こちらではこんなコラムが読めます。

 ・いじめられっ子からの乗り越えストーリー  ・ネガティブを抱えて生きる象徴「キノコ荘物語」

 ・私のコーチングに対する想い/私のコーチングスタイルの特長など

 ・インナーチャイルドの癒しの旅  ・自分史:夫との出会い  ・魂に響く絵本・児童文学  ・自分史:占い師への道  ・過去生の記憶(魔女狩りの記憶 他)  ・私は声が出なかった(場面緘黙症だった記憶)  ・おすすめセラピー・ワークショップ・講座など  ・私の年表

 ・怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える

【珠帆美汐のサイト、ブログ、各種サービスなど】   banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング

アメブロ \ フェイスブック \ ツイッター\ 魂の成長を促すタロット講座(たまタロ) \魂の成長を促すコーチ養成講座 \   ライトワーカー応援サイト「珠帆印」 \ 現実を動かす7ヶ月間グループセッション〜セラサポ

2012年09月19日

足の悪いヒヨコ。名付けてクララ。

 

夫が孵卵器を自作し、ひよこを孵化させました。

楽しさと志しの高さと豊かさと。何一つあきらめずに生きるために。 



全部で10羽のヒヨコちゃんが孵った中で、一羽、生まれつき足の悪いヒヨコちゃんがいます。 


楽しさと志しの高さと豊かさと。何一つあきらめずに生きるために。 

赤い箱の手前に写ってる子(見づらい写真ですいません)、 

わかりにくいかもしれませんが、手前側の足がマヒしてて、まったく使えません。 

片足だけで移動してます。 


孵化した直後に片足のマヒがわかり、夫が近所で養鶏を営んでる方に相談に行きました。 

言われたアドバイスが、 


「このヒヨコはもうだめだ。 



この足は治らないだろうし、


足が悪いと餌も十分当たらず、


大きくならないだろう。

 

ペットならいいが、


経済動物なんだから飼ってても仕方ない。


破棄するしかない。」

 


ペットと経済動物。 

同じ命なのに、ペットならば動物病院につれていって手厚く看病し、 

経済動物(家畜ってことですよね)ならばあっさりと殺される。 


なんなんでしょうね・・・ 


いのちってなんなんでしょうね。 

人間ってなんなんでしょうね・・・ 



もちろん、私も家畜という存在の恩恵を雪崩のように受けています。 

おいしいケーキやスイーツが食べられるのも、乳牛のおかげ、白色レグホンのおかげ。 

また、我が家は全然ベジタリアンではなく、肉大好き一家です。 

育ち盛りの子供たちがいることもあり肉の消費量は多いのですが、 

それも全部家畜の命をいただいているわけです。 

家畜を飼っていてくれて経済活動をしてくださってる全国の農場、牧場、養鶏場さんのおかげで 

おいしいお肉が日々いただけているわけです。 


その事実を受け入れ、必要以上にセンチメンタルにならずにいたい。 

そう思ってます。 

でも、なかなか難しい。 

今回みたいに卵から孵すところまでやっちゃうと、心情的に割り切りにくい涙 



夫は全然楽に割り切れてるみたい。 

そもそも、毎日のように食べる卵を、スーパーで買ってくるのではなく我が家で自給したかった。 

卵を産んでくれるメンドリが手に入れたくてヒヨコを孵したのだから、 

どの子が雄かはっきりわかるくらい成長したら、雄はつぶして食肉にする。 

足が悪くて生育が悪い鶏なんてもちろん要らない。 


夫の意志は明確で、迷わず「というわけでコイツは捨てるから」と。 



「外に放すわ。



そしたらキツネかカラスが食べるやろ」と。 


とまあ、早い段階でそういうことになっていたにも関わらず、 

なぜか昨日まで普通に飼い続けてました。 

毎日「もう捨てられちゃったかな」とドキドキしながらヒヨコちゃんを見に行っては 

「まだ居た!」と胸をなで下ろす日々。 


この子、足が悪いなりにすごいがんばってるんです。 

片足でバランス悪く立ってるところに、他の元気なヒヨコがすごい勢いで横を通り過ぎる。 

するとそれだけでよろめいていちいちこける。 

でもめげずにまた立ち上がる。 

またこかされる。 

また立ち上がる・・・ 

別にいじめられてるわけでもないんですが、周囲見ながら歩いたりしないみたいですね、

 

