こちらではこんなコラムが読めます。

 ・いじめられっ子からの乗り越えストーリー  ・ネガティブを抱えて生きる象徴「キノコ荘物語」

 ・私のコーチングに対する想い/私のコーチングスタイルの特長など

 ・インナーチャイルドの癒しの旅  ・自分史:夫との出会い  ・魂に響く絵本・児童文学  ・自分史:占い師への道  ・過去生の記憶(魔女狩りの記憶 他)  ・私は声が出なかった(場面緘黙症だった記憶)  ・おすすめセラピー・ワークショップ・講座など  ・私の年表

 ・怒りや憎しみなど、ネガティブな感情と向き合い乗り越える

【珠帆美汐のサイト、ブログ、各種サービスなど】   banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング

アメブロ \ フェイスブック \ ツイッター\ 魂の成長を促すタロット講座(たまタロ) \魂の成長を促すコーチ養成講座 \   ライトワーカー応援サイト「珠帆印」 \ 現実を動かす7ヶ月間グループセッション〜セラサポ

2007年07月08日

信頼って、なに?その1(2005年7月の日記より)

7/9〜7/14の東京旅行全体が人生の昇格試験のようだったと感じているんですが、その大きなテーマは二つ。


1.「信頼とはなに?」

2.「応援してくれる人が居るからがんばれる? じゃあ誰も応援してくれなければ、あなたはどうするの?」


でした(^^;



私はこの旅行の前半に、ちょっとした個人的な対人トラブルを経験しました。

それは、実際に起こった事件レベルで言うと、本当に些細なことでした。




このブログを以前から読んでくださっている人ならもうご存知だと思いますが、私はとてももろく、あやうい面を持っています。

傷だらけのインナーチャイルドを抱えています。

自己肯定とか基本的信頼感が、とても揺らぎやすい。




この些細な出来事を巡って、なぜか私の中で地震が起こってしまいました。

もともとバランスの悪い基本的信頼感が大きく揺らいでしまいました。

事実関係としては、全然たいした事件じゃないのに、インナーチャイルドとしてはすごく傷ついちゃったみたいで・・・(;;)




多分、私が「課題」を求めている時機だったんでしょうね。

基本的信頼とはなにか、について考えなければいけないタイミングだった。

この、本当に些細な出来事に、私はなぜか根本から揺らがされ、ものすごくショックを受けてしまいました(^^;







「応援してくれる人が居るからがんばれる。」

「少なくとも何人か、私を認めてくれる人が居る。
だからこの世に生きていてもいいと思える。」

私の基本的信頼感は、そういう条件付きだったのですね。


私にとってのその些細なトラブルの相手の方は、その「私を応援してくれる人」「認めてくれる人」のうちの、存在感の大きい一人でした。


「この人は私を応援してくれる、と信じていたけど、その根拠はいったいなんだったんだろう?」と、世界に対する基本的信頼がガラガラと音を立てて崩れました。




「応援してくれる人が居るからがんばれる、と思ってきた。

それがただの思い込みで、誰も応援してくれてなんかいないとすれば?」


「私を認めてくれる人が居るから、この世界に生きていてもいいと思えた。

でも、誰も私を認めてなんていないとすれば?」


「私はこんなに簡単に揺らぐものを信じてきたんだ・・・。

なんの根拠もないことを。

なんて、心細い。なんて、あやうい。」


「こんなに簡単に信頼とは揺らぐのだ。

私が信頼している他のこともまた、簡単に揺らいで失われてしまうのだろうか・・・。」


「あの人も私を応援してくれている、あの人も私を認めてくれている、あの人も、あの人も、と今まで数え上げてきた人。

でも、その根拠は?

それは一体、事実なんだろうか。証明できる? 保証はある?」

「信頼って、一体なんだろう。私はいったい、今まで何を信じてきたんだろう。

これからは一体、何を信じて生きていけばいいんだろう。」



高所恐怖症の人が催眠術をかけられてすいすいと高い塀の上を歩いていた。

なのに、その途中で、その催眠術がとかれてしまった。




例えて言えば、そんな気分でした。



ハッと気がつくと、自分は高い塀の上で何も支えるものもなく立っている。

向こうはじまではまだまだ遠い。

あそこまで渡りきらなければいけない。

でも催眠術からは醒めてしまった。

私はぶるぶる震えながらその場にしゃがみこみ、動けなくなってしまいました。

「最後まで夢を見させていて欲しかった」こんな言葉が何度も何度も頭をよぎります。





大切な大切な家族だって、明日交通事故で死んでしまうかもしれない。

実家の両親だって、きょうだいだって、いつ私を置いて天に召されるかわからない。それは今日かもしれない、明日かもしれない。

家族も、友達も、他のなにも、確かなものなんて、何一つ無い。

それは、どうしようもないこと。

そんな中、私は何を信じて生きればいい?



