こちらではこんなコラムが読めます。

 ・いじめられっ子からの乗り越えストーリー  ・ネガティブを抱えて生きる象徴「キノコ荘物語」

 ・私のコーチングに対する想い/私のコーチングスタイルの特長など

 ・インナーチャイルドの癒しの旅  ・自分史:夫との出会い  ・魂に響く絵本・児童文学  ・自分史:占い師への道  ・過去生の記憶(魔女狩りの記憶 他)  ・私は声が出なかった(場面緘黙症だった記憶)  ・おすすめセラピー・ワークショップ・講座など  ・私の年表

 ・怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える

【珠帆美汐のサイト、ブログ、各種サービスなど】   banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング

アメブロ \ フェイスブック \ ツイッター\ 魂の成長を促すタロット講座(たまタロ) \魂の成長を促すコーチ養成講座 \   ライトワーカー応援サイト「珠帆印」 \ 現実を動かす7ヶ月間グループセッション〜セラサポ

2009年07月02日

愛はまちがわない。ただ・・・

2008年9月2日(火)


■タイトル

愛はまちがわない。ただ・・・


■本文


私の敬愛してやまない心の師匠、かめおかゆみこさんが、「愛はまちがわない。ただ、…」というブログを書かれていました。

「愛はまちがわない、ただ、方法をまちがうだけ」と。
http://plaza.rakuten.co.jp:80/kamewasa/diary/200808310000/

 ※かめおかゆみこさん
 http://kamewaza.com/


素晴らしい記事でした。
いろいろ、考えさせられました。

そこから、触発されて思い出したこと。



私は「言霊」「音魂」というのはある、と考えているのですが。

「音」が表す意味、というのがありますよね。

「m」音が、世界中のどの言語でも「母」を意味す言葉と結びついている、とか。

「n」音は「否定」を意味する言葉と結びついてますし。

ちなみに、「肯定」は「d」音だそうです。



では「ai」は?

「人と人が出会って、関わり合い、感情が動く」。

それらの現象をすべて表しているのではないか、と私は思うのです。

「愛」は「哀」、「会い」、「遭い」、「合い」。

そして"I"でもあり、"eye"でもあり。

イタリア語では「アイ」は痛みを意味する言葉だとか。

ずいぶん以前、TVでやっていた外国語の演劇では、悲嘆を表す間投詞が「アーイー!」でした。
たぶん、ギリシャのものだったと思うのですが。

中国語でも「アイー」は驚きを表す間投詞ですよね。




人と人が出会い、感情が動く。

それがすべて「愛」なのだと思います。

痛みや悲嘆や驚きさえも。

そしてたぶん、怒りや憎しみさえも。



今年の5月末、ふたこさんの第一回「ネイティブアメリカンサバイバル合宿」で。

夜、講師のふたこさんの指示に従い、私たち参加者はひとりひとり、誰とも口を利かず、静かに街灯のひとつもない戸外に散りました。

20分間の夜の自然の中での瞑想のために。



私はひとり、芝生の上に横になり、満点の星空を眺めていました。


「Full of love」


瞑想中、ふいにそんな言葉が頭に浮かびました。


   Full of love、Full of love、Full of love、、、、


   世界は愛に満ちている。




確かに、世界は憎悪やいさかい、ケンカ、暴力、犯罪、戦争などなどに満ちていって。

しかし、それらさえも、「愛」の形を変えたものなのだ。

人と人が出会わなければ、人が完全に世界で孤立していれば、起こらなかったこと。

出会って関わり合ったからこそ、起こったこと。



痛みや悲嘆や驚きさえも、愛なのだ。

怒りや憎しみさえも、愛なのだ。


「愛」は「哀」、「会い」、「遭い」、「合い」。

そして"I"、"eye"。

痛み、悲嘆、驚き。



私は、この春先、人間関係で手ひどく傷つき、苦悶する体験をしました。

 ※こちら参照
  「土石流に襲われてるかのようにつらかった2月」
  「怒りと憎しみの塊になってから戻ってきた(^^;」



5月末のその夜、まだその痛みの名残り、怒りや憎しみのなごりを抱えたままの状態でした。

そんな私に届いたメッセージ。


   Full of love、Full of love、Full of love、、、、


   世界は愛に満ちている。


   その苦痛、その怒り、その憎しみさえも、愛。

   世界は愛に満ちている。





「ああ・・・」と思いました。

「世界は愛に満ちていて、私もまた愛に満ちている」

「この激しい感情、これは本来愛だったもの。ただ表現方法を誤っているだけ」

自分を許し、(私を傷つけたと怒りを覚えずにいられなかった)相手を許しました。

自分自身と、相手を、イメージの中で抱きしめました。

涙があふれては頬を伝いました・・・


posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122622137
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング」はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。