こちらではこんなコラムが読めます。

 ・いじめられっ子からの乗り越えストーリー  ・ネガティブを抱えて生きる象徴「キノコ荘物語」

 ・私のコーチングに対する想い/私のコーチングスタイルの特長など

 ・インナーチャイルドの癒しの旅  ・自分史:夫との出会い  ・魂に響く絵本・児童文学  ・自分史:占い師への道  ・過去生の記憶(魔女狩りの記憶 他)  ・私は声が出なかった(場面緘黙症だった記憶)  ・おすすめセラピー・ワークショップ・講座など  ・私の年表

 ・怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える

【珠帆美汐のサイト、ブログ、各種サービスなど】   banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング

アメブロ \ フェイスブック \ ツイッター\ 魂の成長を促すタロット講座(たまタロ) \魂の成長を促すコーチ養成講座 \   ライトワーカー応援サイト「珠帆印」 \ 現実を動かす7ヶ月間グループセッション〜セラサポ

2009年07月01日

大いなる存在から問い直される。「私は何者か?」

2008年5月10日(土)


■タイトル

私は何者か?


■本文

私は何者か?

大いなる存在から問い直されてる感じがする。

私は何者なのか。
何を目指しているのか。
どこへ行き着こうとしているのか。




        □ ☆ □



「クライアントがコーチを育てる」という。

良いクライアントに鍛えられて、コーチは良いコーチへと育っていく。

私にとってのそんなクライアントさん、

私の「育て手」の一人、私の「師匠」の一人から、以下のような趣旨のお叱りをいただいた。



『コーチングのクライアントをもっと熱心に募集してください。

たまちゃんの本領はやっぱり「コーチング」なんです。

あなたがコーチングをすることはクライアントの利益になるんです。

積極的に告知して、クライアントを募集してください。


「本当の自分」がわからない虚無感を抱えている人など、

救いの手を待っている人は、沢山います。


そういう人たちに救いの手を、差し伸べてあげてください。』



        □ ☆ □



彼女には、以前にも「イベントに比重を置きすぎなのではないか」と叱られたことがある。

「イベントの主催とコーチングと、どちらが大事なのですか?

たまちゃんにとって、どちらが使命なのですか?

たまちゃんはあくまでも“コーチ”ではないのですか?」

って。


いつもいつも愛のあるお叱りをありがとう、Mさん。



        □ ☆ □



私は何者か?

大いなる存在から問い直されてる感じがする。

私は何者なのか。
何を目指しているのか。
どこへ行き着こうとしているのか。



あるコーチ登録サイトにお誘いいただいた。

そこに、とても詳しいプロフィールや経歴、今までの実績を書いて提出することになっている。



私は何者か?

大いなる存在から問い直されてる感じがする。

私は何者なのか。
何を目指しているのか。
どこへ行き着こうとしているのか。

posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のコーチングに対する想い・私のコーチングスタイルの特長など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング」はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。