こんな些細な出来事で、私の住んでいる世界というものの確かさが揺らぎました。

確かな実体だと思っていた世界の構成要素は、まったく確かなものでなんかなかった。

押せば倒れる張りぼてだ。書割だ。




そのトラブルの内容は、本当に些細なこと、ささやかなことです。

「もぉ〜(笑)、今度からは気をつけてよね!」で済んでもおかしくないことなんです。



でも、私の中の傷を直撃してしまいました。


誰かがすれ違いざまに誰かの肩に当たる。よくあること。

でもその相手の人は丁度その場所に深いまだ癒えてない傷を持っていた。

何の悪気も無いただのはずみ、よくあることなのに、傷を持っている人はその場で悶絶しなければならないほどの苦痛を感じることとなってしまった。


そんな感じです。


多分、私が「課題」を求めている時機だったんでしょうね。

基本的信頼とはなにか、について考えなければいけないタイミングだった。





「あの人も私を応援してくれている、あの人も私を認めてくれている、あの人も、あの人も、と今まで数え上げてきた。でも、全て思い込みに過ぎないのでは?」

「信頼って、一体なんだろう。私はいったい、今まで何を信じてきたんだろう。

これからは一体、何を信じて生きていけばいいんだろう。」


私の住んでいる世界というものの確かさが揺らぎました。

確かな実体だと思っていた世界の構成要素は、まったく確かなものでなんかなかった。

押せば倒れる張りぼてだ。書割だ。





そのトラブルが起こった日が10日の夜でした。

久々に私のインナーチャイルドである内なる我愛羅ちゃんが大暴れしているのを感じ、寝ても醒めても涙が止まらない状態にまでなってしまっていました。

そのときは何がこんなにつらく苦しく痛いのか、よく把握できてませんでした。

正直に言って、「あの人が私をこんなにも傷つけた。ひどい!」という程度の認識でした。

渦中に巻き込まれてしまって客観的な眼差しを失ってしまってました。



翌11日、ゆこりん改め天海 悠さんと初の対面を果たし、ローズ大ハッピーさんのヒプノを受ける中で、気づきが深まっていく私・・・。


(ずいぶん以前から11日にローズ大ハッピーさんのヒプノセラピーの予約を入れていた、ということがすごく不思議で、シンクロだなあと感じます。)



「全てのことはベストのタイミングで与えられるギフト」なんですよね。

私にとって、この出来事が必要だった。

必要な学びとして、今、与えてもらった。

相手の方は、私のための課題を携えて、私の人生を訪れてくれた恩人なんだよ、と気づきました(気づいただけで、なかなか「でもひどい!」という気持ちからは抜けられませんでしたが^^;)


そしてたぶん、相手の方にとっても、私が涙ながらに「ひどい」と訴えたこと(お恥ずかしい;;)は、きっと丁度いいタイミングで与えられた学びだったに違いない。

色んな事情を鑑みると、素直にそう納得できる材料が揃っているんですね。



また、ローズさんのヒプノでは、まだこれだけ痛む傷の正体を見に行きました・・・

posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去生の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信頼って、なに?その2(2005年7月の日記より)

ローズ大ハッピーさんのヒプノで出てきたのは、みなしごになってしまった過去生でした。

以前にもちらりと出てきたことのある過去生です。

それが、より一層細かく詳しく出てきました。




5歳か6歳くらいの女の子。

のどかな農村で、お母さんとおばあちゃんと幼い弟とで、とても幸せに暮らしている。

お父さんの姿は出てこなかった。

居なかったのかもしれない。

そのせいか、お母さんから「お姉ちゃん」としてすごーーく頼られ、必要とされて、とても張り切っている。

張り切ってお手伝いをし、進んで弟の面倒を見ている。

お母さんから「お前が居なかったらどうなっていたやら」というような言葉をいっぱいもらって、すごく誇らしい。

必要とされ、愛されて、とても幸せだった毎日。




そんな平凡で満ち足りたある日、山に薪を集めに行った。

帰って来てみると・・・





村がなかった。




土石流? 土砂崩れ? 地震?




なにか、そのような自然災害のせいで、村が、壊滅していた。





女の子は一人ぼっちで、取り残されてしまった。






大好きなお母さんを、かわいい愛しい弟を、優しく温かいおばあちゃんを、泣き叫びながら探し回る。


引き裂かれそうな絶望と恐怖。


打ちのめされる圧倒的な孤独。


一人おめおめと生き残ってしまった自責の念。


誰一人守れず救えなかった罪悪感。




そして、怒り。

強烈な、怒り。

裏切られ感。




「家族なんだもの、いつも一緒だよ」

「大好きだよ、絶対に離さないよ」

「何があっても一緒にいようね」



お母さんはいつもそう囁いてくれていた。




守れない約束なんかしないでよ!


私を置いて行かないでよ!


約束が違うよ!


全部、嘘じゃん!


お母さん!お母さん!お母さん!






ローズさんが、「本当にお母さんはあなたを裏切ったのでしょうか。嘘をついたのでしょうか」と問いかけてくれる。





「嘘じゃないなら・・・裏切ったわけじゃないなら・・・



私がみんなのところに行かなければ!


みんな、待ってるから!


私を探してるから!


淋しがってるから!」





最初、つぶやくような低い声だったのに、途中からこみ上げてくるものがあり、最後は悲鳴のような声で号泣。





身近な人との絆にも、世界へも、すぐに信頼が揺らいでしまうのは、この記憶のせいだったんですね。




大切な大切な家族だって いつ喪ってしまうかわからない。

私を置いて天に召されていくのは今日かもしれない、明日かもしれない。

今日、外出先から帰宅したら家がないかもしれない。

さっきまであった村が、一瞬あとには跡形も無いかもしれない。

家族も、友達も、村も、世界も、確かなものなんて、何一つ無い。

それは、どうしようもない事実。

そんな中、私は何を信じて生きればいい?