ヒヨコって。 


餌をあげると、他の元気なヒヨコがえさ箱に殺到して、足の悪い子ちゃんははじき出される。 

それでもその餌を囲む輪の中に果敢に突っ込んでいく。 

ものすごいファイトでなんとか自分の体をねじこんで、餌にありつく。 


案の定、発育、他の子に比べるとずいぶん遅くて、今や他の子の半分くらいの体の大きさ。 

何にも考えてない兄弟たちに体の上を踏まれて通り過ぎられても、 

餌を食べてるときに当たり前みたいに背中の上に立たれてても、めげない。 

淡々と耐え、やりすごしてる。 


そんな姿を見てるとついつい感情移入・・・ついつい特別扱い。 

その子が餌にありつけやすいように色々工夫したりとか。 


そして、とうとう昨日。 

朝、ヒヨコたちを飼ってるケージをのぞきこむと、足の悪い子ちゃんの姿がない。 

「とうとうその日が来たか・・・。」 

夫が計画を敢行したのでしょう。 

今、すぐに外に出たら、まだその辺をピヨピヨと歩いてるかもしれない。 

今なら保護できるかもしれない。 


でも、それでいいのか。 

それは安易でセンチメンタルな行為でしかないのではないか。 

日々卵を食べ鶏肉を食べてる私に、足が悪いヒヨコに同情する資格なんてあるのか。 


今同情していい人ぶって保護するのは簡単だ。 

その後、どうするのか。 

一生、ペットとして可愛がって飼いきれるのか? 

その覚悟はあるのか。 


名古屋コーチンの品種の鶏だと聞いてる。 

大きくなるはずだ。 

ペットとして飼うのはきっと大変だろう。 

万が一雄だったら大声で時を告げられてすごくうるさいはずだ。 

それでも飼えるのか? 


これらの問いは、その子が足が悪いとわかった時点から

 

ずっと繰り返し繰り返し自分に問いかけてきたものでした。 

そして、これらの問いの答えは、「NO」でした。 

私にあの子は飼えない。 

ペットとしては、飼えない。 


・・・なので、外に探しに出ることはせず、

 

淡々とその日の自分のやるべきことをこなしました。 

「もう誰かに食べられちゃったかなあ。」と時々思い出しつつ。 



夕方5時過ぎ、保育所から帰ってきた娘と一緒に、外に散歩に出かけました。 

ヒヨコちゃんの姿はありませんでした。 

夫に尋ねてみると、「その辺に放した。朝は鳴き声がしてたけどしばらく前からもう声がしない。 


もう食べられたんじゃないか」ってことでした。 



そっか、と思いながら、別に探すでもなく周囲を一回り散歩して帰ってきました。 




すると、


家の前で大きく「ピヨピヨ」と鳴き声が。

 

辺りを見回すと、


植え込みの影にヒヨコちゃんが! 



思わず駆け寄ると、


ヒヨコちゃんの方も私のところに


駆け寄ってきてくれます。 

しゃがんだ私の足下に、


まっすぐヒヨコちゃんがもぐりこみます。 


「覚えててくれたんだなー涙」 

手を差し出しても逃げません。 

おとなしく抱かれます。 


降参だ!と思いました。 

山の中の家なので、キツネもカラスもトンビも蛇もたくさん周りにいます。 

すぐ近所の家で猫を何匹も放し飼いにしてます。 

そんな環境で、丸一日よくぞ生き延びた。 

足が悪くて思うように動けないカラダで。 


そして、たまたま私が外に出たタイミングで、よくぞ再会できた。 

何も考えてない風のヒヨコ頭で、よくぞ私を覚えてて、逃げるどころか駆け寄ってきてくれた。 


これだけのシンクロが続くなら、これは縁があるってことだ。 

飼えってことだ。 

飼おう。 


ちょうどペットに小鳥が飼いたいと思ってた。 

セキセイインコを飼う予定だったけど、足の悪い名古屋コーチンでいいや。 

雄じゃありませんように。 

大声で早朝からコケコッココケコッコって騒ぎませんように。 


というわけで、私はこの子に名前を付けました。 

一生ペットとして可愛がる覚悟で。 


クララです。 

理由はもちろん、足が悪いからです(ベタ?わーい(嬉しい顔)) 

もし雄なら、クレールです。 

クララの男性名はクレールだよね、きっと? 

違うかなあせあせ 



6月末から10日間保護していた雀の子は無事巣立っていき、二度と戻ってきませんでした。



楽しさと志しの高さと豊かさと。何一つあきらめずに生きるために。 


今回、足の悪いヒヨコは戻ってきました。 

なんだか示唆的な感じがします。 

もともと野鳥で健康体だった雀は飛び立っていく。 

もともと家禽で足が悪い子は放しても戻ってくる。 

なんだろう? 

胸の奥で何かがうずきます。 

何を手放すべきで何を引き受けるべきなのか。 

コントロールが及ばないモノと責任の範囲内のモノ。 

なんだか色々ここから学べそうな。 



というわけで、セキセイインコが名古屋コーチンに化けましたわーい(嬉しい顔) 

我が家のペット、クララちゃん、以後お見知りおきをあっかんべー 

 

 

後日談はこちら

 

posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 04:16| インナーチャイルドの癒やし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング」はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。