こちらではこんなコラムが読めます。

 ・いじめられっ子からの乗り越えストーリー  ・ネガティブを抱えて生きる象徴「キノコ荘物語」

 ・私のコーチングに対する想い/私のコーチングスタイルの特長など

 ・インナーチャイルドの癒しの旅  ・自分史:夫との出会い  ・魂に響く絵本・児童文学  ・自分史:占い師への道  ・過去生の記憶(魔女狩りの記憶 他)  ・私は声が出なかった(場面緘黙症だった記憶)  ・おすすめセラピー・ワークショップ・講座など  ・私の年表

 ・怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える

【珠帆美汐のサイト、ブログ、各種サービスなど】   banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング

アメブロ \ フェイスブック \ ツイッター\ 魂の成長を促すタロット講座(たまタロ) \魂の成長を促すコーチ養成講座 \   ライトワーカー応援サイト「珠帆印」 \ 現実を動かす7ヶ月間グループセッション〜セラサポ

2009年07月01日

インナーチャイルドが順調に育ってます!

2007年12月6日(木)


■タイトル

インナーチャイルドが順調に育ってます!


■本文

前回の日記、「文字通り息を殺して生きてきました」に

たくさんの心のこもったレスをありがとうございました。


みなさんのレス、何度読み返しても、泣けます(;;)


私だけじゃないんですよね。

幼い頃、大好きなお母さんを喜ばせたくて、

それができないならせめて苦しめたくなくて、

自分を責めて、押し殺して(TT)


その悲しみ、その胸の痛みが

今もインナーチャイルドとして心の奥底でまだすすり泣いている・・・

それぞれの、胸に秘めた幼い日の哀しみに、深く共感します・・・


お一人お一人にレスを書けなくてごめんなさいね。



     □  ☆  □


確か、一年前にも

同じような課題と直面してなんとか乗り越えたんだよな、

と過去日記を読み返してみました。




【無力で役に立たない自分を受け入れる】2006年11月02日

 −−一部抜粋引用。主にあぜさんとのセッション記録です−−


無力で、なんにもできず、

全面的に世話を焼いてもらうしかない赤ん坊の自分。

弱々しくて、依存的で、どんなことも自分ではできず、

泣き声をあげて助けを呼ぶしかない自分。


情けなく、みっともなく、はた迷惑。

お前のせいで、

どれほどお母さんがしんどい思いをしているのか、わかっているのか?

自責の念。

罪悪感。


   (中略)


誰か一人でいいから、私を受け入れてくれたら。

一生に一度でいいから、「迷惑じゃない」って言ってもらえたら。

ぶにょぶにょで弱々しくて無力で依存的な、

そんなお前の面倒を見るのはむしろ喜びだ、と。



誰かひとりでいいからそう言ってくれたら。

嘘でもいいから。

そうしたら、生きていけるのに。



散々泣いてから、イメージの中で、左手にその弱い自分を乗せて見てみました。

「小さくて傷つきやすそうで柔らかそうで、くるんと丸まっていて・・・」

私が描写すると、あぜさんが、「まるで胎児のようですね」と言ってくれました。


  ああ、胎児なんだ・・・。

  赤ちゃんなんだ。

  急に愛しくなってきました


   (中略)


無力で、役に立たない存在である自分を、受け入れてないのは、私自身でした。

弱くて依存的な自分は、

みっともなくて醜くて気持ち悪いと決め付けて否定していたのは、私自身でした。


弱々しくて傷つきやすい存在って、かえっていとおしい。



私は、私の弱さを、受け入れます。

抱きしめます。

なんて可愛い。



あのね、無力でも良かったんだよ。

迷惑なんかじゃ、なかったんだよ。

いのちって、生まれてくるって、そういうことなんだよ。

人は、助け合って、支えあう。そういう存在なんだよ。

だから、いっぱい甘えていいんだよ。

大好きだよw。

生まれてきてくれて、ありがとう>自分



    -*----*----*----ここまで----*----*----*



  ※全文はこちら
  http://tamahomishio.blog69.fc2.com/blog-entry-93.html



     □  ☆  □



読み直してみて・・・

あの時の胎児、あの時の赤ちゃんが、生まれてきてくれたんだ、と。



私たち夫婦は、数年前に三人目が欲しくて努力していたのに、授からなかったのです。

もう歳だから無理なのかな、とあきらめてから突然授かったのが、

先日生まれて来てくれたベイビーちゃんなのですが。



この日記を書いたのが去年11/2。

妊娠に気がついたのが、そのわずか三ヶ月後の今年2月。

つまり、あぜさんとのセッションで、

弱々しい胎児である自分を受け入れて抱きしめられてから日を置かずに、

受胎していることになります。



数年間、まったく授からなかったのに。

そうそう、セッション中にイメージとして現れた「胎児」ちゃんは、

小さなお魚みたいな姿でしたよ、そういえば。



ごく妊娠初期の姿でした。

あれから、着実に育っていたんですね・・・

そして、こうして生まれ出てきてくれた。

ずっと、生まれたくて、私の周りを飛び回っていたのかもしれません。

それなのに、私が中々受け入れてあげなかったのかも。

ごめんね、赤ちゃん。



今、目の前にいる、弱々しくて無力で全面的に依存してくる存在。

私は、あなたの弱さを、受け入れます。

抱きしめます。

なんて可愛い。



あのね、無力でもいいんだよ。

迷惑なんかじゃ、ないんだよ。

いのちって、生まれてくるって、そういうことなんだよ。

人は、助け合って、支えあう。そういう存在なんだよ。

だから、いっぱい甘えていいんだよ。

大好きだよw。

生まれてきてくれて、ありがとう>ベビちゃん。私の内なる幼子。


posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | インナーチャイルドの癒やし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122607303
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング」はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。