こちらではこんなコラムが読めます。

 ・いじめられっ子からの乗り越えストーリー  ・ネガティブを抱えて生きる象徴「キノコ荘物語」

 ・私のコーチングに対する想い/私のコーチングスタイルの特長など

 ・インナーチャイルドの癒しの旅  ・自分史:夫との出会い  ・魂に響く絵本・児童文学  ・自分史:占い師への道  ・過去生の記憶(魔女狩りの記憶 他)  ・私は声が出なかった(場面緘黙症だった記憶)  ・おすすめセラピー・ワークショップ・講座など  ・私の年表

 ・怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える

【珠帆美汐のサイト、ブログ、各種サービスなど】   banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング

アメブロ \ フェイスブック \ ツイッター\ 魂の成長を促すタロット講座(たまタロ) \魂の成長を促すコーチ養成講座 \   ライトワーカー応援サイト「珠帆印」 \ 現実を動かす7ヶ月間グループセッション〜セラサポ

2009年07月01日

魂がふるえるような奇跡のハーモニーをクリエイトしたい

2008年3月14日(金)


■タイトル

「のだめカンタービレ」で生き方を学ぶ


■本文


最近、毎日二話ずつくらいなペースで、TVドラマ「のだめカンタービレ」のDVDを見ています。


「のだめ」は私にとって、教科書ですね・・・

リーダーシップについての、いや、生き方についての教科書です。



私は指揮者になりたい。

魂がふるえるような奇跡のハーモニーをクリエイトしたい。

私はそういうタイプのアーティストなんだ。





激しすぎ、不安定すぎ、繊細すぎる、明らかに芸術家タイプの私。

でも三次元に興味も関心も薄い。

私は自分の情熱や美意識を、モノを通しては表現しない。

私の表現手段は、「魂が震える体験のクリエイト」。



コーチングセッション、タロット占い鑑定、イベント開催、セミナー開催。

一回一回がライブ。

その瞬間瞬間、人と人が真実に関わり合って、神聖な火花を散らす。

日常に対して垂直に立ち、一瞬が永遠を孕む、そんな瞬間のクリエイト。




今思えば2007年は、グループでそんな瞬間を創り上げることに挑戦しようと模索し始めた元年でした。

オーケストラを組織し、指揮をしようとし始めた元年。

愛と桃舎北海道上陸プロジェクトであり、セラサポがその「オケ」でした。



メンバー全員に、もっともっと上を目指そう、と言い続けたい。

あなたならもっと輝ける、って言い続けたい。

私たちは素晴らしいハーモニーを奏でられるはず、最高のパフォーマンスに挑戦しようよ、と言い続けたい。

神の領域に触れちゃうような演奏を実現しちゃおうよ、このメンバーならそれができるよ、と言い続けたい。



一人一人が存分に輝いて、そしてお互いの音に耳を澄ませ、お互いを生かしあう。


ライブで、人と人が真実に関わり合って、神聖な火花を散らす。

日常に対して垂直に立ち、一瞬が永遠を孕む、そんな瞬間のクリエイト。



私はそんな瞬間をクリエイトするアーティストです。

そして、師匠は千秋真一とシュトレーゼマン(爆)

 ※両方、「のだめカンタービレ」に出てくる天才指揮者です。
  知ってる人にしかわからないネタですいません



というわけで、私の提供するサービスはそんな「魂が震える体験」を目指したものばかり。

人は感動することによってしか成長しない。

人の内面をびりびりとふるわせることで、内側から変容と成長をうながす体験を目指したい。

そんな体験に興味のある方は、私からのお知らせにアンテナを張っていてくださいね!
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分の本質を輝かせて生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング」はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。