私の住んでいる世界というものの危うさ、もろさ。

世界の構成要素は、信頼して寄りかかるには、あまりにもはかない。





ヒプノセラピーセッションは、ハイヤーセルフに出てきてもらって、「それでも人を信じ続けなさい」という言葉をもらって、終わりました。


そのときはスッキリしたと感じたんだけど、まだまだ残っているものがありました。




この階段は、足を置いたら崩れるかもしれない。

そう感じてしまったら、もうその階段を登れない。


この人は、いつ居なくなるかわからない。

そう思ってしまったら、もう 人に心を預けられない。



さみしいさみしいさみしいさみしい




何をしていても涙があふれてきます。

7/13のコーチングの資格試験の本番も、ティッシュで鼻をかみながら、目の周りを真っ赤にしながらの受験でした(^^;



でも、その夜、私は私なりの答えを、私なりの光を、とうとう見つけたのです。




      □ ☆ □




5歳頃に天災に遭い、家族も家も、それどころか住み慣れた村全体を失って孤児になってしまった過去生の記憶(かもしれないイメージ^^)をヒプノセラピーで思い出しました。


その記憶とダブる思い出があります。



私が5歳の頃、父と不仲だった母は、家出を計画します。

でも、子どもの数が多かったので、全員を連れて出るわけにはいかない。

「あんたは置いていく」と私は面と向かって母から宣告されました。




茶の間の奥の部屋の、本棚の前でのことでした。

私は立っており、母は正座してました。

正面から私の顔をのぞきこみ、「**(妹の名)はまだ赤ちゃんやし、**(弟の名)は甘えんぼやし、連れていかなしょうがない。あんたはママがおらんでも大丈夫やろ? な?」と。



今でもありありとおぼえています。

幼い私にとって、目の前が真っ暗になるような衝撃だったことも。

それでも、泣くでもなく駄々をこねるでもなく、黙ってうなずくしかなかったことも。



結局、母は家出を断念しました。

でも、次の朝、弟や妹の服はいつものタンスの引き出しの中にはありませんでした。

母はトランクの中から着替えを取り出し、妹や弟に着せていました。





私の服は、いつも通り、タンスの引き出しの中に入ったままでした・・・






この、母から「要らない子」として選ばれ、「あんたを捨てる」と宣告された思い出は幼い私には重すぎ、ずいぶん長い間封印されていました。


中学生のとき、フロイトと出会い、深層心理とか抑圧などの言葉を知った私は、当時のあまりの生きづらさの理由を解明するために、自己分析に没頭し、その過程でこの記憶の封印を解きました・・・



こんなにもありありと細かいところまで覚えているのに、それまで意識の表面には決して上らせないようにしてきた自分の心理機能。

あまりにつらくて、受け容れがたいから。

自分が崩壊しそうになるから。




涙をこぼさずにこの記憶について思い出せるようになったのは、ここ数年のことです。




母は、とても愛情深い人でした。(今もそうですが。)

子どものことを溺愛する、どちらかと言えば過保護・過干渉の人でした。

私に対しても、抱きしめたりほお擦りしたりチュウしたり(^^)、大好きとか宝物とか、たくさんの言葉をくれました。




そんな母が私を要らないと言うならば、一体どこの誰が私を愛するだろう?

そんな母が私を捨てようとするならば、いったい誰を信じられるだろう?

母のように、どんな人も必ずいつか手のひらを返すのだろうか。

耳に心地良い言葉をくれる人に限って、いつか手ひどく裏切るのだろうか。




「天災で孤児になった過去世」の記憶は、この実際の記憶を「例えて言えばこんな衝撃」とノベライズしたものなのかもしれません。


私にとって、それまで慣れ親しんでいた世界が崩壊してしまうようなインパクトんだよ、ということを物語として表現する・・・。





もう何も信じられない、もう誰も愛さない、みんな嘘つきだ、みんな裏切り者だ。




なんで私を置いて行くの?

本当に私が母親やきょうだいを失って平気だと思うの?




大人になった私も、身近な人を失いそうになることに耐えられない。

自分の全存在を否定されたように感じてしまう。

世界が崩壊してしまうように感じてしまう。



その秘密はこの記憶の痛みにあるんでしょうね。




母は結局、家を出なかったのですが。

私のために、不幸な結婚生活に踏みとどまってくれたのですが。

私はそれほど愛されていたのですが。

母が自分の人生を捧げてくれるほどに。

posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去生の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信頼ってなに?その3(2005年7月の日記より)

