こちらではこんなコラムが読めます。

 ・いじめられっ子からの乗り越えストーリー  ・ネガティブを抱えて生きる象徴「キノコ荘物語」

 ・私のコーチングに対する想い/私のコーチングスタイルの特長など

 ・インナーチャイルドの癒しの旅  ・自分史:夫との出会い  ・魂に響く絵本・児童文学  ・自分史:占い師への道  ・過去生の記憶(魔女狩りの記憶 他)  ・私は声が出なかった(場面緘黙症だった記憶)  ・おすすめセラピー・ワークショップ・講座など  ・私の年表

 ・怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える

【珠帆美汐のサイト、ブログ、各種サービスなど】   banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング

アメブロ \ フェイスブック \ ツイッター\ 魂の成長を促すタロット講座(たまタロ) \魂の成長を促すコーチ養成講座 \   ライトワーカー応援サイト「珠帆印」 \ 現実を動かす7ヶ月間グループセッション〜セラサポ

2010年01月12日

B私がスペースを札幌に借りるまで顛末記

運命の12月9日、イベント「Happyクリスマスマーケット」でのタロット占いを終え、

夫の運転する車で向かった先は、札幌市西区琴似。


実は、私にはずっとビジョンがありました。


 「札幌に場所を借りたいなー。

  そうすればセミナーやセッションの場所に困らないのに。

  きっと無理だけど、一軒家がいいな。
 
  庭付きの。

  ボロくていい。

  古ーい民家。庭付き一戸建て。

  部屋数がまあまああって、
  
  私の個人的な居室が取れたりしたら最高!

  場所は琴似がいいな。

  宮の沢でもいい。

  円山の裏参道とか最高だな。

  とにかく、札幌の西がいい。

  あーあ、その辺りの庭付きのぼろい民家を

  誰か格安で貸してくれないかなー」


札幌でこの仕事をしだしてもう5年。

5年間、ずっと頭を離れなかったイメージでした。



そんなことをぼんやりと思い起こしていた私に、

「着いたで。ここや。」

夫が車を駐め、指し示した先にあったものは。

一戸建ての古い民家。

しかも、庭が。


ネコの額ほど、いや子猫の額ほどの可愛らしい庭ですけど、
玄関前にちょこっと付いてるのでした。



琴似で、庭付き一戸建てのビジョンが・・・

こんな勢いで、こんなスムーズに、叶ってしまうの・・・?!



子ネコちゃんの額ほどのお庭の付いたその古ーい一戸建ての民家。

間取りも理想的。

20人は軽く入れます。

定員20名のセミナーができます。


お風呂が無いとか(宿泊所としても使いたいので本当はお風呂も欲しかった)
二階が大家さんの物置になっていて、一階からは行けないように封鎖してあるとか
(その代わり外階段が付いています)

いくつか残念ポイントはあるものの、

立地条件の良さ、アクセスの便利さ、この間取り、この広さ、

その上まさかの家賃の安さ!!


ビジョン通りの琴似庭付き一戸建て古い民家。

その古さ加減も、まさにビジョン通り。

「札幌に自前のスペースが借りたい」と思い立ってからのこの進展の速さといい、
これはご縁だな、と。

呼ばれちゃったな、と。



しみじみと感慨深くその家を眺めていると、

傍らの夫がぼそりと「これから不動産屋に寄って契約して帰ろか」と言いました。



   ・・・これから契約して帰る?!


  ちょっと待って!!心の準備が!!




いや、乗り気だよ?

でも心の準備が。



お部屋を借りるってことは、固定費が毎月かかるということでしょう?

私が体調を崩してしばらく働けなかろうが、

何か他の仕事で忙しくってセミナーを開かない月があろうが、

毎月固定費がずっしりと私の肩に乗っかるということだよねふらふら


確かに格安な家賃だけど、
お部屋を借りると家賃だけじゃすまない。

電気代、水道代、ガス代、灯油代・・・

雪かきは?
講座当日の朝早くに私がやるのかなあ・・・


それに、「ネイティブアメリカン合宿」のような場所を選ぶイベントだって時にはある。

プロジェクターが必要な講座も、他の会場借りることになる。



そんな時は、ここの部屋代を払いつつ、別途会場費が掛かってくるんだよね。



持ち物を増やすということに付随する重さが、ずっしりと実感として私を襲いました。



いったい、固定費を抱え込むだけの度量が、私にあるんだろうか・・・。

私はその責任の重圧に耐え続けていくことができるんだろうか




一旦不安になると、いくらでも不安要素が浮かんできます。

恐怖と不安と責任の重圧に身体がこわばり、呼吸が浅くなり

イヤな汗がじっとりと手のひらに浮いてくるのを感じながら、

私はいつまでもぐるぐると迷い続けました。




不動産屋さんの前まで車で行ったものの、車から降りることができず、

「今夜一晩考えさせてくれ」と夫に頼んで、その日は一旦帰宅しました。

その晩・・・

                       (つづく)
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | キノコ荘物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング」はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。