こちらではこんなコラムが読めます。

 ・いじめられっ子からの乗り越えストーリー  ・ネガティブを抱えて生きる象徴「キノコ荘物語」

 ・私のコーチングに対する想い/私のコーチングスタイルの特長など

 ・インナーチャイルドの癒しの旅  ・自分史:夫との出会い  ・魂に響く絵本・児童文学  ・自分史:占い師への道  ・過去生の記憶(魔女狩りの記憶 他)  ・私は声が出なかった(場面緘黙症だった記憶)  ・おすすめセラピー・ワークショップ・講座など  ・私の年表

 ・怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える

【珠帆美汐のサイト、ブログ、各種サービスなど】   banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング

アメブロ \ フェイスブック \ ツイッター\ 魂の成長を促すタロット講座(たまタロ) \魂の成長を促すコーチ養成講座 \   ライトワーカー応援サイト「珠帆印」 \ 現実を動かす7ヶ月間グループセッション〜セラサポ

2014年03月01日

Aふたこさんを泣かしちゃいました

昨日の日記の続きです。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1772365104&owner_id=143981

その日、琴似神社の境内で、ケヤキの巨木の横にあった石に腰掛け、



ケヤキの木に心の中で話しかけました。



ケヤキの木はとても喜んで迎えてくれました。





これ、いつもなんです。



木々と対話するようになって数年たちますが。



毎回、「良く来た良く来た」とものすごく温かく迎えてもらえるのです。



まるでその様子は、眼に入れても痛くない孫が訪ねてきた時のおじいちゃんおばあちゃんのよう。





そしていつも「私たち(木々)はあなた方(人間)が大好きなんだよ」というメッセージをくれます。



今回もそうでした。


私 「どうしてあなた方はそんなに私たちのことを好きでいてくれるんですか?

 

     私たちは木々を切ったり大気を汚染したり、自然破壊ばかりしてるのに。」



ケヤキ 「あなた方が"神の子"だからだよ。

      

     あなた方人類は、地上に降り立った救世主なんだよ。」






私は耳を疑いました。



いや、耳に聞こえてくるわけじゃないんですけどね頭の中に直接"思考"が流れ込んでくる感じなんですが。





私たち人類が地球の救世主?



どういうこと?



私たちはむしろ悪の手先、悪の権化じゃないの?




欲望のままに地球を破壊してる癌細胞のような存在じゃないの?



私たちさえ生まれなければ今のような危機に地球は陥らなくて済んだんじゃないの?



人類の悪行の結果、たくさんの動物たちが絶滅に追いやられてるんじゃないの?





たくさんの疑問が頭の中をぐるぐる回りました。



それにかまわず、ケヤキは続けます。


ケヤキ 「私たちは長年あなた方を待ち望んできた。



     あなた方人類が地上に現れてくれたとき、私たち(木々と人類以外の動物たち)はみんな喜んだよ。



    長年待ち望んだ救世主の降臨!



    それ以来、私たちは総力を挙げてあなた方を守り育ててきた。



    ここまで育ってくれて、とても嬉しく思ってる。」





私はここで口を挟みました。



私 「総力を挙げて守り育てた?



       私はあなた方の根元で飢え死にした過去生の記憶があります(これホント)。



      あのとき、あなた方は何もしてくれなかった。



      私はまだ二三歳の子供だったのに。



      恐怖と飢えで助けを求めて泣き叫んだのに、あなた方は私を見殺しにしたじゃないですか。



      私たちが神の子で、私たちのことをそんなに愛してくれてるなら、あのときなぜ助けてくれなかったのです?」


ケヤキ 「毎日、たくさんの生き物が私たちの根元で死んでいく。



        虫が死に、小鳥が死に、ウサギが死に、鹿が死ぬ。



        人も死ぬ。



        私たちはそのことにそんなに意味を見いださない。



        私たちは"死"を特別なこととは思わない。



        いのちは日々生まれ、日々死んでいく。私たちはそれを淡々を見守るよ。



        ただ、みんなが死んだ後、その死体を抱きしめる。しっかりと。



        そしてその命を次につないでいく。



        過去生のあなたの体も、私たちがしっかり抱き留めて養分として取り入れ、生かしたよ。」

ケヤキ 「あなた方は私たちと違う。



          "死"に際して、大きな感情エネルギーが動く。



          恐怖や嘆きや怒りの大きな感情エネルギーを放出する。



          その大きな感情エネルギーゆえに、あなた方は神の子なんだよ。



          "死"に際して大きな感情が動くことこそが、あなた方が神の子である由縁。」





死を恐れ、死に際して恐怖や嘆きや怒りの感情をほとばしらせることが神の子たる由縁?



なぜ?どうして?



ますますわかりません。

私 「死を特別なこととは思わない?



       地球上で多くの種が絶滅したり絶滅の危機に瀕してることも、なんとも思わないのですか?



     アマゾンであなた方の兄弟が大規模に伐採されてることも?」
ケヤキ 「私たちは運命や宿命を淡々と受け入れる。



        死を恐れない。



        種の絶滅を深く悲しみ、なんとかしようとするのはあなた方だ。



        アマゾンの伐採を嘆き、どうにかして止めようとするのはあなた方だ。



        私たちじゃない。



        そしてその悲しみゆえに、あなた方は神の子なのです。



        救世主なのです。」


ケヤキ 「あなた方ひとりひとりが救世主です。



         人類の中に救世主が一人現れるのではない。



         あなた方ひとりひとりが救世主です。ナウシカです。



         あなた方ひとりひとりが、それぞれ、"失われた大地との絆"を結び直すのです。」

(木がナウシカ知ってるの?っていうツッコミはナシで^^;多分、私が脳内翻訳してるってことだと思います)





琴似神社でケヤキの木からもらったメッセージは以上です。



私はとても驚き、混乱したまま、この話をふたこさんに話しました。



ふたこわたる
さんはネイティブアメリカンの自然との共生の知恵を学んでらっしゃる方。



自然を愛し、地球を愛し、自然破壊や環境破壊を深く憂いてる方。



そんなふたこさんなら、「人類が地球の救世主なわけがないよね?」って一緒にいぶかしんでくれるかと思ったんです。





そしたら。



「・・・知ってました・・・」って。



目を潤ませながら。



涙をこらえながら、「すいません、知ってました」って。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 16:33| 木々など高次元からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング」はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。