昨日、『天災で孤児になった過去世の記憶』は、この実際の記憶を「例えて言えばこんな衝撃」と物語として表現したものかもしれません、と書きました。

でも、ゆっくりかみ締めてみると、私の感覚としては、先に『天災で孤児になった過去世の記憶』があり、

さらにその傷を上からえぐられたのが「要らない子として母から選ばれてしまった五歳の頃の実際の経験」と思ったほうがしっくりきます。


だからこそ、ここまで痛むのだ、と考えたほうが、しっくりくる感じ。



親しくて信頼していた人から、前言を翻されたり、約束を守ってもらえなかったりした時の「まただ・・・!」という怒りと悲しみ。


「いつもこうだ」

「いつもいつも、みんな守れない約束ばかりする」

「どうして、信頼させておいて裏切るんだろう?」

「守れない約束なんて、しないで欲しい。自分がどれほど残酷な行為をしているのか、わかっているんだろうか?」


この怒りと悲しみと裏切られ感。

そんな感情を味わうたびに感じる、世界が根底から崩壊してしまうような不安。


その根っこは、その過去生の記憶にあると思うと、なにかと矛盾なく符号する感じ・・・。

ま、真実なのかどうなのかは検証のしようがないわけですが。




13日、CTIのコーチ認定資格試験のあと、CTI関係者の飲み会に試験受験生も誘っていただきました。

試験の最中からずっと

「何も確かなものなんてない」

「他の友人だろうが、夫だろうが、子どもだろうが、いつ私を置いて去っていくのか、誰にもわからない」

「私が信じていたものって、なんてはかないんだろう」

という想いに囚われ、ずっと涙ぐんで鼻をすすっていた私ですが、飲み会の席でとうとう泣き始めてしまいました・・・(恥; *^^*)


コーチ仲間はみんな、とても聞き上手で、人の心に寄り添うのが上手です。

そして、明らかに私の様子はおかしかった。

そんな敏感で優しくあったかい仲間から、どうしたのかを聞かれ、



「資格コースが終わってしまうのが本当に淋しい。

私は北海道在住で、他のCTIコーチ仲間からは一人で離れてる。

資格コースが終わってしまうと誰かから電話がかかってくることも、もうない。

私は一人で放り出されてしまう、私は一人だ、と感じてる。」

というふうに説明して、そのまますすり泣き・・・。




そしたら、CTI代表の島村剛さんが離れた席に座っていらっしゃったのに、わざわざ私のとこに来てくださって、



「僕は、決して、珠帆さんを一人になんかしません!」



と力強く断言してくださいました(;;)




思わず胸に迫るものがあり、一層激しく泣きじゃくりながら「インナーチャイルドが嘘つき!って言ってます」と返事をしました(^^;




それが本当だったらどんなに嬉しいか。

でも、できない約束なんかもうしないでよ!

できない約束で期待させるのが、どれほど残酷なことか、わかってるの?!




でも、剛さんは繰り返し言ってくださいました。

「僕は、決して、珠帆さんを一人になんかしません」




その二回の言葉にこめられた語勢が、私の胸を打ちました。

深いところから出された、真実を語る声でした。

表面的な浅いところから出された声とは全く違う、力強くて人の胸に直球で届く声でした。


内容ではなく、声にこもった真剣さ、思いの深さが私の心を揺さぶりました。




想いだけは真実なんだ。


それが、突然、その時、腑に落ちたんです。



状況がそれをゆるさないことは、ままあるだろう。


(ただでさえ多忙な剛さんが、どうやって私をひとりにしないでおくことができると言うのでしょう?)


でも、その思いはきっと、真実なものなんだ。



「約束を守ったか守らなかったか」「実際にどのような言動を取ったのか」など、表面的な行動レベルに焦点を合わすのではなく

また、物理的地理的距離も超えて、

私たちは、お互いの「想い」の強さや真実さを信じていくしかない。



そうなんですよね・・・




状況がそれを許さないことは、ままある。

でも、想いだけは信じよう。

それ以外に信じるに足るものがあるだろうか?





熱烈に愛を語り合ったカップルが破局を迎えて別れることなんてよくあって。

でも、以前、「愛してる!」と囁きあったその瞬間の想いだけは真実で。




お母さんが子どもに「何があってもお母さんが守ってあげる」っていくら言っても守れないことはままあって。

でも、その想い、そう言いたくなる想いだけは真実で。



私もまた、愛しい我が子を置いて、突然天に召されるような事態になるかもしれない。

でも、私が幼い子どもたちを置いて去らなければならなくなったとしても、私が彼らを愛した事実は変わらない。

私が彼らを抱きしめる、その瞬間の温もりを覚えていてほしい。





過去生での母も、今生での母も、「大好き」「大切」「ずっと一緒」とよく言ってくれていた。

その想いが真実なことを、私は実はよく知っていて・・・(;;)

私は裏切られてなんか居ない(泣)

残念なことに、状況がそれを許さなかった。

それだけなのだ・・・


想いは真実。

込められていた深い想いは真実でした。








  大切な大切な家族だって いつ喪ってしまうかわからない。

  今日、外出先から帰宅したら家がないかもしれない。

  家族も、友達も、世界も、確かなものなんて、何一つ無い。

  それは、どうしようもない事実。

  そんな中、私は何を信じて生きればいい?




