こちらではこんなコラムが読めます。

 ・いじめられっ子からの乗り越えストーリー  ・ネガティブを抱えて生きる象徴「キノコ荘物語」

 ・私のコーチングに対する想い/私のコーチングスタイルの特長など

 ・インナーチャイルドの癒しの旅  ・自分史:夫との出会い  ・魂に響く絵本・児童文学  ・自分史:占い師への道  ・過去生の記憶(魔女狩りの記憶 他)  ・私は声が出なかった(場面緘黙症だった記憶)  ・おすすめセラピー・ワークショップ・講座など  ・私の年表

 ・怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える

【珠帆美汐のサイト、ブログ、各種サービスなど】   banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング

アメブロ \ フェイスブック \ ツイッター\ 魂の成長を促すタロット講座(たまタロ) \魂の成長を促すコーチ養成講座 \   ライトワーカー応援サイト「珠帆印」 \ 現実を動かす7ヶ月間グループセッション〜セラサポ

2012年09月19日

クララ後日談その2

2011-11-16 17:58:17 タイトル「批判されるんじゃないか、攻撃されるんじゃないかって本当はすごく怖かったんです」

この度、11/11の日記で、自分自身の秋季ウツ傾向と、 
「私には均一な速度で均一な質の作業をすることが難しい」ということをカミングアウトしました。 
  
http://mishio.seesaa.net/article/293243929.html 

そして、がんばって努力するというのをもう手放そうかと思っている、と書きました。 

ご迷惑をおかけしたりするかもしれないが、時々お仕事の滞るこんな私のことも温かく見守ってほしい、と書きました。 

そして時々ちょっと手助けしてもらえると嬉しい、とまで。 


そうしたらなんとも温かい心のこもったコメントの数々が・・・泣き顔
特にミクシィの日記 の方に・・・ 
(お返事できておりませんが、本当に嬉しく何度も読み返してますぴかぴか(新しい)) 

個人メッセージや個人メールでもたくさん共感と受容に満ちた言葉をいただきました涙 

本当に嬉しい。 


実は、かなり怖かったんです。 

こんなこと書いたら批判されるんじゃないか、攻撃されるんじゃないか、って。 

こんなこと言うべきじゃないよね、こんなの甘えてるよね、わがままだよね、って。 


でも書けた。 

全体公開で、「こんな至らない私です。そんな私のままで生きていこうと思います。」って宣言できた。 

そして「見守ってほしい、手助けして欲しい」って要請できた。 

そして、受け入れてもらえた。 

温かく受け止めてもらえた。 

批判なんて、ひとつもされなかった。 


これは、かなり大きなブレイクスルーですよ!? 

クララちゃんを得て、失い、嘆きのプロセスを経て、自分の内なるクララちゃんを大事に抱きしめることができました。 

私は生まれつきいびつで、欠けていて、うまく生きられず、周囲に迷惑を掛ける。 

それでもいいと言ってもらえるなら、自分を責めるのを止められる。 

自分の内なるクララちゃんを肯定して、優しく抱きしめて、一緒に生きていける。 


すごく大きなインナーチャイルドの癒やしです目がハート 

私は私のままでいい。 


 クローバー 


クララというのは、私が飼っていた生まれつき足の悪いヒヨコです。 

彼女は私の天使でした。 

彼女と出会えたことは私にとってミラクルでした。 

わずか三ヶ月という短い命の中で、どれほど大きな気づきと癒やしを私にもたらしてくれたことか。 


※クララを飼うことになった経緯。 
「足の悪いヒヨコ。名付けてクララ。」 
http://mishio.seesaa.net/article/293174653.html

※クララちゃんは私のインナーチャイルドの象徴でした。 
「森に捨てられたインナーチャイルドちゃんを回収しました」 
http://mishio.seesaa.net/article/293174303.html  

※その短い命を閉じるときも、多くのことを教えていってくれました。 
「クララ哀悼。あなたが居てくれたから私は強くなれた。」 
http://mishio.seesaa.net/article/293241913.html  



養鶏場からは「要らない」と排除の対象になるであろう足の悪いヒヨコ。 

そして、実際に長く生きられなかった障害のある体。 

そんなクララちゃんが私にとってはどれほど愛しかったか。大切だったか。 


役に立つかどうか、卵を産むかどうか、見た目が均整取れてるかどうか、健康な体を持ってるかどうか。 

そんなことで命の価値は決まらなかった。 

存在の重さはそんなところで決まるのではなかった。 

そのことを体をはって教えてくれました。 



私の愛を受け取ってくれた、私になついてくれた、私の愛を受け取ってくれ、そして愛し返してくれた。 

そのことがどれほどの歓びと勇気づけになったことか。 

クララちゃんは「在り方」のモデルとなってくれました。 


私は周囲の幸せを祈りつつ「自分にはなにをする能力もない」「なにをやってもうまくできない」と自分を責めやすいのですが。 

私は役に立とうとする前に、愛を受け取ればよかった。 

自分のことを役立たずとののしる前に周囲の人を愛すれば良かった。 

まず、有能であろうとする前に周囲と愛のエネルギー交換をすればよかった。 

それから、有能であろうとチャレンジすれば良かった。 

その方がきっとずっとうまくいく。 


これからはもっとうまく、自分自身を愛し、周囲から与えられる愛を受け取っていけるような気がします。 



posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 04:08| インナーチャイルドの癒やし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング」はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。