろ。



そのためには人を傷つけることなど恐れずに戦え。



自己主張しろ。あがけ。



それが愛だ。それが美だ。



それが地球をパワースポットに変えていくんだ。』





   −−−−





木々からのメッセージは、以上です。





「あなたは生きようとしたか?」と一喝されたときは・・・



虚を突かれて、ぼろぼろ泣いちゃいました(涙)



確かに、私は生きようという意志が弱かった。。。





生きようとする意志が、周囲をパワースポットにしていくんですね。



自分の幸せを求めて。戦ってでも生き抜くというのは、醜いエゴではなく、



神聖な神事だったんですね。







確かに、いのちは神聖なモノですものね・・・



意識が低かったですorz



気がついておりませんでした。



恥ずかしい限りですorz




これからはもっとまっすぐ、生きたい!と願いたいと思います。。。自分という命にもっと仕えたいと思います。







あ、そうだ、もうひとつ、こんなメッセージもいただきました。





「あなたは敏感なアンテナであると同時にラウドスピーカーでもあるように生まれた。

片方だけの役割ならば生きやすかったのに、両方を担ってしまったので生きづらい。



あなたがより敏感で精度の高いアンテナでいられるように、



周囲からの雑音や衝撃からあなたを守ってくれる人がもっと増えるよ。



安心してて。」





嬉しいメッセージです!




やったー!





※注:このメッセージの内容が正しいかどうか、私にメッセージくれたのが木々なのかどうか、



 検証のしようがないのです。



 でも、メッセージの内容が、私の今後の人生がより良いものに変わっていくのにプラスになると判断したので、私は採用することにしました。



 皆さんも、そういう観点で、このメッセージをなにか参考にするのかスルーするのか、決めてくださいね。









   以上、長かった今回の連載、【カミングアウト】シリーズですが、ここでいったん区切りとします。



   読んでくださった皆様、ありがとうございました。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 22:18| 怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング」はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。