この問いの答えを、私は見つけました。



人との関係においては、「その瞬間瞬間に飛び散る火花を」。






人と人が深いところで触れ合った瞬間に飛び散る火花、それ以外に信じるに足るものがあるでしょうか。


誰かと誰かの魂が触れ合う。

その神聖な瞬間、人と人の間にスパークする火花。


温かな共感。

存在の奥深いレベルで、何かと何かが共鳴を起こす。




人と人とは、まるで宇宙の虚空に浮かぶ惑星同士のように孤独。

なのに、お互いの間に横たわる深遠の闇を超えて、神聖な火花が飛ぶ奇跡の瞬間っていうのが、確かにあって。



(今回日記に寄せられた温かいコメントの数々に、私はそれら火花を見ました・・・。真実の触れ合い、真実の共感を感じました。ありがとうございました。)


そしてそれは、流れ星をビンに閉じ込めていられないように、

そよ風を缶詰にはできないように、

一瞬一瞬過ぎ去っていってしまうもの、つなぎとめてはいられないもので。


だからこそ、貴重で。


飛び散る火花は宇宙の虚空に消えていっても、その明るさ、美しさ、その瞬間の感動を私はありありと覚えている。


そしてまた、火花は必ずや何回でもスパークするだろう。

周囲に人がいてくれる限り。

私が、人と誠実に触れ合い続けるのをやめない限り。




人との触れ合い以外の部分では、私が何を信じようと、どんな信念を持とうと、自由なのだ、と。

裏づけとか証拠とか保証とか根拠とか、どうせないんだし、と。




  今日、外出先から帰宅したら家がないかもしれない。


でも、あるかもしれない。




  今日、人工衛星が降ってきて潰されるかもしれない。


でも、そんなことは起こらないかもしれない。




何を信じようと自由ならば、

   人がその個人的な世界の神ならば、

私は、自分が一番心地よく、一番力強さを増す信念を選ぼう。



明日もまた世界は安全に続くと、まずは信じよう。

この階段は崩れない、そう信じてのぼっていこう。

人と関わった瞬間に胸に満ちる温かい感動。

「いつか訪れるかもしれない別れ」を恐れすぎて、その瞬間瞬間の温もりを味わうことを拒否してしまうようなことのないように、生きていこう。




思い起こせば、私はその元々のトラブルの相手の方との間に、たくさんの美しい共感の火花を飛び散らせてきていたのです。


「実際にどのような言動を取ったのか」など、表面的な行動レベルに焦点を合わすのではなく

飛び散った火花の明るさ、美しさ、その瞬間の感動の記憶に焦点をあわせたい。


その瞬間瞬間の想い、共感、感動、温もり。

それらは真実のものでした。





この東京旅行全体が、まるで人生の昇格試験のようだったと感じています。

そして、答えが見えた、と。

そして私は自分が人生の昇格試験には合格できただろう、と感じています。



1.「信頼とはなに?」

→なんの根拠も保証もなくても、あえて身を投げ出して預けることです。

 なんの保証もないことを、覚悟の上で。
 
 裏切られて痛い思いをするのも、自己責任で。

 その瞬間瞬間の、自分にとっての真実を重んじること。

 それに従って、身を投げ出して預けること。
 
 その結果を、引き受ける覚悟をすること。




2.「応援してくれる人が居るからがんばれる? じゃあ誰も応援してくれなければ、あなたはどうするの?」

→誰一人応援してくれなくても、誰一人私を認めてくれなくても、私は前を向いて歩き続けます。

 それが私ですから。




今回、激しい苦痛の中で、たくさんの方に支えられて、私はわたしなりの答えを、光を、見つけました。


私と関わってくださったみなさん、本当にどうもありがとうございました。


心からの感謝を捧げます。

posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去生の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信頼って、こういうことだったんだ(2005年7月24日(日)の日記より)

長い連載が完結しました。
お付き合いくださった皆様、温かく心のこもったコメントをくださった皆様、ありがとうございました。

こういう、ささやかだけれども明るい火花をきらめかせることだけを追い求めたいな、と改めて感じました。

他人の言動をコントロールしようとしては、「約束が違う」とか「信じてたのに裏切られた」と騒ぎ立てるような、そんな浅いレベルの“エセ信頼”は手放したい。



みんな、「つながって」いる。

でもそれを「繋ぎとめたままに保とう」というのは無理なことで。

それをなんとか「繋ぎとめたままにしておきたい」と色々やってはかなわず、落ち込んだり傷ついたり、みたいなことを繰り返してきたのかな、という気がします。

ひと言でいって、執着であり、依存ですよね。

自分の存在が危うくて、それを誰かに保証して欲しかったのです。

誰かを繋ぎとめることによって。

誰かの言動をコントロールすることによって。




今回、「確かなものって一体なに?」と突き詰めて突き詰めて探っていって、自分の存在の核のような、芯のようなものに行き当たりました。


唯一確かなものって、自分の存在。自分の本質。


そしてそれは、誰かの言動によって価値を測られるような、そんなものではない。

人の本質は、誰かの言動によって損なわれたり価値が下がったりするような、そんなものではない。



誰かがどんな振る舞いをしたとか、誰かの言動がどうだったとかにいちいち反応しなくていい。

ただ、「核」から「核」を、「芯」から「芯」を見る。



自分自身の輝く本質を、確信を持ってギュッと握り締めることさえできたら。

そうすれば他の方の輝く本質にも焦点を合わせることができる。



それができればたいていのことは恐れなくていいんだ、と学びました・・・。






過去につらいトラウマを抱えている方へ。

傷ついたインナーチャイルドがまだ内側で泣いている、という方へ。



乗越えましょうね、お互い。

魂は自由なはずです。

乗越えられない試練は与えられないはずです。

全てはベストのタイミングで与えられたギフトのはずです。

想念が現実を作るはずです。

いつまでも、過去に私たちの人生を損なわせ続けるわけにはいかない。

そう思いませんか?

乗越えられますとも。

いっしょに手を携えて、歩き続けましょう。


フラワーエッセンスなども助けになってくれますよ。




ちなみに、私はRosemaryさんに一ヶ月前にフラワーエッセンスを調合してもらったんですが、それがなんと、以下のような内容でした。




  ☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆


ミルクウィード〜〜〜
過度の依存症や幼児がえり、感情的退行に。
またアルコールや薬物、過食や過眠によって意識を鈍らせようとする人に。
魂の非常に深いレベルで滋養を与え、退行現象を起こしている核の部分を再生させる能力を育て、健康的な自我や自信、自立心を育てます。

ウィロウ〜〜〜
被害者意識や、自分を正当化してまわりを責める人、ネガティブな感情に執着する人に。
魂に弾力性や柔軟性をもたらし、受け入れ、許すことができるよう促します。人生の状況を自分が作り出していることに気づき、自分の人生に責任を持てるようになります。

ホリー〜〜〜
自分が他者や愛から切り離されていると感じることから来る、嫉妬、羨望、疑い、怒り、憎しみ、恨みなどのネガティブな感情に。
ハートを愛で満たし、愛と許しをもたらし、他の人間に愛を差し伸べることができるよう促します。
自己の定義を限られた狭いものから、広がりのある、他者をも包括するものへと切り替え維持するのを助けてくれます。

イブニングプリムローズ〜〜〜
胎児期や乳幼児期に受け取った拒絶感や孤独感、虐待から「自分は誰からも望まれない存在」と思い込み、人との深い感情のふれあいやかかわりを避けたり、性的、感情的な抑圧のある人に。
魂の深い核の感情に気づきと滋養を与え、心の傷を癒し、素直に愛情を表現できるようにサポートします。


  ☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆



そのときは自覚的にはなにも感じてなかったはずなんですが・・・ずばりじゃないですか〜(><;

なんでわかったんだろう?(^^;




このエッセンスを、ちょうど東京で飲み終わるんです。

そう、そのきっかけとなったトラブルが起こった日の午前中に、まさに飲み終わりました。

そしたら、こんな風に気づきの嵐が起こり、一皮剥けることとなりました。



おそるべし、フラワーエッセンス。

おそるべし、Rosemaryさん


/完



コーチングやタロット占いのお申し込みはこちら

アメーバブログへ

本ブログ「コラム置き場」トップへ

私の企画する講座やイベントはこちら。どれかに参加してみてくださいな。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去生の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

私は生まれてきたくなかった(2005.2.10の日記より)

ヒプノセラピー体験記第二弾!

りり&ririさんのヒプノセラピーを体験しました。

二回目のりり&ririさんヒプノ体験です。


もう一週間以上経ってしまいましたが、感動体験でしたのでいまさらですがご報告しますね。


ヒプノで見たいもの、扱いたいテーマを、始めるときに明確にします。



私は、

「社会に出るとか人前に立つっていうことに、

根強い苦手意識や、根拠のない不安や恐怖がある。

その原因を見つけて癒したい」

ということをテーマに選びました。


その原因にさかのぼっていく中で、

お母さんのお腹に居たときのことを思い出しました。

すると突然、まるで平衡感覚がどうかしたかのように、体が揺れて感じられはじめました。

まるで波にもまれる舟の上で横になっているように。

ちょっと気分が悪くなったくらい。


羊水に浮かびながらお腹の中で運ばれている感覚なんでしょうか・・・

実感としてゆらりゆらりと揺れて感じるのがなんとも不思議・・・



それとともに、母がとても不安がっている気持ちをありありと感じました。


色々と複雑な環境の中で、

ひどく不安な思いで毎日をすごしている母の気持ちが、痛いくらいに・・・。


そして、お腹の中の胎児である私は、ひどく心を痛めます。

私がなんとかしてあげたい、と強く思ってる。

なんとかお母さんの力になってあげたい、お母さんの助けになりたい、って。


りり&ririさんの穏やかな問いかけに答えて、

言葉を捜しながらゆっくりゆっくり自分の中を探求していた私ですが、

この気持ちを思い出したとき、泣けて泣けて仕方ありませんでした。


母の力になりたい。

でもまた役に立てないに違いない。

またきっとなんの役にも立てない。



その怖れと無力感に、生まれてくるのを嫌がっている自分。


私が予定日を大幅に過ぎてから生まれてきた、という母の話を思い出しました。



こんなに不安がっておびえていたからだったんだー。



で、残念ながら、その不安は的中してしまったわけです。

迷惑をかけ続け、面倒をかけ続ける乳幼児の自分。

次々に生まれるきょうだい。

家事育児に髪を振り乱し、眉間に皺を寄せ、暗い顔でため息をつき続ける母。

「子どもさえいなければ」の言葉。



私は「ほらやっぱり何の役にも立てない。

迷惑になるくらいならば生まれてこなければ良かった」と、

自分を責め、自分の存在を否定しました。



私なんか生まれてこなければよかった。

そしたらせめて迷惑だけはかけなくてすんだ・・・




りり&ririさんにハグされて大泣きしました。

優しい温もりの中、存分に泣いたあとに見えてきたもの。




「判断するのが早すぎた」


私が何か人様や社会の役に立てるとしたら、今から。

1歳や2歳のときに“役に立てない”と判断したのは早すぎた(苦笑)


母に、“あなたが苦労しながら育てた子はこんなにも社会のお役に立っています”と見せたい。

“あなたの苦労はこんな形で実りました”と。



私の、

「社会に出るとか人前に立つっていうことに対する根強い苦手意識や不安や恐怖」

の理由が少し見えてきたように思いました。



また役に立てない、また失敗する、迷惑だったらどうする、お呼びじゃないに違いない。


そんな気持ちが沸きあがってくるのです。

(きっと、過去生に、手ひどい失敗体験があるのでしょうね・・・

いや、ひとつふたつそれらしきものを思い出しているのですが。)



ちょうど母のお腹からなかなか出てこれなかったときのように。




でも、ここで私がためらい続けたら、また私は役立たずで終わってしまう。

母に、

“あなたが苦労しながら育てた子はこんなにも社会のお役に立っています”と見せるためにも、

“あなたの苦労はこんな形で実りました”と誇りに思ってもらうためにも、

私はもう苦手意識や不安や恐怖は手放します。


私は、社会に関わっていく。

私は仕事をしていく。

私は広報や告知を恐れない。

私は成果を上げる。

私は露出度を上げていく。

私はもう引っ込まない。


たくさんの人にお役に立つために、

持って生まれた特性を、得意分野に生かしていきます。


私はここにいて、コーチングとタロット占い師をしています。

どうか、あなたのお役に立ててください。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インナーチャイルドの癒やし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

父と話す(2006年6月13日(火)の日記より)



ただいまです〜。

6/12の夜、旅から、帰って参りました〜。


三日間のCTIコーチング応用コース@大阪に

アシスタントとして参加してきました!


6/8の朝は、とうとう完徹完遂。

一睡もせぬまま家を出ました(爆)

もちろん、洗濯物はたためないまま(失笑)


姫路の実家に滞在させてもらったので、

たまには両親に孫の顔でも見せようと、下の子を連れての旅。


はしゃいだ息子に、飛行機の中でも電車の中でも眠らせてもらえず(汗;

疲れが取れぬまま・・・。


そして、本番開始。

翌日から、朝7時に家を出て、丸一日の研修にアシスタントとして従事し、

夜は9時前に帰宅する日々・・・。


疲れました〜。


好きなことだからやってられるんだよな〜。



研修の内容は、素晴らしかったです。

アシスタントとしての学び、というよりも、一参加者として、

生身で、自分自身の人生と向き合うこととなりました。



で。


東京旅行からの一連の学びが、集大成を迎えました。




前回の日記「東京旅行中盤戦のご報告」では


対人恐怖症がまだ癒えない自分を感じていき

子どもの頃、父と不仲だった母から、

「あんたたちさえ生まれていなければ、離婚できたのに」

と何度も何度も聞かされてきたことを思い出したことを書きました。


「私なんて居ない方がいい。私なんて居ない方が、みんなが幸せになれる。消えてしまいたい。」


と、心の奥底にインプットしてしまっていたことに気づいたことを。


「この“恐れ”の源は“愛”だった」

「私は、こんなにも周囲の人の幸せを願っている。

自分自身の存在を消してしまってもいいと思うほどに。」



と気づいたところで、「つづく」と結んだのですが。



「東京旅行後半戦のご報告」をすっとばしてしまいますが(^^;

今回の関西旅行で、すべてが大団円を迎えました。



私は、愛されてきたのです(涙)


私は、生まれてきても良かった(涙)



研修の二日目に、参加者全員に宿題が出されます。

それぞれが、コース中のコーチングで、「人生に意味のある一歩」を決め、

それを帰宅してから次の日のコース開始までの間に、

必ず実行すること。


私もアシスタントとしてコーチングセッションに参加し、

そして自分にとっての「人生に意味のある一歩」を決めました。


それは、「父と対話すること」でした。



以前、日記にも書いたことがあるように、父はいつも不機嫌な人でした。

その日記は残念ながら、今回の「ブログ強制削除事件」で消えてしまったようなのですが(涙)


なにか気に触ると、いつまでも大声で母に対して怒鳴り散らしていました。

もちろん、母だけでなく、幼い私たちきょうだいも、その標的になりました。


暴力も、ゼロではありませんでした。

多くもなかったのですが。


私の子ども時代、父が居る間は、家は安全な場所ではありませんでした。

いつもびくびくして、父の顔色を伺っていなければいけなかった。

そうしてないと、私だけじゃなく、大好きな母や、姉や幼い弟妹が酷い目に遭う。


正直に言って、私は父が嫌いでした。

恨んでいました。

母にため息をつかせつづけ、「あんたたちさえいなければ」と言わせ続けた

私の無邪気で幸せな子ども時代を奪った張本人。

そう思いこんで責めていました。



ずっと責めて、恨んできた。



その父への恨みがましい気持ちを、とうとう手放すことにしました。

とても勇気の必要な決断でした。



きっかけは、よーじゅ先生の占星術講座。

習ったばかりの占星術の知識で、家族全員の私との相性を何の気なく見ていたのですが。

父との相性を見てみると、なんと・・・。


父はすごく私を支え、応援してくれる存在として、そこに浮かび上がるのです。


意外に思いながらも「そうかな?」という目で見てみると。


・私の、人の内面と自分の内面に対する強い興味と関心は、
 明らかに父から受け継いだもの

・父の蔵書のおかげで、ユングやフロイトを始め、
 数多くの心理学の専門書に触れることができた

・高い教育を受けさせてくれた

・コーチングの勉強も、影になり日向になり、応援し続けてくれている


これをきっかけに、この歳になってやっと、心からの父への素直な感謝がこみ上げてきました。

私は父から、応援され、支えられてきた。

もしかしたら、私は父から愛されてきたのかもしれない。



そしてこの土曜日、家族での食事のあと、私は父の自室まで父を追いかけていきました。



そして、感謝の気持ちを伝えました。

父ははっきりと「よくがんばってると誇りに思う」と言ってくれました。

ブログも読んでいる、と(驚!)

とても自慢に思っていると。

応援してる、と。



パパ、この日記も読んでますか?

私はずっと、あなたを恨んできました。

愛されてこなかったと思っていました。

私なんか、生まれてこなければ良かったんだと思っていました。



この歳になって、やっと、素直に事実が見えます。

私はずっと応援され、支えられてきた。

私は生まれてきても良かったんですよね(;;)



父と話したあと、母にその感動を伝えにいきました。

母ともまた、いろいろ話しました。

母と話しながら、泣けて泣けて仕方ありませんでした。

母もまた、こんなに私を応援してくれている。



父と母が私にしてくれたこと、そしてこれからもしてくれることは

私は両親に直接返せないかもしれない。


でも、必ず、社会には還元していきます。


そして、もちろん、私の二人の息子にも。



二人から受けとったペイフォワードは、必ず前へ前へと回していきます。

私は社会に貢献していきます!



対人恐怖症との最後の闘いが、無事終わったように感じています(^^)

「私が、生まれてきてもよかったのならば。

もっともっと社会のお役に立っていきたい。」

「私がここに居てもいいならば。

私はもっともっと活躍していきたい。

存在を生かし続け、輝かし続けていたい。」


posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インナーチャイルドの癒やし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

父の病気(2006年6月27日(火)の日記より)

父を思い出すとき、必ず浮かんでくる光景があります。

冬の抜けるような青空をバックに、坂道を片手を挙げて駆け下りてくる姿。

そして、それを見てひどく安堵している、幼い私と姉の姿。




   .。.・:*: ☆ .:*:・:'




あれは、私が4〜5歳、姉が6〜7歳の頃ではないでしょうか。

父に連れられて、列車に乗って父の仕事場へ行きました。

理由は、なんだったんでしょう?

父は自分の職場を見せたかったのでしょうか。


途中、どこかの駅で、父がホームに降りました。

駅弁か缶ジュースでも買いに行ったんでしたっけ。


・・・で。


戻ってくるのが間に合わず、列車は父をホームに残して、発車(^^;

幼い私たち姉妹は、子どもだけで、車内に残されました。



・・・呆然。


しばらく顔を見合わせていた私たちですが、車掌さんを呼び止めて、

事情をつたない口調で説明し、私たちは次の駅で降ろされました。

戸外の風が吹き込む寒い駅員詰め所で、丸い石油ストーブのそばに座らされ、

熱いお茶を手渡されました。

心細い思いで、熱いお茶をふーふー吹きながらすすっていたら。



冬の抜けるような青空をバックに、父の姿が。

ホームのある方向から、片手を挙げて、走って駆け下りてくる父の姿。

その父の姿を見て、私たちがどれほど深く安堵したことか。


「パパがちゃんと私たちを迎えに来てくれた(;;)」




  .。.・:*: ☆ .:*:・:'




不和だった家庭、あまり家に寄りつかず、たまに家に居るときは

いつも不機嫌だった父。

その父との、数少ない心温まる思い出なのです。

そして、あまり強くない絆、あまりしっかりとはしていない信頼関係の、

数少ない補強材料。



「でも、最後にはちゃんと迎えに来てくれる。あの時のように。」

「決して本当には私たちを見捨てはしない。あの時のように。」




   .。.・:*: ☆ .:*:・:'




父に、病気が見つかりました。

生死に関わるような病名です。


親って、居なくならない、と、どこかでたかをくくっていたように思います。

いくら、わがままを言おうと困らせようと、私を置いていかないと。

あのとき、走って戻ってきてくれたように。



決して、私を置き去りにしては去っていかないのだ、と。

いつまでも、影になり日向になり、見守ってくれるもんだ、と。

あのとき、走って戻ってきてくれたように。





   .。.・:*: ☆ .:*:・:'




手術は来週だそうです。



実家から遠く離れた土地に住んでいる私にできることは、

祈ることだけです。



手術の日程が決まったら、一緒に祈ってくださいますか。




  .。.・:*: ☆ .:*:・:'




涙の父娘和解からわずか数週間。

私から父へ、感謝を伝え、父から私へ「誇りに思う」という言葉をもらってから

わずか数週間で。

いきなりの病気発覚。


まるでドラマです(;;)

まるで、安っぽい通俗なドラマみたい。



でも、病気発覚の前に、感謝の言葉を伝えられたのは、せめてもの慰めです・・・



あのとき、ハグしておけば良かったよ、パパ。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インナーチャイルドの癒やし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.jpgホームページ「スピリチュアルコーチング」はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。